「基礎研究は大切です」〜アダ・ヨナット特別栄誉教授がフォトンファクトリーを訪問しました〜

記者会見で質問に答えるアダ・ヨナット KEK特別栄誉教授

1987年、KEKのフォトンファクトリー(PF)にタンパク質の立体構造を解析できるビームライン(放射光を使った実験装置)ができたとき、共同利用に一番乗りしたのが、イスラエルのアダ・ヨナット(Ada Yonath)博士でした。 ヨナット博士は約10年の間PFに通い、精力的に実験を続けました。タンパク質の結晶を冷やしながら撮像するための装置を、自らPFに持ち込んで試行錯誤を続けたといいます。そのときに開発した実験手法の原理は、形を変え、今でも活用されています。

 

ヨナット博士はその後各地に建設された放射光施設も使って、複雑で難しいとされていたタンパク質とRNAの複合体であるリボソームの構造を明らかにし、その功績で2009年にノーベル化学賞を共同受賞しました。

 

ヨナット博士は2010年にも来日しKEK特別栄誉教授の称号を授与されましたが、今年の秋、ノーベル賞受賞後初めてPFを訪れました。

 

十数年ぶりの再会を果たした研究者たち(左から、坂部知平名誉教授、アダ・ヨナット特別栄誉教授、坂部貴和子博士)

1987年にヨナット博士が提出したビームライン利用申請書を見せる坂部名誉教授

 

ヨナット博士は9月27日午後にPFに到着し、PFユーザー時代の装置担当者だった坂部 知平(さかべ のりよし)名誉教授と十数年ぶりの再会を果たしました。笑顔で会話しながらPF実験ホールの通路を歩き、現在の自動化されたタンパク質構造解析のビームラインや、計画中の放射光技術開発のためのビームラインの建設地などを見学しました。

 

当日は実験ホール内で記者会見が開かれました。ヨナット博士は実験のために通っていたころの思い出話をし、KEKへの感謝の意を示しました。坂部名誉教授も思い出話に加わり会場は大いに盛り上がりました。
当時PFにあったのは、日本で開発されたイメージングプレート(IP)という新しいX線検出器でした。ヨナット博士は「良い装置が使えるのなら私は世界のどこへでも行くつもりでした」と述べました。
会場からは近年の基礎研究費の削減についての質問も出て、ヨナット博士は「新しい考えを進めるため、サポートはとても大切です」と、基礎研究の大切さを強調していました。

 

フォトンファクトリー実験ホールで開催された記者会見のようす

ヨナット博士を囲むPFスタッフ

PF次期計画推進のためのパンフレットにヨナット博士が寄せたメッセージ
“Good luck! Many great results. Ada Yonath 27.9.23” と記されている

 

この日、終始笑顔を見せていた坂部 貴和子 博士は、5日後の10月2日に心臓疾患のため急逝されました。心よりお悔やみ申し上げます。

関連記事

関連サイト

Share On Social media!

SNSで共有