もっとも重い素粒子であるトップクォークの 質量起源もヒッグス機構と判明 - LHCのATLAS実験などの成果をCERNがプレスリリース-

   

本研究成果のポイント

  • ○ 極めて稀な素粒子の反応である、トップクォーク対とヒッグス粒子が同時に生成される事象を初観測しました。
  • ○ 反応が起こる確率は統計誤差の範囲内でヒッグス機構の予想と一致しており、トップクォークの質量がヒッグス機構で生成されていることを示唆しています。
  • ○ ボトムクォーク、およびタウ粒子の質量がヒッグス機構で生成されていることはこれまでにも示唆されていました。今回の結果を踏まえると、第三世代の物質粒子の質量生成の仕組みを解明したと言えます。

詳しくはプレスリリース(PDF)をご参照ください。