KEKキャラバン 好評派遣中!(2017年10月~11月まとめ)

   

KEKキャラバンは、2010年4月に開始した、KEKの研究者や職員を全国津々浦々の学校や各種団体等へ講師として派遣するプロジェクトです。 「高エネルギー物理」「宇宙のはじまり」といったテーマでの講義や、分光器や霧箱などの工作体験など、派遣先のご相談に応じて実施しています。 対象は小学生から大人まで。

2017年10月と11月には、岩手県、東京都、静岡県、群馬県、京都府、大阪府、埼玉県に9件派遣しました。 参加者からは 「粒子・反粒子がさいしょは同じ数ずつあったのに反粒子だけがなくなってしまったことがふしぎだった」 「加速器を用いることによって、昔の宇宙の様子を再現でき、物理学最大のなぞを解き明かすことも可能かもしれないと知り、加速器のすごみがわかりました」 「私は宇宙に興味があったのですが、宇宙が素粒子物理、原子核物理と強く結びついた学問というイメージがなかったので知ったときには驚き、私は全然何も知らなかったなと思いました」 などの感想が寄せられました。

宇宙や物質、生命の素朴な疑問などについて、講師と交流しながら直接質問などができるスタイルが好評です。

KEKキャラバンのお申込み方法はこちら

開催した講座

10月7日(土)「うちゅうはなにでできているの?」
高橋 理佳 特別技術専門職、小林 敦子 特別技術専門職
岩手県工業技術センター【岩手県工業技術センター 公開デー2017】 (岩手県盛岡市)
一般の方 118人

10月13日(金)「宇宙のはじまり」
多田 将 准教授
海城中学校(東京都新宿区)
中学1年生 327人

10月20日(金)「高エネルギー物理~T2K長基線ニュートリノ振動実験~」
塚本 敏文 准教授
静岡県立静岡高等学校(静岡県静岡市)
高校1年~3年生 36人

10月23日(月)「高エネルギー物理学」
山田 憲和 研究機関講師
群馬県立桐生高等学校(群馬県桐生市)
高校1~3年生 239人

10月25日(水)「スパコンって、何がスーパーなの?」
松古 栄夫 助教
京都府立鴨沂高等学校(京都府京都市)
高校3年生 15人

11月3日(祝)「放射光で見る~最先端のX線検出器とは?」、「巨大加速器でさぐる宇宙の始まり」
岸本 俊二 教授、花垣 和則 教授
沼津高等工業専門学校(静岡県沼津市)
高専生、一般の方 42人

11月16日(木)「素粒子と放射線の基礎知識」
佐藤 皓 名誉教授
京都市立塔南高等学校(京都府京都市)
高校2年~3年生 53人

11月23日(祝)「宇宙のふしぎ ~宇宙は何からできているんだろう?~」
高橋 将太 特別技術専門職
アップ サイエンスラボ(大阪府大阪市)
幼児~中学3年生とその保護者 143人

11月25日(土)「重力波」
多田 将 准教授
埼玉県立川越女子高等学校(埼玉県川越市)
中学3年生~高校3年生 29人

TOP