KEKが協賛するQuizKnockの高校生向けクイズ大会 動画が公開

6月18日(土)、KEKも協賛するQuizKnock(*)主催の高校生向けクイズ大会「KODANSHA Presents High School Quiz Battle WHAT 2022」の動画が公開されました。この大会には、全国から高校生・中学生の2392名がエントリーし、5月1日、8日、15日の3日間に行われました。15日には10名のファイナリストによる決勝戦と表彰式が行われました。

 

表彰式では、優勝した松﨑颯樹さんに、KEKからの副賞として、過去に使用した実験装置の部品を活用してKEKの機械工学センターで作成したオリジナルの優勝記念ボードを贈呈。プレゼンターとして、小林誠KEK特別栄誉教授(2008年ノーベル物理学賞受賞)がサプライズゲストとして参加しました。小林特別栄誉教授は「研究にとって大事なのは視野の広さ。広い知識は視野の広さにつながります。みなさんの知識を将来科学研究に役立てていただきたい。期待しています」とファイナリストにメッセージを贈りました。

 

動画では白熱した高校生のクイズバトルのダイジェストと表彰式の様子をご覧いただけます。

 

KEKは、難しい知識へ挑戦する青少年を応援するとともに、多くの方が素粒子物理や加速器科学、そして科学全般への興味・関心を持っていただけることを期待して、今回協賛することにいたしました。KEKの研究の面白さを多くの人に知っていただき、興味を持っていただくことは、将来の人材育成へとつながり、基礎科学の発展や新しい技術の開発、最終的には、私たちの豊かな未来への貢献になると考えています。

 

そこで、KEKでは、多くの方に楽しみながらKEKの取り組みや基礎科学研究について知っていただけるよう、独自のクイズ大会開催を企画しています。この企画実現のために、皆様からの支援をお願いするクラウドファンディングを6月下旬より実施する予定です。
皆さまからの温かいご支援、応援を、どうぞよろしくお願いします。

 

大会の様子はこちらからご覧いただけます。

QuizKnock とは

東大クイズ王・伊沢拓司氏が中心となって運営する、エンタメと知を融合させたメディア。「楽しいから始まる学び」をコンセプトに、ウェブメディア、YouTubeチャンネルを運営。記事や動画を毎日発信している。2022年6月現在のYouTube登録者数は約184万人。

関連記事

関連サイト

Share On Social media!

SNSで共有