高速データ解析で極薄膜物質の原子配列解析を加速 〜全反射高速陽電子回折における新しいデータ解析法の導入〜

TRHEPD法の実験(概要図)


国立大学法人鳥取大学
大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構

 

概要

鳥取大学工学部機械物理系学科・同大学同学部先進機械電子システム研究センターの星健夫准教授(兼任:高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所客員准教授)、同大学大学院博士前期(修士)課程の阪田大志郎氏、高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所(IMSS) 低速陽電子実験施設(SPF=Slow Positron Facility)の望月出海助教・兵頭俊夫協力研究員(東京大学名誉教授)、九州大学工学研究院エネルギー量子工学部門の田中悟教授、同大学大学院修士課程の尾家翔太郎氏、東京大学総合文化研究科の福島孝治教授の共同研究グループは、測定データに対する新しい解析法を提案し、スーパーコンピュータを用いて、SPFにおける先端実験である全反射高速陽電子回折法(TRHEPD 法、トレプト法)のデータ解析で、その有用性を実証しました。TRHEPD 法は物質最表面や極薄膜物質の原子配列の超高精度解析法です。本研究により、高速かつ自動的にデータ解析する計算手法が確立されました。今後、革新的化学反応触媒・超高速情報処理ナノデバイスなどの開発に必要な原子配列解析の加速が期待されます。

 

本研究成果は、エルゼビア社が発行する「Computer Physics Communications」誌のオンライン版に10月4日に掲載されました。


詳しくは  プレスリリース  をご参照ください。