大出力・低放射化BNCT用照射装置・実証機を用いた非臨床試験を開始

一般社団法人つくばグローバル・イノベーション推進機構

国立大学法人筑波大学

大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構

合同会社iAc

ステラファーマ株式会社

株式会社日立製作所

株式会社千代田テクノル

株式会社NAT

株式会社新日本科学

 

概要

つくば国際戦略総合特区事業の一つである「次世代がん治療法(BNCT)の開発実用化」プロジェクトでは、産学官連携による次世代がん放射線治療(BNCT)の研究開発グループがつくば型BNCT用照射装置・実証機の医療導入を目的とした非臨床試験を2021年11月から実施します。

 

茨城県、つくば市、つくばグローバル・イノベーション推進機構(TGI)は、研究機関や企業などと連携し、つくばにおける科学技術の集積を活用したライフイノベーション及びグリーンイノベーションの創出を通じて我が国の成長・発展に貢献することを目的として、つくば国際戦略総合特区事業を2011年12月より実施しています。

 

そのプロジェクトの一つである「次世代がん治療法(BNCT:ホウ素中性子捕捉療法)の開発実用化」では、2021年11月より、筑波大学と高エネルギー加速器研究機構(KEK)が中心となり、つくば型BNCT用照射装置・実証機の医療導入に向けた臨床試験に先立ち、非臨床試験を実施します。本試験は、合同会社iAc、ステラファーマ株式会社、株式会社日立製作所,株式会社千代田テクノル、株式会社NAT、株式会社新日本科学の関連各社の協力を得て実施するものです。


詳しくは  プレスリリース  をご参照ください。

Share On Social media!

SNSで共有