高校生のための素粒子サイエンスキャンプBelle Plusを開催しました

   

高校生のための素粒子サイエンスキャンプBelle Plusが2018年8月6日から9日までの4日間、KEKで開催され、全国各地から集まった高校生23人が参加しました。

このキャンプは、素粒子実験の研究現場を実際に体験することで、KEKの研究の意義を理解してもらうとともに、研究の奥深さや広がり、一つの結論に到達するまでの難しさを体得してもらうことを目的としています。次世代を担う研究者の育成につながることを願い、2006年から行われています。12回目の今回も、KEKと奈良教育大の共催で開かれました。

実習の様子

キャンプでは、参加者は「B-Lab班」「宇宙線測定班」「ワイヤーチェンバー班」「理論班」の4班に分かれ、講師役の研究者と大学院生のTAの指導のもと、それぞれ与えられた課題に挑戦しました。最終日には活動の成果を発表しました。最後にノーベル物理学賞受賞者の小林誠・KEK特別栄誉教授から修了証を手渡されました。

参加した高校生たちからは「以前よりも実験結果に対して多面的に考える力がついた」「すごくすごく楽しくて、高校に入ってから苦手意識がつきはじめていた物理の素敵な部分を思い出せた」「理論を学習するだけではなく、議論して新しい結論を導くことの楽しさも感じられました」といった声が聞かれました。

高校生のための素粒子サイエンスキャンプBelle Plus

関連ページ

Belle Plus

TOP