KEK連携コロキウム(甘利 俊一氏)

カテゴリ
開始2018/05/14(月)16:15
終了2018/05/14(月)17:15
会場研究本館小林ホール
講演タイトル人工知能の歴史、現状、将来:付録ー統計神経力学の構想 
講演者甘利 俊一 氏
言語日本語/Japanese
連絡先kazunori.itakura-AT-post.kek.jp
ウェブサイト
食堂・売店利用予定なし/0

概要

人工知能の時代がやってきて、社会構造や文明を変えるのではないかと

いわれている。人工知能は、人の知能をコンピュータ上に実現する構想

から始まった。                         

そこで、人の知能の源である脳の仕組みから初めて、人工知能の歴史を

紐解く。そこには、記号と論理を使って知能を構築する流れと、   

ニューラルネットの学習機能を使って知能を構築する流れとがあった。

いま、これが統合しようとしている。しかしまだ我々はその本質を理解

できていない。ここが問題である。学術的な問題に加えて、脳における

意識の機能、ロボットが心を持てるかなどといった、これからの社会に

かかわる問題にも触れてみたい。                 

さらに、最近の私の研究である深層回路の統計神経力学と学習について、

構想を聞いていただきたい。                   

TOP