新潟大学と高エネルギー加速器研究機構との間における連携・協力の推進に関する基本協定書及び覚書の調印式を実施(オンライン)

山内KEK機構長(左)と牛木新潟大学学長

令和4年6月30日(木)に新潟大学と高エネルギー加速器研究機構(KEK)との間における連携・協力の推進に関する基本協定書及び覚書の調印式がオンラインで執り行われました。新潟大学からは、牛木辰男学長、末吉邦研究・大学院担当理事/副学長、松尾正之自然科学系長、淺賀岳彦自然科学系教授、早坂圭司自然科学系教授が出席し、KEKからは、山内正則機構長、幅淳二理事、齊藤直人素粒子原子核研究所長、小林隆J-PARCセンター長が出席しました。調印式では、牛木学長、山内機構長の挨拶の後、小林J-PARCセンター長から新潟大学との連携について紹介があり、引き続いて、牛木学長、山内機構長が基本協定書及び覚書への署名を行いました。

 

 

基本協定書は、新潟大学及びKEKが両機関の研究開発能力及び人材等を活かし連携・協力を推進することによって、学術及び科学技術の振興に資することを目的として締結され、さらに連携・協力の推進について、両者の緊密な研究協力関係を構築するために覚書を締結し、J-PARCに新潟大学の分室を設置します。

牛木学長は、「多くの大学と連携協力しているKEKと協定を結び、J-PARCに分室を設置できることに喜びを感じる。連携を強化して科学技術の発展に寄与したい」と述べられ、山内機構長は、「大学共同利用機関は、大学にKEKが持つ加速器などの施設を利用してもらうことがミッションであり、新潟大学との連携協力が推進されることを嬉しく思う。協力して多くの成果を生み出していきたい」と述べました。

Share On Social media!

SNSで共有