ICFA、国際リニアコライダーの準備に向けた新しいフェーズを発表

8月2日(日)、国際将来加速器委員会(ICFA)は、国際リニアコライダー(ILC)の国際推進チームの設立を発表しました。KEKでは、ホスト研究所として、国際コミュニティとともにILC実現にむけて邁進する所存です。以下、ICFAプレスリリースの日本語仮訳です。

 


国際将来加速器委員会(International Committee for Future Accelerators: ICFA)は、8月2日に行われた第86回会合において、国際リニアコライダー(ILC)の国際推進チーム(International Development Team)の設立を承認しました。ILC国際推進チームはILC計画の準備段階への第一歩として、日本のILCプレラボ(Pre-Lab: 準備研究所)に向けた準備を任務としています。
2020年2月22日付のステートメントにおいて、ICFAは、日本におけるILC建設に向けた準備段階への移行を促進するための国際推進チームの設立を推奨する」とし、リニアコライダー国際推進委員会(Linear Collider Board: LCB)に、移行チームに関する提案をまとめるよう求めました。
LCBの提案(*)に基づき、ICFAは、ILC計画の準備段階への第一歩として「ILC国際推進チーム(ILC International Development Team)」を設立することを提案しました。この提案書は、同チームに関する取り決め事項を記載しています。同チームは2020年6月30日に活動を終えたLCBおよびリニアコライダーコラボレーション(LCC)組織に代わるものとなります。
同チームは直ちに活動を開始し、2021年末までに完了することが想定されています。ILC国際推進チームは、ILCのタイムリーな実現を目指して取り組んでいきます。
(*)Preparation for the ILC Pre-Lab(英語) 「日本語仮訳

用語

  • ICFA:国際将来加速器委員会(ICFA:International Committee for Future Accelerators)
    高エネルギー物理研究に用いる加速器の建設と運用における国際協力の促進を目的に設立された組織。 高エネルギー物理研究に関与する世界各地の専門家から構成されており、現在の委員は16名。
  • 国際リニアコライダー(International Linear Collider: ILC)
    国際リニアコライダー(ILC)は、49の国と地域の300以上の大学や研究所の科学者やエンジニア2,400人以上が参加する国際的な取り組みです。対面する2つの線形加速器で構成されているILCは、電子とその反粒子である陽電子を加速して衝突させます。 絶対零度に近い温度で運用される超伝導加速器空洞は、加速器の中心にある検出器の中で衝突するまで、加速して粒子にエネルギーを与えます。 本格運用時には、電子と陽電子のビームが1秒間に約7,000回、250ギガ電子ボルト(GeV)の重心系衝突エネルギーで衝突し、大量の新たな粒子が生成されます。 それらの粒子はILCの測定器で捉えられ記録されます。 それぞれのビームには、人間の髪の毛よりもはるかに小さい領域に200億の電子または陽電子が集中しています。 このことにより、粒子の衝突頻度は非常に高くなります。この高い「ルミノシティ」と、衝突する粒子から起こる非常に正確な相互作用により、ILCは、欧州合同原子核研究機関(CERN)の大型ハドロンコライダー(LHC)で最近発見された、ヒッグス粒子などの性質を詳細に測定するための豊富なデータを取得することができます。また、暗黒物質のような物理学の新しい領域にも光を当てることができます。