ミラー対称性による新型トポロジカル絶縁体を発見 ー高効率電子デバイスの開発に光ー

   
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学材料科学高等研究所
  • 名古屋大学大学院理学研究科
  • 名古屋大学大学院工学研究科
  • 高エネルギー加速器研究機構

概要

東北大学大学院理学研究科の佐藤宇史教授、同大学材料科学高等研究所の高橋隆教授、名古屋大学大学院理学研究科の山影相助教、同大学大学院工学研究科の岡本佳比古准教授、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の組頭広志教授らの研究グループは、放射光を用いた光電子分光実験により、これまで見つかっていたトポロジカル絶縁体とは異なり、結晶自身の持つミラー(鏡映)対称性で特徴づけられる新しいタイプのトポロジカル絶縁体を発見しました。この発見は、現在、精力的に研究が進められている物質のトポロジー(幾何学)に基づく物質科学をさらに発展させるのみならず、新型トポロジカル絶縁体を用いた高効率の次世代電子・スピントロニクスデバイス開発へ道を開くものです。

詳しくはプレスリリース(PDF)をご参照ください。

TOP