締切日時 2024/01/31 ※採用者が決まるまで随時募集する。

QUP23-10:量子場計測システム国際拠点・特任助教 (任期あり)※提出書類は全て英語で作成し、Academic Jobs Onlineに投稿してください。

個人情報の取り扱いについて

応募書類により取得する個人情報は、採用者の選考及び 採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続きに利用するものであり、この目的以外で利用または提供することはありません。
KEKの個人情報保護について詳しくはこちら

履歴書(教員公募用)

任期

5年(単年度契約)

面接日

対象となる方には追って詳細をご連絡いたします。

募集人数

若干名

募集要項(外部サイト)

採用部署

量子場計測システム国際拠点(QUP)システモロジー支援セクション

量子場計測システム国際拠点(QUP)のシステモロジー支援セクション (SSS) の特任助教として、SSSのメンバーと共にコンセプトスタディ支援を行います。
SSS は、システムエンジニアリングアプローチを研究に適用することにより、QUP の研究プロジェクト候補のコンセプトスタディをサポートします。サポートする可能性のある研究プロジェクト候補は宇宙論、素粒子物理学、宇宙物理学の広い分野にまたがり、極低温検出器や新規性の高い半導体検出器などの広いテクノロジーを必要とします。
加えて、QUPの研究者と共同で自身の研究を一定の時間(勤務時間の30%程度以下)で実施していただきます。

◆応募書類は、AcademicJobsOnline.orgのページからのみ受付けます。
詳細については、https://academicjobsonline.org/ajo/jobs/26917 および
https://academicjobsonline.org/ajo/KEK/QUP を合わせて参照下さい。

応募資格

物理学または関連分野の博士号を有し、博士号取得後 3 年以上の実務経験があること。
システムエンジニアリングの経験のある方は優遇します。 (必須ではありません)