先端エレクトロニクスDAQセミナー

  • 分類 Open-Itセミナー
  • 開始 2015/08/31(月)12:30
  • 終了 2015/09/04(金)11:35
  • 会場 つくばキャンパス小林ホール
  • 講演タイトル アナログ回路基礎、ASIC開発、アナログ・デジタル変換技術、半導体の放射線影響、デジタル回路、ソフトウェアと通信ネットワーク技術
  • 講演者 房安貴弘、池田博一、宮原正也、小野田忍、内田智久、長坂康史、千代浩司
  • 言語 日本語/Japanese
  • 連絡先 osc-mgrs[アットマーク]ml.post.kek.jp
  • ウェブサイトhttp://openit.kek.jp/training/2015/daq/home
  • 食堂・売店 利用予定あり/60

概要

理学実験系修士課程学生を主な対象に実験・観測システムに用いられるエレクトロニクス技術の基礎を習得するためのセミナーです。主な対象を修士課程学生としていますが、どなたでも参加する事ができます。

高品質の実験・観測データを得るためには計測装置に関する知識が必要不可欠ですが、研究の専門化が進むことで専門外の計測装置技術について学ぶ機会が減っています。現在の実験・観測で用いられる装置には高度なエレクトロニクス技術が採用され、その技術は年々高度になっています。そこで、計測装置に用いられているエレクトロニクス技術の基礎を習得する技術セミナーを企画しました。それぞれの専門分野の講師の講義により検出器(センサー)信号処理からASIC技術, FPGA技術, 計算機でのデータ処理までの基礎を5日間で学ぶことができる内容です。

エレクトロニクス技術に興味を持つ若手の方やこれから実験・観測を始める多くの方々の参加をお願いいたします。