第2回 IINAS Forum 「伝わらないを伝えたい!科学をもっともっと面白く。」が開催されました

   
第一部講師の佐々木圭一氏

大学加速器連携ネットワークによる人材育成等プログラム(IINAS)の「第2回 IINAS Forum 伝わらないを伝えたい!科学をもっともっと面白く」が、8月23日(金)に開催されました。

研究活動を行う機関は、研究内容や成果を社会に伝え理解を得ることが強く求められます。そこで今回のIINAS Forumは、広報担当者、科学コミュニケーター、ファンドレイジング担当者、若手研究者、大学院生を対象に、効果的に「伝える」ためのポイントを学ぶことで基本的なプレゼンテーション力を身につけ、様々なシチュエーションで活かすことを目的に企画されました。

第一部では、ベストセラービジネス本『伝え方が9割』の著者である佐々木圭一氏を講師に招き、相手に「伝える」際のテクニックを実践的なワークショップを通じて学びました。第二部では「伝え方のダイバーシティー」をテーマに、性別、年齢、国などの違いによって伝え方、伝わり方に差があるのかについて、代島慶一氏(静岡科学館主事)、一片井祐子氏(東京大学Kavli IPMU特任研究員)、高橋将太(KEK広報)、松井龍也(KEK広報)によるパネルディスカッションを行いました。

専門的な研究内容をわかりやすく、魅力的に伝えるためのポイントや技術について、参加者全体で体験、議論を行う意義深いイベントになりました。

TOP