KEK2号館の桜(2021/3/24)撮影:荒岡修

【KEKエッセイ #41】現代宇宙論と素粒子論で哲学者カントに挑戦

イマヌエル・カントは18世紀後半に活躍したドイツ(プロイセン)の哲学者です。それまでの哲学が自然の摂理の究極的な解明を求める傾向だったのに対して、カントは真っ向から否定しました。これを「純粋理性批判」

... ... 続きを読む

総研大ジャーナル2号(2002年)

【KEKエッセイ #40】小林・益川理論とピラミッドをつなぐもの

はじめまして。私は新聞社で長く科学記者として働いた後、名古屋大学で特任教授を3年半務め、昨年9月にKEKの監事に就任しました。KEKと名大とは深いつながりがあります。いうまでもなく、「小林・益川理論」

... ... 続きを読む

北海道大学-KEK連携協力協定に基づく第11回連携協議会が開催されました

北海道大学と高エネルギ-加速器研究機構は3月8日に第11回連携協議会を開催しました。 本会の目的は、平成22年に締結された包括協定書に基づき両機関における相互の研究開発能力及び人材を活かし、様々な個

... ... 続きを読む

【3月21日まで延長】コミュニケーションプラザ・臨時休館の延長と団体見学の受け入れの一時停止のお知らせ

常設展示施設「コミュニケーションプラザ」は、2021年3月21日(日)まで閉館いたします。 なお、新型コロナウィルス感染症の国内の今後の状況によって閉館期間を変更する可能性がありますことをご承知くださ

... ... 続きを読む

電場に追随した強誘電体の電子状態のリアルタイム観測に成功-鉛を使わない環境に優しい強誘電体材料開発に道筋-

概要 広島大学大学院先進理工系科学研究科の加藤盛也大学院生(博士後期課程1年)、中島伸夫准教授らは、東京工業大学科学技術創成研究院の安井伸太郎助教、同大学物質理工学院の安原颯助教、静岡大学大学院総合

... ... 続きを読む

稀少な超原子核「グザイ核」の質量を初めて決定-原子核の成り立ちや中性子星の構造を理解する新たな知見-

岐阜大学教育学部・工学研究科 仲澤和馬シニア教授のグループをはじめとする日・韓・米・中・独・ミャンマーの6カ国26大学・研究機関の総勢97名の研究者・大学院生からなる国際研究チームは、茨城県東海村にあ

... ... 続きを読む