科学と音楽の響宴

科学と音楽の響宴2017

 

開催概要

日時2017年11月19日(日) 14:00 開演
対象小学生以上(未就学児の入場はご遠慮下さい)
定員800名(全席自由席)
場所ノバホール(つくば市吾妻1-10-1)
入場料無料/事前申込制

留意事項

  1. 公演当日は、入場券(ウェブ申し込みの場合は返信メールのプリントアウト)をご持参ください。お忘れの場合、ご入場いただけない場合があります
  2. 入場時は必ず全員揃ってからご入場ください
  3. 本公演は全席自由席です。ご入場いただいた順番で、空いているお席にお座りください
  4. 開場時刻は開演の30分前です。天候などの事情により、開場時刻を早める場合がございます。予めご了承ください
  5. 車椅子をご利用の場合、(公財)つくば文化振興財団(029-856-7007)まで事前にご相談ください
  6. 未就学児のご入場はご遠慮ください

第1部 レクチャー

進化論から進化学へ:進化する進化論more_vert

総合研究大学院大学 学長 長谷川 眞理子(はせがわ・まりこ)

進化とは、「生物が世代を経て変化すること」。 科学としての進化論を初めて提唱したのは、英国の博物学者ダーウィンでした。 それ以後、現在までの間にどんなことがわかり、どのようにして現代進化学が築かれてきたのか、やさしくひも解きます。

長谷川 眞理子(はせがわ・まりこ) close

総合研究大学院大学 学長

理学博士。 東京大学理学部卒。 東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程修了。 タンザニア野生動物局、東京大学理学部人類学教室助手、専修大学助教授・教授、イェール大学人類学部客員准教授、早稲田大学政治経済学部教授を経て平成18年総合研究大学院大学教授、平成19年先導科学研究科長を歴任。 平成26年理事に、平成29年4月学長に就任。 専門は行動生態学、自然人類学。 野生のチンパンジー、イギリスのダマジカ、野生ヒツジ、スリランカのクジャクなどの研究を行ってきた。 最近は人間の進化と適応の研究を行っている。 平成20年より人間行動進化学会会長。 平成24年日本動物行動学会日高賞受賞。

第2部 コンサート

科学と共に進化する音楽more_vert

ピアノ 山岸 ルツ子(やまぎし・るつこ)

  • エステ荘の噴水
  • ラ・カンパネラ
  • 月の光
  • 喜びの島
  • ペトルーシュカからの3楽章、他
山岸 ルツ子(やまぎし・るつこ) close

ピアノ

カナダ・バンクーバー生まれ。3歳よりピアノを始める。 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部で学び、19歳よりバンクーバーに留学。 97年より巨匠らザール・ベルマンの下に弟子入り。 以後8年間にわたり最後の弟子としてイタリア・フィレンツェにて研さんを重ねる。 95年ローマ国際コンクール第3位受賞。 97年カナダ、キワニスコンクール、コンチェルト・ソロ両部門において総合第一位受賞。 日本各地でのコンサートほか、ヨーロッパを中心に海外でも精力的に活動を展開。 近年は、北米・南米公演に続き2016年ハンガリー・リスト音楽院ホールに於けるソロリサイタル等、聴衆の熱狂的な支持を得て広く活躍の場を広げている。 2007年より「学問と芸術の融合文化の振興」活動を開始し、国立天文台、米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)等、国内外の数々の学術研究機関に招聘されている。 これまでに8枚のCDをリリース、iTunesにて2枚のアルバムが配信されている。

TOP