夏休みオンライン授業「ナイスガイの須貝と考える科学者への一歩目」開催しました!



8月6日(金)に全国の高校生・高等専門学校生を対象にしたオンライン授業を行いました。

 

人気のYouTube番組QuizKnockのメンバーで、最近博士号を取得し、科学者への第一歩を踏み出した須貝駿貴さんと、最前線で活躍する素粒子物理学者の村山斉さん(ILC国際推進チーム執行メンバー、米国カリフォルニア大学バークレー校物理教室教授、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構・特任教授)を講師に迎え、前半は、「宇宙を知る研究?」としてクイズ形式で宇宙、加速器、ILCについて講義を行い、後半は、仕事としての「科学者」についてトークショーを行いました。

 

ウェビナーには全国42都道府県から500名以上の事前登録があり、当日のチャットには約200件もの質問が寄せられ、関心の高さがうかがえました。前半の講義に対しては、暗黒物質はどうやって発見したのか、クォークはそれ以上に小さくできないのか、加速器の仕組み、ILCはいつできるのかなど、後半は進路選択や研究者の実態にせまる質問が多く寄せられました。質疑応答では、実際の授業のように、高校生から質問をし、村山先生、須貝さんにお答えいただきました。

 

アンケートの結果、全体の満足度は98.2%でした。今まで知らなかったことを知れた、自分の未来が広がった、クイズ形式が面白かったなど感想も多くいただきました。参加していただいた皆様、ありがとうございました。
ツイッターでも感想を投稿していただきました。詳しくは、ツイッター #科学者への一歩目 で検索してください。
今回のオンライン授業の様子は今年のサイエンスアゴラ出展企画として紹介する予定です。

 

外部サイトリンク

イベントウェブサイト