先端加速器試験装置(ATF)

将来の高性能加速器に必要とされる新しく高度な技術を研究・開発するための試験加速器です。

目的・ビジョン

将来の加速器で必要とされる高性能電子ビーム技術の実現を目指しています。 ダンピングリングで達成される高品質の電子ビームを利用し、ナノメートル(100万分の1ミリ)での高精度ビーム位置制御技術を研究します。 そのための極小電子ビームの実現や高精度ビーム測定装置の開発を行います。 これらの技術開発研究は国際的な協力体制で進められており、世界中から多くの研究者が訪れています。

 

概要

人類にとっての未解決の『力の統一』『余剰次元』『ダークマター』『質量の起源』などの謎を探るため、今まで以上の高エネルギーでありかつ精密な素粒子実験の実現が望まれています。 国際リニアコライダー計画は、世界中の研究者が実現に向けて努力している夢の加速器による素粒子実験計画です。

 

この加速器では『高いエネルギーに到達するためのビームの加速技術』と『ナノメートルまでビームを絞り衝突させる技術』が必要です。 高品質の電子ビームでなければこのような極限まで絞り込むことは出来ません。 ATFではダンピングリングと呼ばれる円形の加速器で非常に小さく平行性の良い高品質電子ビームを作り出します。

 

この高品質の電子ビーム用いてナノメートルまで絞り込む技術、さらにナノメートルで電子ビーム位置を制御する技術の確立を目指しています。 これらを支える最先端のビーム測定装置や制御技術の開発を行うために、世界中から多くの研究者が訪れています。

 

関連ページ