【2/9開催】オンライン記者説明会 新種のニュートリノを探れ!-JSNS²実験のデータ取得をJ-PARC で開始-

報道関係者各位

 

J-PARC センター
大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構

 

茨城県東海村にある大強度陽子加速器施設J-PARC では、素粒子の標準理論にはない新しいニュートリノ(ステライルニュートリノ)の探索実験、JSNS²実験を開始しました。これまでの長距離ニュートリノ振動実験「T2K 実験」とは異なり、J-PARC のMLF 内の水銀標的から24 メートルという短い距離により、世界の過去の実験から可能性が示されている反ミュー型から反電子型へのニュートリノ振動の有無を探るものです。本実験によりステライルニュートリノの存在が示されれば、素粒子物理に新たな1ページを開くことになります。さらに、ステライルニュートリノは暗黒物質の候補の一つと考えられており、その謎に迫る可能性があります。

 

この度は、JSNS²実験の代表者である丸山和純准教授(高エネルギー加速器研究機構)より新種のステライルニュートリノの存在が過去の実験で示されてきた経緯や、本実験で検出を目指すステライルニュートリノの性質などを解説すると共に、実験装置の開発中の写真や映像をお見せしながら本実験の原理や特徴などをご説明いたします。

JSNS²(J-PARC E56)実験:

J-PARC Sterile Neutrino search at J-PARC Spallation Neutron Source(J-PARC 核破砕中性子源を用いたステライルニュートリノ探索)実験の略。米国、英国、韓国、日本の4 か国の約65 名の共同研究者で行う国際共同実験です。

 

日時

2月9日(火) 15:00〜16:15頃終了予定

 

場所

Zoom によるオンライン記者説明会

 

説明者

高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所准教授

J-PARC センター素粒子原子核ディビジョンニュートリノセクション

丸山 和純

 

お申込み先

参加をご希望の方は、所属、氏名を明記の上、2 月8 日(月)12:00までに、J-PARC センター広報セクション(pr-section@j-parc.jp)までメールでお知らせください。お申込みいただいた皆様には、当日の午前中までにZoom 入場URL のご案内をさせていただきます。

スケジュ-ル

・15:00-15:30 「新種のニュートリノを探索する」:丸山和純准教授

・15:30-15:40  質疑応答

・15:40-15:45  オンライン施設見学

・15:45-16:15  質疑応答

 

※終了後に、Zoom のブレイクアウトルーム機能(小部屋に入って個別の会話ができる機能)を使用して、研究者と個別にお話いただける機会もご用意いたします。

 

問合せ先

J-PARC センター広報セクション

Tel:029-284-4578  e-mail:pr-section@j-parc.jp

 

関連ペ-ジ

J-PARC報道機関向け説明資料