自発的に折りたたまれるポリマー材料の開発に成功 -タンパク質の機能を模倣する新素材への応用に期待-

   
  • 国立大学法人 千葉大学
  • 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構

千葉大学グローバルプロミネント研究基幹の矢貝史樹教授を中心とした研究チームは、外部から刺激を与えなくても自ららせん状に巻き上がるポリマーの開発に成功しました。この成果は、タンパク質の機能を模倣した新素材の開発へと発展することが期待されます。

詳しくはプレスリリース(PDF)をご参照ください。

TOP