KEKキャラバン 好評派遣中!(2018年6月まとめ)

   

KEKキャラバンは、2010年4月に開始した、KEKの研究者や職員を全国津々浦々の学校や各種団体等へ講師として派遣するプロジェクトです。「宇宙のはじまり」「高エネルギー物理実験を支える計算機技術」といったテーマでの講義や霧箱実験など、派遣先のご相談に応じて実施しています。 対象は小学生から大人まで。

2018年6月には、富山県、大阪府、神奈川県、栃木県、北海道に6件派遣しました。参加者からは 「壮大な宇宙の始まりを知るために、小さな小さな素粒子を研究されているということに興味を持ちました」「大学の学部選びの参考になった」「素粒子の種類や加速器について面白いと感じたので詳しく調べたい」などの感想が寄せられました。

宇宙や物質、生命の素朴な疑問などについて、講師と交流しながら直接質問などができるスタイルが好評です。

KEKキャラバンの派遣申し込みを承っております。お申込み方法はこちら

開催した講座 2018年6月

  • 6月2日(土)「霧箱で素粒子の観察にチャレンジ」
  • 高橋 将太 特別技術専門職
  • 射水市立東明小学校PTA(富山県射水市)
  • 小学3年生とその保護者 58人

  • 6月15日(金)「素粒子と宇宙のはなし」
  • 三原 智 教授
  • 大阪府立大手前高等学校同窓会金蘭会(大阪府大阪市)
  • 一般の方 80人

  • 6月15日(金)「高エネルギー加速器で見る素粒子と宇宙~ダークマター、重力波とは?:現代物理の最前線~」
  • 橋本 省二 教授
  • 神奈川県立座間高等学校(神奈川県座間市)
  • 高校1、2年生 53人

  • 6月16日(土)「宇宙のはじまりと終焉」
  • 松原 隆彦 教授
  • 國學院大學栃木高等学校(栃木県栃木市)
  • 高校1~3年生 23人

  • 6月23日(土)「宇宙の謎を解き明かす加速器」
  • 大谷 将士 助教
  • 札幌大谷中学校(北海道札幌市)
  • 小学3~中学2年生 36人

  • 6月29日(金)「高エネルギー物理実験を支える計算機技術」
  • 高瀬 亘 准技師
  • 富山高等専門学校(富山県射水市)
  • 高専生 54人
TOP