ILC超伝導加速器シンポジウムのおしらせ

   

高エネルギー加速器研究機構(KEK)とリニアコライダー・コラボレーション(LCC)、東京大学素粒子物理国際研究センター(ICEPP)は6月25日(月)、東京大学で「ILC超伝導加速器シンポジウム」を開催します。

国際リニアコライダー(ILC)で採用する超伝導を使った加速器技術は成熟段階にあり、物性探索用のXFELや原子核実験の重イオン加速器、中性子生成用加速器など様々なサイエンスに利用されています。また、医療用加速器など産業界でも広く活用されつつあります。

日米で進められているILCコスト削減のための研究開発など、イノベーションによる超伝導加速器の高性能化が国際的に進められており、本シンポジウムでは、ILCに適用しようとしている超伝導加速器の研究開発を紹介するとともに、超伝導加速器がもたらす他分野、産業界への波及効果を紹介します。