KEKキャラバン 好評派遣中!(2017年12月まとめ)

   

KEKキャラバンは、2010年4月に開始した、KEKの研究者や職員を全国津々浦々の学校や各種団体等へ講師として派遣するプロジェクトです。「宇宙のはじまり」「国際リニアコライダー」「研究者ってどんな仕事?」といったテーマでの講義や、人形紙芝居や霧箱実験など、派遣先のご相談に応じて実施しています。 対象は小学生から大人まで。

2017年12月には、岩手、大阪、栃木、佐賀、山口、茨城、千葉に10件派遣しました。参加者からは「宇宙等に関する研究についてたくさん知れてまだ人間には分からないことが多かったことに驚いた。私も将来そんな研究 をしてみたいと思った」「宇宙と素粒子が実はつながっていることが興味深かった」「小・中学生には日常とすぐにむすびつけるのが難しい場合もありますが、実は全て物理に関わりがあることに気づくきっかけになると思います」などの感想が寄せられました。

宇宙や物質、生命の素朴な疑問などについて、講師と交流しながら直接質問などができるスタイルが好評です。

KEKキャラバンのお申込み方法はこちら

開催した講座

2017年12月

12月5日(火)「国際リニアコライダー計画と霧箱観察」
倉田 正和 研究員
舞川中学校(岩手県一関市)
中学1年生 18人

12月5日(火)「国際リニアコライダー計画と霧箱観察」
倉田 正和 研究員
千厩中学校(岩手県一関市)
中学2年生 95人

12月6日(水)「国際リニアコライダー計画と霧箱観察」
倉田 正和 研究員
興田中学校(岩手県一関市)
中学2年生 21人

12月6日(水)「国際リニアコライダー計画と霧箱観察」
倉田 正和 研究員
藤沢中学校(岩手県一関市)
中学2年生 59人

12月7日(木)「宇宙のはじまり、ビッグバンと加速器」
三原 智 教授
大手前高等学校(大阪府大阪市)
高校1、2年生 37人

12月8日(金)「宇宙のはじまり、ビッグバンと加速器」
橋本 省二 教授
大田原高等学校(栃木県大田原市)
高校1~3年生 95人

12月10日(日)人形紙芝居「宇宙はなにからできているんだろう」と霧箱観察
青木 優美 総合研究大学院大学 2年
みんなの科学広場in 唐津(佐賀県唐津市)
幼児~小学生とその保護者 31人

12月15日(金)講義「高エネルギー加速器で見る素粒子・宇宙」と霧箱観察
橋本 省二 教授
山口高等学校(山口県山口市)
高校1年生 38人

12月15日(金)総合学習「研究者って、どんな仕事?」
石田 卓 研究機関講師
阿見町舟島小学校(茨城県稲敷郡阿見町)
小学6年生と教員 10人

12月18日(月)講義「高エネルギー加速器で見る素粒子・宇宙」と霧箱観察
橋本 省二 教授
県立船橋高等学校(千葉県船橋市)
高校1年生 12人

TOP