講演会「新生SuperKEKB加速器 いよいよ衝突実験〜新しい物理学を求めて」開催のおしらせ

   

Belle II+QCSL(©N.Toge/KEK)

KEKつくばキャンパスの地下では現在、日本最大の粒子加速器SuperKEKBが新たに生まれ変わり、2018年春に予定される電子・陽電子の衝突実験の準備を着々と進めています。その衝突点には、高さ、幅、奥行きともに約8メートルで重さが約1400トンもあるBelleⅡ測定器がすでにロールインされ、最終機能試験を実施しながら実験の開始を待っています。
これらの装置は、小林誠・益川敏英博士の2008年ノーベル物理学賞受賞を導く成果を出すなど、輝かしい成果を挙げたKEKB加速器とBelle測定器を大幅に改良したもので、自ら保持するルミノシティ(衝突頻度)の世界記録をさらに40倍も更新し、宇宙創成期に働いていた未知の物理法則を探索することを目指しています。

この歴史的な計画のスタートを、一人でも多くの皆様に知っていただく目的で、加速器のビームパイプや測定器の模型、現場の映像や紹介ビデオを、計画の概要を紹介するパネルとともに、文部科学省エントランスに展示中です。
その関連イベントとして、一般の方々に研究者の生の声を届ける講演会を企画しました。この機会にぜひ、ご参加いただきたいと思います。

日 時

1月30日(火)14時30分〜16時30分(14時開場)

場 所

文部科学省旧庁舎ラウンジ(1階)

プログラム

14時    開場(受付開始)
14時30分 山内正則機構長の挨拶
14時50分 加速器研究施設・赤井和憲教授の講演
     「未踏のルミノシティを切り開くSuperKEKB加速器」
15時30分 素粒子原子核研究所・谷口七重助教の講演
     「BelleⅡ実験で期待される発見」
16時10分 質疑応答(16時30分ごろまで)

講演会 チラシ(PDF)はこちら

TOP