パーキンソン病発症につながる「病態」タンパク質分子の異常なふるまいを発見  - 発症のカギとなるタンパク質の線維状集合状態の形成過程解明の手がかりに -

   

info_outline  詳しくは下記のページをご覧ください arrow_downward

https://j-parc.jp/ja/topics/2016/Press160421.html

TOP