第2回インド加速器関連研究所‐KEK所長級会合開催

2012年2月16日 14:00
黒川かおり

2012年2月16日

2月8日(水)、9日(木)の2日間、サハ原子核研究所(インド コルカタ市)において、インドの加速器関連研究所6機関の所長らと機構長をはじめとするKEK代表団が一堂に会し、第2回India-KEKコラボレーション・ミーティングが開催されました。

KEKは去る1月23日(月)にインド原子力エネルギー省(DAE)との間で共同研究・研究協力の促進に関する覚書を締結しています。今回の会合ではこの覚書で定められている「高エネルギー実験」「測定器開発」「放射光科学」「加速器開発」の4つの研究領域のサブグループに分かれ、共同研究の詳細について具体的な議論が行われました。

インドの研究所とKEKは、KEKB加速器を使ってデータを収集した国際実験「Belle」とその後継実験「Belle II(ベルツー)」や、インドの放射光源「インダス−2」KEKのフォトンファクトリーに設置されているインド研究所専用のビームラインで行われる実験等、すでに活発な協力を推進しています。今回の会議では、相互に有益となる、さらに幅広い共同研究および研究協力の可能性を検討することで合意しました。

india_image_01.jpg

関連記事

2012.2.10 トピックス
インド原子力エネルギー局(DAE)と共同研究・研究協力に関する覚書を締結

詳しくはこちらのウェブページを参照してください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: /MTA/mt-tb.cgi/1586