物構研18-3:特任助教(任期あり)

   
本公募は募集を終了しました
公開日2018年09月18日
公募番号物構研18-3
所属物質構造科学研究所 中性子科学研究系
職名特任助教
任期任期 3年。ただし、平成25年4月1日以降に高エネルギー加速器研究機構に雇用歴がある場合、平成25年4月1日以降の通算雇用期間が10年までの契約となる可能性があります。
人数1名
締切日時2018年11月26日(月)17時00分必着
面接日2019年1月23日(水)(対象となる方には追って詳細をお送りいたします。)
募集要項 imss18-3tokuninjyokyou.pdf
本公募は募集を終了しました

職務内容

大学共同利用機関である物質構造科学研究所では、放射光、中性子、ミュオン、低速陽電子を先端的かつ横断的に利用した物質・生命科学研究を推進している。本候補者は、同研究所中性子科学研究系(KENS)に所属し、J-PARC物質生命科学実験施設・水平反射率計(BL16)において、新たな表面・界面の分析手法である多入射中性子反射率法を実用化し、全固体型のリチウムイオン二次電池等に応用する。勤務地は、KEK東海キャンパスである。

応募資格

反射率を用いた界面・表面計測に関する優れた知識及び経験を有し、博士の学位を有すること

TOP