成形シミュレーション高精度化のための材料モデル研究

 
分類加速器セミナー
開始2019/12/11 (水) 11:00
終了2019/12/11 (水) 12:00
会場4 号館 2 階 輪講室 1&2
講演者大家 哲朗氏 (慶應義塾大学 理工学部システムデザイン工学科 専任講師)
言語日本語/Japanese
連絡先原田 健太郎 (PHS 4734)
ウェブサイト
食堂・売店利用予定なし/0

概要

板材やバルク材を成形加工する際に,その変形形状予測等のためにFEMシミュレーションが用いられるが,予測精度が不十分な場合が依然として存在する.材料に関しては塑性異方性(アルミニウム合金等)やSD効果(マグネシウム合金等)が顕著な場合,加工形態に関しては複合負荷によるバウシンガー効果や交差硬化が見られる場合などである.これらを適切に表現できるような材料モデルの研究に関し,我々の検討結果について説明する.提案モデルの成形限界予測への適用や,結晶塑性モデルを用いた数値材料試験法についても説明する.

(プレゼンテーション45分、Q&A 15分)

TOP