物構研コロキウム PF小角散乱ビームラインの刷新

分類物構研コロキウム
開始2015/01/30(金)11:00
終了2015/01/30(金)12:00
会場4号館セミナーホール(メイン)、東海1号館324室(TV会議システム)
講演タイトル
講演者清水 伸隆 准教授 (KEK 物構研 PF)
言語日本語/Japanese
連絡先山田和芳 所長
ウェブサイト
食堂・売店/0

概要

小角散乱法は、生体試料を含むソフトマテリアルからハードマテリアルまでの様々な試料分野 で活用される構造解析法で、1~数百nm、 さらにはμmオーダーまでの幅広い空間スケールにおいて、物質内、及び試料表面近 傍の階層構造やドメインサイズ、分子概形などを解析する事ができます。PFの小角 散乱ビームラインでは、特に2013年度に大規模な高度化を実行してビームライン 性能を一新し、さらには短周期アンジュレータを光源とする新BL-15A2を新たに建設しました。また、生体溶液試料のハイスループットな測定環境を構築するためにサンプルチェンジャーの開発なども行なっています。

本講演では、これらの高度化の状況を説明すると共に、測定例についても紹介します。

TOP