社会への貢献

KEKの推進する研究は、真理の追求を目的に行われる「基礎科学」です。 基礎科学から生まれる成果は、いわば人類の知的財産。基礎科学における発見や検証、発明は知の飛躍をもたらします。 さらに、その研究成果や研究から生まれる先端技術は、イノベーションによる新しい価値創造を促進し、直接的・間接的に社会の発展に寄与しています。

加速器科学の応用

20世紀以来、科学はめざましい進歩を遂げています。その原動力の一つが加速器です。 ミクロの世界を探って、素粒子の正体をつきとめ、自然を成り立たせている法則を次々に明らかにしてきました。

電子の発見が、現在の私たちの生活を一変させたように、科学の新発見は私たちのものの見方や暮らしを変革する大きな可能性を秘めています。 例えば、より短いパルスの放射光で生命現象のダイナミクスをとらえることは、命の不思議を探り、病気の早期発見や治療につながります。

KEKでは、これら研究から蓄積された知見が、他分野での応用に活かされるような取組みを行っています。

加速器技術の展開

研究の成果を上げるためには、継続的に加速器の技術開発を行い、性能を向上させることが必要です。 そのために、多種多様な超精密部品がつくられ、それらを組み合わせた最先端の装置や、制御するための技術が開発されて来ました。

これらの研究開発から生まれた技術は、新素材の開発や強化、表面処理などの工業技術から、がん等難病の診断・治療まで、様々な分野に展開され活用されています。

KEKは、研究開発から生まれるこうした技術が、より広く効果的に活用されるような取組みを行っています。

先端加速器科学技術推進協議会

2008年6月に設立された「先端加速器科学技術推進協議会」は、産学官政の連携により、次世代の加速器科学を担う技術開発を推進するための組織です。 従来行ってきた現場担当者や研究者レベルでの様々な連携や協力、情報交換に加え、企業のトップレベルや有識者も含めた体制で加速器開発に必要となる技術開発を推進します。

国際リニアコライダーを中核モデルケースと定め、技術面のみならず、知的財産の取扱いや組織のガバナンスの検討、広報活動の実施等、様々な活動を展開しています。 KEKは山内正則機構長が理事として参加しており、科学と技術の両面から協議会の活動に貢献しています。

先端加速器科学技術推進協議会のウェブページ

史料室

史料室では、KEKの歴史に関する資料(主に研究者から寄贈・寄託された学術資料)を収集・整理・保存しています。

史料室について

情報資料室(図書室)

情報史料室(図書室)では、図書の貸出や文献の複写を行っています。

情報資料室(図書室)について
TOP