計算科学センター

計算科学センターでは、加速器科学に係わる計算機技術の研究や開発を行っています。

近年の高エネルギー加速器実験では大量のデータの保管・解析が必要になっています。そこで、高速ネットワーク網を利用することにより、世界中に分散する研究機関の計算資源を連携させ、共同で解析を行うために必要な技術の研究と開発が行われています。すでにその一部は運用に移され、機構のプロジェクト研究の推進に役立っていす。

geant4.jpg測定器での粒子反応シミュレーションまた、素粒子実験のデータ解析にも必要となる、理論模型から素粒子反応の確率を計算するソフトウエアの開発や、実験のシミュレータ内部で利用される、放射線と物質の相互作用のシミュレーションソフトウエアの開発とその応用に関する研究も進められています。さらに、新しいデータ解析手法のソフトウエアの開発、データベースの有効利用など、様々な研究開発が並行して行われています。

計算科学センターのトップページ