加速器理論グループ

近年の加速器は大強度、超低エミッタンス化により、ビームを形成する粒子の集団効果など理論的に研究する必要のある現象が多く見られるようになり、その現象の制御、抑制が加速器性能を直接左右するようになってきました。現象を正しく理解することは、どのような装置を使って、どのように制御抑制をするかの決定にとって非常に重要です。加速器理論グループでは加速器内のビーム粒子の単粒子としての運動の理解から集団効果までを理論的に研究します。具体的にビーム粒 子間の相互作用、ビーム衝突に関わる集団効果、ビームとビームパイプ内に存在する電子雲やイオン、電磁場、放射場との相互作用による集団現象を行っています。