Bファクトリ (KEKB)

異なるエネルギーの電子と陽電子のビームを衝突させ、素粒子反応を実験するための衝突型加速器の研究です。

目的・ビジョン

エネルギーが8 ギガ電子ボルトの電子と3.5ギガ電子ボルトの陽電子を独立のリングに蓄積し、一か所につくられた交差点でビームを衝突させて素粒子実験をするため、反応頻度が高いビームをつくることを目的として研究をしています。また、さらに飛躍的に性能の高い加速器SuperKEKBの開発研究、運転を行っています。

概要

1998年の年末、小林・益川両博士の理論(CP対称性の破れに関する小林・益川理論)を証明することを主目的に計画された大型の衝突型加速器KEKBが完成しました。KEKBは一周が3000メートル以上にも及ぶ大型円形加速器2基からなり、各加速器リングには電子と陽電子のビームが蓄えられます。2本のリングは1か所で交差し、そこで電子とその反粒子である陽電子が衝突し素粒子反応がおこります。しかし、ただビーム同志を衝突させればよいというわけではありません。質の高い物理データを出すためには素粒子反応を莫大な回数を起こさせることが求められます。そのため、衝突すべきビームはその強度をより強く、またビーム断面は極端に細くすること(衝突性能の向上)が強く要請されています。KEKBの加速器研究グループでは、この要請に応えるためハードウェア面、ソフトウェア面から様々な開発研究を行ってきました。この研究の結果、衝突性能においてアメリカの好敵手 PEP-II 加速器との競争に勝ち、小林・益川理論の実証をはじめ様々な物理的結果を出すことに貢献しました。現在では、新しい設計思想に基づいたさらなる衝突性能の向上にむけ、加速器SuperKEKBの開発研究、運転を行っています。

関連するWebページ

KEKB加速器研究者むけ http://www-acc.kek.jp/KEKB/index.html

関連する研究グループ

Belle 実験(KEKBに設置された素粒子実験装置) http://belle.kek.jp/welcome/
Belle II実験 /ja/Facility/IPNS/Belle2/

(2016.1.29 更新)