測定器の開発

素粒子・原子核の研究に不可欠な、高性能の検出器。測定器開発室では、研究の成否を決めることもある検出器技術の向上に力を注いでいます

目的・ビジョン

素粒子は分子や原子よりもさらに小さく、目で見たりすることはもちろん、電子顕微鏡などを使っても見ることができません。そこで素粒子や原子核の研究には素粒子をとらえるための高性能の検出器は欠かすことができません。大型加速器の発達とともに検出器の重要性も増しており、検出器の性能はしばしば研究の成否を決めたりすることがあります。

また、素粒子の検出技術は、X線や中性子を使った物質構造の研究、気球を使った宇宙の観測、PETなどの医学診療の最前線、工場で製品の非破壊検査などを行う際にも極めて重要となります。 素流原子核の研究はもとより、幅広い分野での活用が広がる検出器技術の新しい利用分野を開拓することも、KEKの重要な使命です。

これまでのプロジェクト

FPIX
DAQ

関連するWebページ

KEK測定器開発室