イベント一覧

KEK公開講座「宇宙のはじまりを観測するすごい実験」開催のお知らせ

今年2回目のKEK公開講座「宇宙のはじまりを観測するすごい実験」を12月9日(土)、KEKつくばキャンパスで開催します。 この講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について一般の方に広く紹介し、興味や関心を持っていただくことを目的に年2回実施しているものです。

講義1「宇宙のはじまりを見る」

講師 長谷川 雅也 研究機関講師(KEK素粒子原子核研究所) 
「宇宙がどの様に誕生し進化したのか」という謎は有史以来人類に課せられた最大の謎と言えます。この謎を解き明かす最良の方法が、宇宙誕生直後に発生した光(宇宙マイクロ波背景放射)の偏光状態を観測して、宇宙で最初の時空の震え(原始の重力波)をとらえる事であると考えられています。講義では、これまで明らかにされてきた初期宇宙の姿と、今後の展望についてわかりやすく説明します。

講義2「ビッグバン残光を測る技術と応用」

講師 田島 治 准教授(京都大学大学院 理学研究科)
宇宙のはじまりの観測は、ビッグバンの残光「宇宙背景放射」を精密に計測・分析する実験です。 この光は「ミリ波」と呼ばれる電磁波に分類され、その精密計測を行うには「波的な計測」と「粒子的な計測」という従来技術の狭間を追求する必要があります。半導体デバイスの高速化と超伝導技術の進展により、その狭間に橋をかける計測技術が日々進歩しています。その計測技術と展望、そして宇宙だけでなく我々が暮らす社会にも役立つ応用例についても紹介します。

  • 日 時 2017年12月9日(土) 13:30~16:00 (開場13:00)
  • 会 場 KEKつくばキャンパス 研究本館 小林ホール (〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1)
  • 対 象 中学生以上
  • 定 員 170名(先着順)
  • 参加費 無料ですが、事前申込みをお願いします。
  • お申込み方法 ハガキ、Faxまたは こちらのページから ※定員を超過したため、締め切りました。
  • 問合せ先 広報室 TEL:029-879-6047 FAX:029-879-6049 メール:kouza@kek.jp
  • 主 催 高エネルギー加速器研究機構(KEK)
  • 後 援 茨城県教育委員会、つくば市教育委員会     

多摩六都科学館で「KEKサイエンスカフェ」を開催します

講師のJ-PARCセンター 科学コミュニケーター 坂元眞一さん

~すべての物は左右の違いから生まれた~

宇宙、生物、分子や素粒子などには、左右対称、非対称な形や性質があります。左右の違いにまつわる実験をしながら、この宇宙や私たちを作り出した「左右の違い」の謎を考えてみます。

  • 日 時 2017年11月23日(木:祝日)【第1回】11:00~12:30 / 【第2回】14:10~15:10
  • 会 場 多摩六都科学館(東京都西東京市芝久保5-10-64)科学学習室
  • 講 師 坂元眞一(J-PARCセンター 科学コミュニケーター)
  • 対 象 小学5年生~大人 ※参加者以外の入室不可
  • 定 員 各回24名
  • 参加費 入館料のみ
  • 申 込 多摩六都科学館のお申込みページより(締切11月13日(月)必着)

※イベントの詳細ならにびお申し込みはこちらから

第2回 KEKサイエンスカフェ@青山「 京の染師×構造生物学者 ~複雑さに魅せられた男たち~」

京都の御所近く、町屋の二階で昔ながらの手法を守り洋服を染め上げる職人、青木正明。 根っからの理系のこの男、古代の色に魅せられて、古文書をひも解いては再現を試みる。 天然材料の複雑さのなかで、色に対する美しいという感覚だけを頼りに模索が続く。 大切にしているはずの伝統を知らず知らずに壊してしまうのが、実は自分ではないか というのが目下の悩み。

もう一人の男、つくば在住の構造生物学者 千田俊哉。フォトンファクトリーなる巨大な X線発生装置を使い、生物の中の小さな小さな分子の構造を調べてきた。 ピロリ菌が出すタンパク質のかたちを明らかにして、なぜ東アジアに胃がんが多いかを 突き止めたり、DNAの収納構造を調べたり。 分子が集まって、どうして生き物になるのか、それが彼の研究の永遠のテーマだ。

この二人に共通しているのは、研究対象が有機物だということ。 複雑さという濃い霧の中に一筋の光を求めて、試行錯誤を繰り返し、 美しいもの正しいものを見つけ出す。 対象と手法はまるで違っていても、思考回路としては極めて近いと思いませんか?

この二人が、藍染めの原理から、最新の分子レベルの解析で明らかになりつつある遺伝学、 気になる生活習慣病の話題まで、取り混ぜて語り合います。 発言や質問も大歓迎です。どうぞ遠慮なく手を挙げてください。

イベント詳細

  • 日時 11月7日(火)18:30〜19:45(受付18:00〜)
  • 場所 オラクル青山センター22F Digital Cafeteria Waterfall
  • 定員 100名
  • 事前予約 こちらのフォームまたは、メール(proffice@kek.jp)より参加申込をしてください。先着順です。
         (入館登録が必要となりますので、メールにはフルネームと所属をご記載ください)
  • 参加費 1000円(飲み物と軽食付きです。実費のみご負担をお願いします)

ゲスト

主催

  • 日本オラクル株式会社
  • 高エネルギー加速器研究機構(KEK)

「科学と音楽の響宴2017」開催のお知らせ

レクチャー&コンサート「科学と音楽の響宴2017」を11月19日(日)につくば市のノバホールで開催します。地域の文化活動の一環としてKEKが、市、つくば文化振興財団と共同で実施しているものです。今年は、総合研究大学院大学学長の長谷川眞理子さんによる講演「進化論から進化学へ:進化する進化論」と、ピアニスト山岸ルツ子さんによるトークコンサート「科学と共に進化する音楽」をお送りします。

第1部 講演 「進化論から進化学へ:進化する進化論」
進化とは、「生物が世代を経て変化すること」。 科学としての進化論を初めて提唱したのは、英国の博物学者ダーウィンでした。 それ以後、現在までの間にどんなことがわかり、どのようにして現代進化学が築かれてきたのか、やさしくひも解きます。

第2部 トークコンサート 「科学と共に進化する音楽」
曲目:エステ荘の噴水/ラ・カンパネラ/月の光/喜びの島/ペトルーシュカからの3楽章 他

日時:11月19日(日) 13:30開場/14:00開演
場所:ノバホール(つくば市吾妻1-10-1)

入場無料 (事前申込み制)
*未就学児の入場はご遠慮下さい。

※詳しい内容やゲストのプロフィール、お申込み方法はこちらのページをご覧ください。 

第9回TIAシンポジウム -TIAが生みだすイノベーション- 開催のお知らせ

TIAは、日本のイノベーション創出を加速することを目的として、産総研、NIMS、筑波大、KEK、東大が協力して運営するオープンイノベーション拠点です。

高いポテンシャルを有する5機関が連携し、総合的な研究能力(人材、施設、知的財産等)を結集することで、これまで知の創出から産業化までを一貫して支援してきました。

第9回シンポジウムでは、TIAが生みだしたイノベーションの成果である「新原理メモリデバイスの衛星搭載」の事業化を中心に、連携により多様化する研究分野における事例をご紹介し、新たなイノベーションが創り出す未来についてディスカッションします。

また、昨年度より新たな研究・技術の"種"を探し、連携によって"芽"を育てる新しい事業「かけはし」を開始し、その研究領域もナノテクノロジーを土台に、医療・バイオ、計算科学、IoTへと拡大してきました。今回同時開催するポスターセッションでは、TIAのプロジェクト成果に加え、この「かけはし」事業を展示することにより、超スマート社会の実現に向けた我が国の取り組みである「Society 5.0」を推進する産学官連携のプラットフォームとしてのTIAの存在意義をより広くかつ強く発信していきます。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 : 2017年10月2日(月)13:00-17:00(12:30開場)
会 場 : イイノホール&カンファレンスセンター4階(東京都千代田区内幸町)
参加費 : 無料
参加申込み: TIAイベントページからお申込みください 
主 催 : TIA

KEKウィンター・サイエンスキャンプ参加者募集中

KEKウィンター・サイエンスキャンプは、KEKが加速器科学技術支援事業として実施する、高校生・高専生を対象とした科学技術体験合宿プログラムです。

参加者は、素粒子を探求し、物質の構造を明らかにする研究現場を訪れ、研究者との交流を通じて研究の魅力や楽しさを体験します。 実習では、KEKの実際の加速器利用に関係する基礎的な実験を通して、測定機器の製作・調整、データ取得・整理、成果発表など、研究の進め方について学びます。

キャンプの概要

  • 日程:2017年12月24日(日)~27日(水)/3泊4日
  • 場所:高エネルギー加速器研究機構 つくばキャンパス
  • 対象:高校生/高専生(1〜3学年)/中等教育学校生(後期生)
  • 定員:24名(各コース6名)
  • 参加費:2,000円
  • 宿泊費:無料
  • 交通費:遠方の方は一部支給の可能性あり
  • 主催:高エネルギー加速器研究機構(KEK)

募集期間と応募方法

  • 募集期間:2017年9月20日(水)~10月31日(火)【必着】
  • 応募方法:募集要項を確認の上、参加申込書(PDFExcel)をダウンロードし必要事項記入の上、KEK広報室へ郵送して下さい。※ 応募者多数の場合は選考します

キャンプの詳細

本キャンプでは、以下の4つのコースの中から1つに参加していただきます。 各コースにて約2日半の実験を行い、実験装置の組立、デ ータ収集、実験データのまとめ、発表という研究の進め方を体験します。

Aコース:素粒子を見てみよう(定員6名)

素粒子・原子核実験に多数使われているプラスチックシンチレーションカウンターを製作して、宇宙から降り注ぐ宇宙線の信号を見ます。 2か所で時間を測ることによって、宇宙線のスピードを測ることにチャレンジします。

Bコース:回折で小さなもの を見てみよう(定員6名)

光の回折現象を利用すると、光の波長と同じぐらいの大きさの物質の構造を調べることができます。 身近なレーザーポインターを使って、回折格子シートの線の間隔を測定します。 測定結果から、物質研究でも重要 な回折パターンの「消滅則」の考察についてもチャレンジします。

Cコース:信号を伝送してみよう(定員6名 )

信号を伝送するには、ラジオやテレビでおなじみの振動する電磁波が用いられます。 電磁波が同軸ケーブルの中をどのように伝送するのかを学習します。 実習では様々な同軸ケーブルを取り上げ、信号伝送の速さの違いを測定します。

Dコース:放射線を知ろう(定員6名)

放射線は 、 物を透過したり、物で遮られたり、いったい何者でしょうか 。 見て、数えて、そのなぞに迫ります。

問合せ

  • KEK広報室(KEKウィンター・サイエンスキャンプ事務局)
  • TEL:029-879-6047/FAX:029-879-6049
  • E-mail:adm-koho@ml.post.kek.jp

「研究者に会いに行こう! 大学共同利用機関シンポジウム2017」開催のお知らせ

(↑クリックするとチラシのPDFファイルが開き、講演内容等が確認できます)

研究の面白さや最新トピックスを各機関の研究者による講演やブース展示で紹介する「研究者に会いに行こう! 大学共同利用機関シンポジウム2017」(主催:大学共同利用機関協議会)を10月8日(日)、東京都千代田区の秋葉原UDX@アキバ・スクエアで開催します。大学共同利用機関の学術研究の一端を、広く一般の方々に知ってもらうためのシンポジウムとして、2010年から毎年開催しています。

KEKからは、研究紹介のブース展示と、野村昌治理事による「KEK:宇宙・物質の起源から人類の明るい未来まで」、素粒子原子核研究所の藤井芳昭教授による「ニュートリノ振動で迫る宇宙進化の謎」など、5つの講演を行います。

様々な分野の研究機関の研究者と直接話せる機会となっていますので、ぜひお越しください。

大学共同利用機関とは...?
全国の研究者コミュニティーのニーズに応え、また、広く海外の研究者とも連携を図りながら、学術研究を推進する中核的研究拠点です。個別の大学では整備や維持が困難な大規模な施設や設備、膨大な学術資料やデータなどの知的基盤、ネットワーク型共同研究や新分野開拓のための中核的機能と場を全国の研究者の利用に供し、効果的な共同研究を実施することで、我が国の学術研究の発展に貢献します。

第61回KEKコンサート「西山健一&真二 Duo Twins コンサート」開催のお知らせ

2017年9月11日

KEKでは年に数回、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きして音楽コンサートを開催しています。バロックから現代までのクラシック音楽に加え、邦楽やラテン音楽など多様なジャンルにわたり、レクチャー型コンサートを含んだ、知的で自由なスタイルのコンサートシリーズです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

今回お招きするのは、ともにNHK交響楽団のメンバーで、双子の兄弟であるチェロ奏者の西山健一さんとコントラバス奏者の西山真二さん。「チェロとコントラバスの響」と題して、プレイエル、モーツァルト、ゴルターマン、ヴィオッティ、クンマーやロッシーニなどのチェロとコントラバスのデュオ曲を楽しんでいただきます。

日時:2017年11月02日(木) 午後6時開演
場所:高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料:無料

※注意事項
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・KEK コンサートは、機構外の一般の方々にも公開しています。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお出でください。

<お問い合わせ> 高エネルギー加速器研究機構 広報室 tel. 029-879-6047

関連ページ

KEKコンサート

市民向け講演会「宇宙からの手紙-素粒子ミュオンの可能性-」開催のご案内

2017年6月16日

宇宙から地上に絶えず降り注ぐ素粒子「ミュオン」。厚い岩盤も貫通する高い透過力があり、火山やピラミッド、原子炉の内部を透視する技術に応用されて注目を集めています。さらに地球上では加速器を使って人工的にミュオンが生成され、物質の性質や化学反応の解明に役立てられています。ミュオンが切り拓くサイエンスの最前線をわかりやすく解説します。
 
日時:2017年6月29日(木)17:10~19:10
場所:北海道大学 学術交流会館 講堂(札幌市北区北8条西5丁目)
共催:北海道大学・高エネルギー加速器研究機構(KEK)・日本中間子科学会(SMMSJ)
後援:万博協会
登壇:永嶺 謙忠/KEK物質構造科学研究所 名誉教授
   久保 謙哉/国際基督教大学 教授
   朝倉 清高/北海道大学 触媒科学研究所 所長・教授
   大津 珠子/KEK広報室

リーフレット裏表(PDF)

参加方法:申込みフォームからお申込みください

詳細:北海道大学創世研究機構のページをご覧下さい

表面

裏面

【7月18日開催】第60回KEK コンサート「地中海からの"瞑想":ヴァイオリン・ピアノコンサート」開催 のお知らせ

2017年6月8日

KEKでは年に数回、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きして音楽コンサートを開催しています。従来より職員や来訪研究者の文化福祉活動の一つとして行われてきたのをシリーズ化したもので、2003年度からは地域の方々との交流促進のため、KEKコンサートとして入場無料で公開しています。

バロックから現代までのクラシック音楽に加え、邦楽やラテン音楽など多様なジャンルにわたり、レクチャー型コンサートを含んだ、知的で自由なスタイルのコンサートシリーズです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

今回は、ヨーロッパを中心に世界の様々な演奏会や音楽祭に登場しているヴァイオリニストのヴェラ・ヴァイドマンさん(写真右)と、イスラエルを拠点に活躍するピアニストのイレーナ・ガルキン・ヴァイドマンさん(左)を迎えて、シューベルト、アクロンやチャイコフスキーなどのヴァイオリン曲をお楽しみください。

日時:2017年7月18日(火) 午後6時開演
場所:高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
   茨城県つくば市大穂1-1
入場料:無料

※注意事項
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・KEK コンサートは、機構外の一般の方々にも公開しています。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお出でください。

<お問い合わせ>
高エネルギー加速器研究機構 広報室
tel. 029-879-6047

プログラムや出演者紹介はKEKコンサートページ

第1回 TIAかけはし成果報告会 ~研究・技術の種をお探しですか?

TIAが昨年度にスタートしたTIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」は、TIA中核5機関(産総研、NIMS、筑波大、KEK、東大)が組織の枠を超えて連携し、新領域を開拓するための「調査研究」を支援する事業です。研究・技術の"種"を探し、連携によって"芽"を育てていきます。

今年度は、複数機関(最低2機関)の研究者による共同提案を募りました。あらかじめ分野・領域を従来のナノテクノロジーに限定せず、今後のTIA活動の柱となりうるバイオ(ナノバイオ)、ヘルス、ビッグデータなどの新領域の提案を積極的に求めました。また、そのような領域の人材育成事業も含めています。提案されたテーマ数は79件に上り、この中からバイオ、計算物質科学、ビッグデータ解析などの新領域、融合領域を含めて39件が採択されました。

この度、本事業における1年間の成果報告会を開催いたします。
皆様に合う"種"や"芽"を見つけに、是非ご参加ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:2017年7月4日(火)13:00~17:00(12:30開場)
会 場:筑波大学 東京キャンパス文京校舎
参加費:無料(要参加登録)
申込み:TIAのイベントページからお申込みください
主 催:TIA

【6月7日開催】第59回KEK コンサート「川添亜希ピアノリサイタル」開催のお知らせ

2017年5月17日


KEKでは年に数回、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きして音楽コンサートを開催しています。従来より職員や来訪研究者の文化福祉活動の一つとして行われてきたのをシリーズ化したもので、平成15年度からは地域の方々との交流促進のため、KEKコンサートとして入場無料で公開しています。

バロックから現代までのクラシック音楽に加え、邦楽やラテン音楽など多様なジャンルにわたり、レクチャー型コンサートを含んだ、知的で自由なスタイルのコンサートシリーズです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

今回は、ドイツ在住で、日本やドイツを中心にヨーロッパの各地でコンサート活動を行い、国際的に活躍するピアニストの川添亜希さんをKEKコンサートに迎えて、バッハ、ブラームス、シュトッツやショパンなどの名曲を楽しんでいただきます。

日 時:平成29年6月7日(水) 18:00(17:30受付開始)
会 場:高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
参加費:無料
その他:予約不要(入場者多数の際は先着順となります)
問合せ:KEK 広報室 tel:029-879-6047

※お知らせとお願い
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・KEK コンサートは、機構外の一般の方々にも公開しています。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外
来者受付の上、コンサート会場までお出でください。

プログラムや出演者紹介はこちら(http://www2.kek.jp/music/

【6月1日開催】元村有希子のScience cafe 「分からないけど知りたい!宇宙の始まり」

進行中のSuperKEKBプロジェクト
この世は何でできている?宇宙の始まりは?
そんな疑問に答えるための実験が、茨城県つくば市で始まります。新型加速器SuperKEKBで作り出した素粒子の振る舞いを観察し、宇宙創成期の物質誕生の謎に迫るプロジェクトです。

面白そうだけど難しそう......と思う人は多いでしょうが、実は科学者も同じ。みんな「分からないから知りたい」と日夜、研究に励んでいます。

毎日メディアカフェは今年度、科学にフォーカスしたシリーズを始めます。

第1回はこのSuperKEKBプロジェクトを主導する後田裕・KEK教授に、最先端の素粒子研究の魅力を語ってもらいます。進行役は、元村有希子・科学環境部長が務めます。

【登壇者】
後田裕(うしろだ・ゆたか)
1972年、広島県生まれ。
京都大学に学び、2001年博士(理学)取得。高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所助手・助教・准教授を経て、2011年より教授。
SuperKEKB/Belle II実験のプロジェクトマネージャーとして国内外700人を超える研究者をまとめる。
日本酒を愛す。広島東洋カープのファン。


元村有希子(もとむら・ゆきこ)
1989年、九州大学教育学部卒業、毎日新聞入社。
科学技術と社会との関係をつづった長期連載「理系白書」により2006年の第1回科学ジャーナリスト大賞を受賞。17年4月から科学環境部長。
著書に「気になる科学」(中経の文庫)、「理系思考」(毎日新聞社)など。
TBS「ニュースキャスター」コメンテーター。科学コミュニケーターとしても活動中。
趣味は居酒屋、温泉。


【日時】6月1日(木)18:30〜20:00
【場所】パレスサイドビル(毎日新聞ビル)1階「メディアカフェ」→※好評につき、会場が毎日ホールに変更されました。
   (〒100-8051東京都千代田区ーツ橋1-1-1、東京メトロ東西線「竹橋」駅直結)
【定員】事前登録制150名
※このイベントは、毎日メディアカフェ 元村有希子のScience cafe 「分からないけど知りたい!宇宙の始まり」のページからお申し込みください。

【主催】毎日新聞社
【協力】高エネルギー加速器研究機構

イラストで語る暗黒物質 〜"加速器顕微鏡"で迫る宇宙のナゾ〜
第1回 KEKサイエンスカフェ@青山

「暗黒物質」「反物質」「ブラックホール」「加速器」「ニュートリノ」「素粒子」「クオーク」......映画や小説を通してご存じの方も、複雑で難解な研究なんだろうなーと距離を置いているのでは?

実はこれらの言葉は宇宙の成り立ちと、物質の本質を知るために欠かせないキーワードなのです。つくばにある高エネルギー加速器研究機構(KEK)には周長約3kmの世界最強の加速器「SuperKEKB」があり、700人を超える世界中の科学者が巨大な顕微鏡であるこの加速器を使って素粒子の研究を進めています。

そんなKEKで展開されている活動に大きな関心を持っているのがグラフィッククリエーターの森川幸人さん。人工知能の書籍や遺伝子をモチーフにした絵本の出版・ゲームアプリの開発など、幅広いジャンルで活躍する森川さんの素朴なギモンを、KEK・素粒子原子核研究所の中山浩幸さんにぶつけます。科学好きのイラストレーターと素粒子物理学者が引き起こす化学反応にご期待ください!

日 時:5月17日(水)18:30〜19:50 ※受付は18:00〜
場 所:オラクル青山センター22F Digital Cafeteria Waterfall
定 員:80名 ※事前予約が必要(フォームより参加申込をしてください。先着順)
参加費:1000円(飲み物と軽食の実費のみ負担をお願いいたします)
ゲスト:森川幸人(グラフィッククリエーター/株式会社ムームー取締役社長)
    中山浩幸(KEK素粒子原子核研究所助教)
進 行:髙橋将太(KEK素粒子原子核研究所広報コーディネーター/つくば科学教育マイスター)
主 催:日本オラクル株式会社/高エネルギー加速器研究機構(KEK)

【6月10日開催】KEK公開講座「高エネルギー加速器の最前線」

研究で蓄積された知見や加速器科学について地域のみなさまに広く紹介するKEK公開講座。今年度は、「高エネルギー加速器の最前線」をテーマに開催します。

講義1:世界最大の加速器LHC がさぐる宇宙の始まり

講 師:花垣和則(KEK素粒子原子核研究所 教授)

宇宙がどう誕生し、どのように発展していくのか。人類はどこからきて、どこへ行くのか。有史以来、私たちが持ち続けてきた疑問です。こういった究極的な問題の一つ、宇宙誕生の謎に迫るべく、人類は円周27kmにもおよぶ巨大な実験装置(LHC)を10 年以上の歳月をかけて完成させました。これで、宇宙誕生の数分の1秒後の世界を再現し、その振る舞いを調べています。宇宙誕生直後にはなかったと考えられる素粒子の質量の起源。 暗黒物質の正体は?素粒子物理学上の様々な問題を解決すると考えられている「超対称性」は存在するのか?これらの謎を解決すべくLHCについて紹介します。

講義2:国際リニアコライダーILCの超伝導加速器について

講 師:佐伯学行(KEK加速器研究施設 准教授)

2013年に欧州のCERN研究所にて、「ヒッグス粒子」が発見されました。ヒッグス粒子は、全ての粒子に質量を与える不思議な粒子です。ヒッグス粒子の発見で、物質や宇宙のことが分かったのですが、逆に謎が深まったとも言えます。そのヒッグス粒子をさらに研究し、未発見の「暗黒物質」等の探索を行うことを目指して、 国際リニアコライダー(ILC)計画を日本に誘致する活動が行われています。ILC計画の加速器と実験について分かりやすく説明します。

開催日時 : 平成29年6月10日(土)13:30~16:00
会 場 : 高エネルギー加速器研究機構(KEK)研究本館 小林ホール
対 象 : 中学生以上
定 員 : 170名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
お申込み : 参加費は無料ですが、事前申込みをお願いします。受付期間は5月1日(月)10:00~5月31日(水)
     お申込みは応募フォーム(5月1日公開)から (←定員に達したため締め切りました5/29)     

     または①氏名(ふりがな)②所属(中学・高校・各種学校・大学・大学院・一般)
     ③郵便番号・住所(又はメールアドレス)を記入のうえ、FAX かハガキでお申込みください。

     宛先 〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1 高エネルギー加速器研究機構 広報室宛

    ※申込時にご記入いただきました個人情報は、当公開講座に関する事務連絡にのみ使用し、本人の同意なく第三者へ
    提供することはありません。

※お申込みいただいた方には「当日のお知らせ」をお送りしました。お手元に届かない場合は以下にご連絡下さい。    
高エネルギー加速器研究機構 広報室 029-879-6047

交通案内

●無料送迎バス: つくば駅A1出口前からKEKまでご利用いただけます

送迎バス運行時刻表
【往路】
便名 つくば駅A1出口前(発) KEK小林ホール前(着)
1       12:00        12:20
2     12:30        12:50
3     13:00        13:20
【復路】
便名 KEK小林ホール前(発) つくば駅A1出口前(着)
1      16:15        16:35

●路線バス・つくバス:
  時刻表は、こちらをご覧ください。
  バス停より公開講座会場までの構内地図はこちらをご覧ください。
  ※KEKインフォメーションセンターにて受付の後、ご入構下さい。

●お車でお越しの方:
  KEK周辺地図はこちらをご覧ください。
  KEK入口より駐車場までの構内図はこちらをご覧ください。
  KEK内無料駐車場をご利用いただけます。
  ※KEKインフォメーションセンターにて受付の後、ご入構下さい。

これまでの公開講座はこちら

第11回 サマーチャレンジ "この夏、研究者になろう" 開催のお知らせ

2017年4月20日

サマーチャレンジは主に大学3年生(高専専攻科1年生)を対象とした研究体験型のイベントで、今年で11回目を迎えます。 研究最前線で活躍する研究者から直接指導を受けながら実験や解析を行い、最後には発表するという研究の一連の流れを体験できます。
今年はノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章先生(東京大学宇宙線研究所長)による特別講演に加え、研究施設の見学や研究者による講義も満載です。

研究者になろうかと考えている学生の参加をお待ちしています。

■日時:平成29年8月18日(金) - 26日(土)
■会場:高エネルギー加速器研究機構
■対象:主に大学3年生(研究者になるか検討中の8/18時点で20歳以上の学部学生や高専専攻科学生)
■定員: 75名程度(素粒子・原子核コース:45名、物質・生命コース:30名程度の予定)
■参加費:無料 (交通費、宿泊費は補助予定)
■申込み:サマーチャレンジHPよりお申し込みください。
     ※参加申込みに記入された課題への回答等をもとに選考を行います。
■締め切り:平成29年5月22(月)
      参加可否の決定は6月初旬に電子メールにてお知らせします。
■主催/共催:大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(KEK)/高エネルギー物理学者研究者会議/原子核談話会/PF-UA/日本中間子科学会
■後援:日本物理学会/日本加速器学会/日本放射光学会/日本中性子科学会/原子衝突学会
■大学スタッフ:東北大/筑波大/千葉大/東京工業大/慶應義塾大/首都大学東京/名古屋大/大阪大/九州大 など
サマーチャレンジ HP
■お問い合わせ:〒305-0801 茨城県つくば市大穂 1-1 
 高エネルギー加速器研究機構 サマーチャレンジ事務局
 ksc17[at]ml.post.kek.jp([at]を@に変えてください) 

4月11日〈Belle II 測定器ロールイン〉世界最強加速器と合体 〜 KEK × niconico 実況生中継

特設サイトはこちらから

3月19日(日)・20日(月・祝)開催のイオンモールつくば「キッズ本格おしごと体験」に出展します

2017年3月15日

KEKは、3月19日(日)・20日(月・祝)の両日にイオンモールつくば(つくば市稲岡)において開催される「キッズ本格おしごと体験」にブースを出展します。この催しは、茨城県・茨城県教育委員会、つくば市・つくば市教育委員会の後援により開催されるもので、つくば市を拠点とする大学、研究機関や企業がブースを出展し、子どもたちが様々な職業の存在を学び、将来のキャリアを考える機会を提供するものです。

KEKは、偏光板を使ったブラックウォールの工作を通じて、科学のふしぎを体感するブースを出展します。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

【開催日時】
2017年3月19日(日)・20日(月・祝)
9:00~17:00(当日受付制、最終受付は16:30)
*KEKのブースは1日定員先着100名、参加費無料。
*小学生以下の方は、必ず保護者同伴でお越しください。

【会場】
イオンモールつくば 1Fウエストコート
(茨城県つくば市稲岡66-1)

【関連ページ】
キッズ 本格おしごと体験

平成28年度 総研大 大学院説明会(第3回・東京)のお知らせ

2017年3月6日

総合研究大学院大学(総研大)高エネルギー加速器科学研究科では、平成29年10月・平成30年4月入学希望者を対象とする大学院説明会を下記のとおり開催いたします。高エネルギー加速器科学研究科・研究科内3専攻の案内や各専攻で取り組まれている研究内容の紹介等を行います。 総研大高エネルギー加速器科学研究科では、KEKで行われている研究活動を基礎として全専攻が緊密に協力し合い、幅広い分野の大学院教育を展開しています。興味がある方は、ぜひお気軽にお越しください。

【東京会場】

日 時:2017年3月11日(土)13:00〜16:30(受付開始 12:30)
会 場:日本教育会館9階 第五会議室(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)

詳細はこちら→総研大大学院説明会

「nano tech 2017」にTIAブースを出展します

2017年2月14日


イベントポスター

KEKをはじめ、産総研(AIST)、物材機構(NIMS)及び筑波大学が中核となっている世界的なナノテクノロジー研究拠点「TIA-nano」は、2016年4月に東京大学が参加し、「TIA」として新たなスタートを切りました。

TIA
のブースでは「新生TIA~あらたなイノベーション創出へのかけはし~」をテーマに、これまでのプロジェクトの最新成果を展示するとともに、5機関が連携した新たな取り組みを紹介します。

TIAは、オープンプラットフォームとして、さらに多くの方々に参加していただきたいと考えています。
KEKからは、フォトンファクトリーにおける放射光利用研究などを紹介いたします。皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

nano tech 2017
第16回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議

日 時:2017年2月15日(水)~17日(金)10時~17時
会 場:東京ビッグサイト 東4~6ホール&会議棟
    ※TIAブースは東5ホール(5V-09)
入場料:3,000円(nano tech 2017ウェブサイトで事前登録された方は入場無料)

関連ページ
nano tech 2017
TIA(オープンイノベーション拠点)

【2月23日開催】第58回KEKコンサート「室内楽の愉しみ~ブラームス/ピアノ五重奏曲 他~」開催のお知らせ

2017年1月31日

高エネルギー加速器研究機構(KEK)では、年に数回、 内外で活躍されているプロの演奏家をお招きして音楽コンサートを開催しています。これは従来より職員や来訪研究者の文化福祉活動の一つとして行われてきたのをシリーズ化したもので、 平成15年度からは地域の方々との交流促進のため、KEKコンサートとして入場無料で公開しています。 バロックから現代までのクラシック音楽に加え、邦楽やラテン音楽など多様なジャンルにわたり、 レクチャー型コンサートを含んだ、知的で自由なスタイルのコンサートシリーズです。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

今回は5人の女性演奏家、安谷屋里美さん(ヴァイオリン)、服部奈々さん(ヴァイオリン)、脇田優子さん(ヴィオラ)、松本ゆり子さん(チェロ)、加藤真矢子さん(ピアノ)をKEKコンサートに迎えて、「室内楽の愉しみ」と題して、モーツァルトのディヴェルティメントやブラームスのピアノ五重奏曲などの室内楽の名曲を楽しんでいただきます。
プログラムや出演者紹介はこちら

日 時:2017年2月23日(木)18:00(17:30受付開始)
会 場:高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
参加費:無料
その他:予約不要(入場者多数の際は先着順となります)
問合せ:KEK 広報室 tel:029-879-6047

※お知らせとお願い
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・KEK コンサートは、機構外の一般の方々にも公開しています。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお出でください。

「理系女子キャンプ」申込み受付中

2016年12月22日

KEKでは、男女共同参画推進室と日仏事業Toshiko Yuasa Laboratory(TYL)の協力により、毎年理系分野を目指す女子高校生を対象に、「理系女子キャンプ」を開催しています。本キャンプは、理系女子という進路について考えるとともに、KEKの施設見学などを通じてビッグサイエンスの現場を体験し、そこで活躍する女性研究者・エンジニア等とも交流してもらおうという企画です。
日 程 :  2017年4月3日(月)~4日(火)
場 所 :  高エネルギー加速器研究機構(KEK)茨城県つくば市大穂1-1 ※現地集合・解散
対 象 :  応募の時点で、高等学校または高等専門学校の1~3学年に在学中の女子生徒・中等教育学校の4~6学年に在校中の女子生徒
定 員 :  30名
参加費 :  無料(食事・宿泊施設を用意、交通費の補助あり)※実施要項をよくお読みください。
お申込み:  理系女子キャンプのウェブサイトをご覧ください。
応募締切:  2017年1月16日(月)必着


関連ページ
TYLスクール 理系女子キャンプ

※Toshiko Yuasa Laboratory(TYL):KEK、フランス原子核素粒子研究所(IN2P3/CNRS)、フランス宇宙基礎科学研究所(IRFU/CEA)の3機関が共同で設立した仮想ラボ(Virtual Laboratory)

「チョコレイト・サイエンス」開催のお知らせ

2016年12月14日

2017年1月21日(土)にイオン東海店(1階フードコート)で、1月29日(日)に「蒲郡市生命の海科学館」で、また2月5日(日)に「多摩六都科学館」でチョコレイト・サイエンスを開催します。また、2月12日には「瑞浪市地域交流センターときわ」でサイエンスママカフェとして実施されます。

チョコと科学?無関係に見える身近なものにも、実は深い関係があるのです。最近の研究で、チョコの「くちどけ」や「食感」の違いは、分子レベルの構造によって変わってくることが分かってきました。チョコレイト・サイエンスでは、研究者のお話を聞きながら「美味しさ」を物理的に検証し、構造の異なるチョコを作り分けます。簡単なクッキングを通して、チョコレートの科学について触れてみましょう。

 

 

【J-PARCハローサイエンス】
日 時:2017年1月21日(土)15:30~17:30
講 師:山田悟史助教(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所)
対 象:小学校6年生以上
定 員:20名(事前申し込み、抽選)
参加費:無料
会 場:イオン東海店 1階フードコート
協 力:東京フード株式会社
申込み:お名前 (親子可・複数名可)・年齢・連絡先をご記入の上、メールにて下記アドレスにご応募ください。
    web-staff<at>j-parc.jp
    ※<at>を@に変えてください。

【蒲郡市生命の海科学館】
日 時:2017年1月29日(日)14:00~16:30
講 師:宇佐美徳子講師(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所)
対 象:中学生以上
定 員:先着30名
参加費:200円(別途入館料必要)
協 力:東京フード株式会社
会 場:蒲郡市生命の海科学館
申込み:蒲郡市生命の海科学館ウェブフォーム/12月22日(木)より申込み開始
    または科学館1階受付にて開始。先着順

【多摩六都科学館】
日 時:2017年2月5日(日)[1回目]10:00~12:00/[2回目]14:30~16:30
講 師:宇佐美徳子講師(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所)
対 象:小学4年生から中学生までの親子
定 員:各回24名
参加費:200円(別途入館料必要)
会 場:多摩六都科学館
協 力:東京フード株式会社
申込み:多摩六都科学館ウェブフォーム/館内申込書/はがき
    応募締切1月18日(水)必着。定員を超える応募のあった場合は抽選

【瑞浪市地域交流センターときわ】
日 時:2017年2月12日(日)13:30~16:00
講 師:餅田 円(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所)
対 象:小学校4年生以上の女性、ただし小学校4年生~6年生は保護者ペア
定 員:36名(事前申し込み、抽選)
参加費:1名の場合3,000円、親子ペ参加の場合は3,300円
会 場:瑞浪市地域交流センターときわ
協 力:東京フード株式会社
申込み:1月21日(土)9:00より電話(0572-66-1151(サイエンスワールド))にて先着順。定員になり次第締切。

【つくばエキスポセンター】
日 時:2017年2月18日(土)13:30~16:00
講 師:宇佐美徳子(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所)
対 象:小学校4年生以上~大人
定 員:36名(事前申し込み、抽選)
参加費:300円(別途入館料)
会 場:つくばエキスポセンター
協 力:東京フード株式会社
申込み:1月18日(水)10:00よりつくばエキスポセンター申込フォームより受付開始。
    つくばエキスポセンター イベントページ
    申込ウェブフォーム

関連情報
蒲郡市生命の海科学館
多摩六都科学館
KEK物質構造科学研究所「チョコレイト・サイエンス」

【12月10日開催】KEK公開講座「J-PARCが拓く物質の起源と成り立ち」のお知らせ

2016年11月1日

KEK公開講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について地域のみなさまに広く紹介し、興味や関心を持っていただくことを目的に年2回実施しているものです。今年度第2回目となる講座は以下の通り開催いたします。多くのみなさまのご来場を心よりお待ちしております。

テーマ:「J-PARCが拓く物質の起源と成り立ち」

講義1:最も小さな元素の大きな役割-水素の科学-
講 師:大友季哉 教授(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所)

講義2:奇妙なクォークのふしぎな話-原子核と素粒子の世界-
講 師:小松原健 教授(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所)

開催概要
日 時:2016年12月10日(土)13:30~16:00
会 場:高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
対 象:中学生以上
定 員:170名(先着順)
参加費:無料
申込み:公開講座のページよりお申込みください。
問合せ:社会連携部広報室 TEL:029-879-6047

【11月3日〜6日開催】サイエンスアゴラ2016のご案内

2016年10月20日

KEKはサイエンスアゴラ2016に参加します。11月3日(木・祝)〜6日(日)10:00-17:00(最終日は16:00まで)、A会場(日本科学未来館)1階において展示「"知りたい"が加速する-宇宙・物質・生命の謎を解くKEK-」を通してKEKの研究活動をご紹介します。5日、6日は、物理の基本が楽しくわかる、小中学生向けの実験教室も開催します。展示の詳しい案内はプログラム情報をご覧下さい。[ブース番号:Aa-027
※サイエンスアゴラ公式ウェブサイトのプログラム(タイムテーブル)には一部誤りがございます。上記の展示時間が正しい情報ですので、ご自由にお立ち寄りください。

また、会期中の11月5日には公開シンポジウムを開催します。詳細は以下の通りです。

宇宙の始まりには物質と同じように存在したのに、現在はほとんど存在しない反物質。なぜそのようなことになったのか、その謎の解明に一石を投じたのが、物質と反物質の性質の違いについて論じた小林・益川理論です。

この理論を証明するBelle実験のために計画されたのが、高エネルギー加速器研究機構(KEK)のKEKBプロジェクト。Belle実験は、アメリカのBaBar実験と競い合いながらこの理論の実証に成功し、小林誠博士と益川敏英博士は2008年にノーベル物理学賞を受賞しました。

そしてこのKEKBプロジェクトは、現在アップグレード中。2000台もの電磁石から成る周長3kmの加速器と、8種類の検出器から構成される、ほぼ8m四方という巨大なBelle II測定器の建設が進行中です。新しいプロジェクトはSuperKEKBプロジェクトと呼ばれ、Belle実験の50倍のデータを得て、反物質が消えた謎にさらに迫り、新しい物理学の法則の発見に挑む計画です。

そんなSuperKEKBプロジェクトとはいったいどんな実験なのでしょう?そしてその魅力とは何なのでしょうか?今回のシンポジウムでは、小林誠博士に加え、この実験を行う装置を作ったり、この実験で証明されるかもしれない理論を考案したりしている国内外の研究者が、それぞれの立場からこのプロジェクトの魅力を語ります。参加者の皆さんにはぜひ、このプロジェクトの新しい魅力を発見していただき、ご意見やご希望も頂戴したいと思います。

開催概要ブース番号:Ab-122
日 時:2016年11月5日(土)10:30〜12:00
会 場:A会場(日本科学未来館)7階 イノベーションホール
定 員:103名/当日先着順
企 画:高エネルギー加速器研究機構(KEK)
プログラム
【講演10:30〜10:45】増澤美佳 教授(高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設)
【講演10:45〜11:00】宇野彰二 教授(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所)
【パネルディスカッション11:00〜12:00】
パネリスト
小林  誠 特別栄誉教授(高エネルギー加速器研究機構)
宇野 彰二 教授(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所)
増澤 美佳 教授(高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設)
山本  恵 博士研究員(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所)
清野 義敬 大学院生(新潟大学自然科学研究科 数理物質科学専攻)
ロバート・セダン 大学院生(マギル大学)
進行
原田 信彦(読売新聞つくば支局)
岡田小枝子(高エネルギー加速器研究機構)

公開シンポジウムの詳しい情報はサイエンスアゴラ2016をご覧下さい。展示会場でも公開シンポジウムでもみなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

【10月27日開催】高圧力科学の最前線ー地球の中から食卓までー

2016年10月19日

10月26日から28日の3日間、筑波大学大学会館において、第57回高圧討論会を開催します。これは日本高圧力学会が主催し、高圧力をキーワードにした多様な分野の研究者が、自らの研究成果を発表する集会です。

今回、高圧討論会をつくばで開催するに当たり、その一環として、「高圧力科学の最前線-地球の中から食卓まで-」と題したつくば市民や学生の方向けの一般プログラムを27日(木)午後に開きます。高圧研究の一分野を俯瞰して紹介するプレナリーレクチャーとして、大谷栄治・東北大学名誉教授の「高圧研究からみた地球惑星内部」と山本和貴・農研機構食品研究部門ユニット長による「高圧処理による食品加工」の講演が行われます。また開催地枠である特別講演では、つくば研究学園都市の中でも特に基礎研究を推進している高エネルギー加速器研究機構の山内正則機構長による講演「KEKと基礎科学研究」を聴講できます。

本講演会は、高圧力学会の活動を多くの方に知って頂くことが目的であると同時に研究者自らが科学の社会性を再認識するための契機となることも意図しております。また、学会活動の一部をそのままご覧いただくことを目的としているため、講演内容はやや難しめとなりますが、多くの皆様のご来場をお待ちしております。


日 時:2016年10月27日(木)13:00〜15:00(受付は12:30〜)
会 場:筑波大学 大学会館講堂
参加費:無料/どなたでもご参加いただけます
定 員:200名
主 催:日本高圧力学会
共 催:筑波大学/高エネルギー加速器研究機構/農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門/火薬学会/日本化学会

【特別講演】
「KEKと基礎科学研究」山内正則 高エネルギー加速器研究機構 機構長

【プレナリー・レクチャー】
「高圧研究からみた地球惑星内部」大谷栄治氏(東北大学大学院理学研究科)
「高圧処理による食品加工」山本和貴氏(農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門)

詳細は高圧討論会ホームページもしくは、つくば駅やつくば市各交流センター・児童館、KEKコミュニケ-ションプラザに掲示のポスターをご覧下さい。

【10月29・30日開催】サイエンスカフェ「水素を深読み!」

10月14日


KEKと相互協力協定を締結している多摩六都科学館にて、10月29日(土)、30日(日)水素をテーマにしたイベントを開催します。本イベント内、29日は生物編、30日は物質編としてKEKサイエンス・カフェ「水素を深読み!」を行います。

宇宙で最初にできた元素である水素は、全ての物質、エネルギー、生命の源にもなっています。水素発見から250年、そして水素社会へと変わろうとしている今、水素について一緒に考えましょう。



【開催概要】
日 程:2016年10月29日(土)・30日(日)
    〈第1回〉10:30~12:00(事前申込、10/17まで)
    〈第2回〉14:00~15:30(当日先着順、エントランスホールにて参加券配布)
場 所:多摩六都科学館レクチャールーム
定 員:各回20名
申込み:多摩六都科学館HP
参加費:入館料のみ
テーマ:〈29日〉「生物編~身体の中の水素~」
    宇佐美徳子(KEK物質構造科学研究所・講師)
    餅田  円(KEK物質構造科学研究所・広報コーディネーター)
    〈30日〉「物質編~物質の中の水素~」
    大友 季哉(KEK物質構造科学研究所・教授)
    餅田  円(KEK物質構造科学研究所・広報コーディネーター)

【11月20日開催】「科学と音楽の響宴2016」のご案内

2016年9月30日

研究者による講演と、コンサートを組み合わせたイベント「レクチャー&コンサート 科学と音楽の響宴2016」を開催いたします。

第1部の講演では「ニュートリノの質量の発見と関連研究」と題して、梶田隆章氏(東京大学特別栄誉教授・東京大学宇宙線研究所長)がニュートリノ振動の研究を解説します。スーパーカミオカンデでニュートリノ振動が発見され、この発見によってニュートリノに質量があることがわかりました。 この発見への道のりも紹介していただきます。

第2部のコンサートでは「フルートで奏でる星と地球」と題した、日本を代表するフルート奏者である相澤政宏氏とピアニストの大堀晴津子氏によるお話と演奏をお楽しみください。曲目は『星に願いを』や『比重21.5』、『ウンディーヌ(水の精)』など。「比重21.5」はフルートのための曲目で、ジョルジュ・バレールが世界で初めて白金(プラチナ)でフルートを製作したことにちなんで、1936年にエドガー・ヴァレーズが作曲しました。実はプラチナの1立方センチメートルあたりの重さは約21.5gなのです。

この世で一番質量が小さいとされているニュートリノ。一方、現在確認されている118種類の元素の中で、プラチナは最も比重が大きい元素の1つです。今回は世界で一番軽いニュートリノと、重いプラチナのコラボレーションです。みなさまのお越しを心よりお待ちしております。詳細はレクチャー&コンサート「科学と音楽の響宴」をご覧下さい。

科学と音楽の響宴2016

日 時:11月20日(日)14:00 より
    開場は13:30
会 場:ノバホール
    つくば市吾妻1-10-1/TEL:029-852-5881
講 演:梶田 隆章氏(東京大学特別栄誉教授/東京大学宇宙線研究所長)
    タイトル「ニュートリノの質量の発見と関連研究」
演 奏:相澤 政宏氏(東京交響楽団首席フルート奏者/東京音楽大学非常勤講師ほか)
    大堀晴津子氏(昭和音楽大学/同短期大学部非常勤伴奏講師)
    テーマ「フルートで奏でる星と地球」
参 加:参加費は無料ですが、要事前申込み
   
お申込みの受付は終了致しました。多数のお申込み有難うございました。
 
対 象: 小学生以上 (未就学児の入場はご遠慮ください)
定 員:800人(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
主 催:高エネルギー加速器研究機構(KEK)/つくば市/(公財)つくば文化振興財団
協 賛:(公財)高エネルギー加速器科学研究奨励会
問合せ:高エネルギー加速器研究機構(KEK)広報室
    


出演者プロフェール


梶田隆章氏

相澤政宏氏

大堀晴津子氏

梶田隆章氏(東京大学特別栄誉教授/東京大学宇宙線研究所長)
1959年、埼玉県東松山市生まれ。物理学者。東京大学理学部附属素粒子物理国際研究センター助手、東京大学宇宙線研究所助手、助教授、教授を経て現職。岐阜県飛騨市の神岡鉱山の地下1000メートルに設置された実験装置「カミオカンデ」と「スーパーカミオカンデ」を使った実験に参加した。最も小さいと考えられる素粒子のひとつのニュートリノについて、地球の大気で生まれた大気ニュートリノを観測。移動中に粒の種類が変わる現象「ニュートリノ振動」を観測してニュートリノに質量があることを発見し、1998年の国際会議で発表した。「ニュートリノ質量の存在を示すニュートリノ振動の発見」により、2015年にノーベル物理学賞を受賞した。1999年に仁科記念賞、2010年に戸塚洋二賞、2012年に日本学士院賞、2015年に文化勲章、文化功労者を受賞。現在は大型低温重力波望遠鏡KAGRAのリーダーも務める。

相澤政宏氏(フルート)
宮城県出身。東京音楽大学在学中に東京交響楽団のオーディションに合格。1991年、日本フルートコンベンションコンクール3位入賞。1995年、東京交響楽団首席奏者に就任。以来、ソリストとしても共演を重ねている。1997年、在京オーケストラのフルーティスト4人で「ザ・フルート・カルテット」を結成。2004年、津田ホールにてリサイタルを開催し、絶賛を浴びる。現在、東京交響楽団首席フルート奏者、東京音楽大学非常勤講師、日本フルート協会代議員、アジアフルート連盟理事。

大堀晴津子氏(ピアノ)
香川県出身。4歳よりピアノを始める。東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、同大学大学院修了。同大学ピアノ科非常勤助手を経て、現在、昭和音楽大学・同短期大学部非常勤伴奏講師。PTNAピアノコンペティション全国大会金賞などソロでの受賞始め、びわ湖国際フルートコンクール一般部門最優秀協演賞受賞などアンサンブルでの評価も高い。現在はアンサンブルピアニストとして、室内楽や器楽伴奏を中心に演奏活動、またCD録音など活動の幅を広げている。

(更新 2016年10月26日)

KEKウィンター・サイエンスキャンプ2016参加者募集のお知らせ

9月27日

高エネルギー加速器研究機構(KEK)では、この度、高校生、高専生のための3泊4日の先進的科学技術体験合宿「KEKウィンター・サイエンスキャンプ2016」を下記の通り開催します。本プログラムでは、実験施設の見学、多彩な講師陣の指導による基礎的な実験や測定機器の製作・調整、データ取得・整理を通して研究の進め方について学びます。最終日にはコースごとに成果発表を行います。

全国から集まる同世代の仲間と寝食を共にし、研究者と触れ合うことによって研究の魅力や楽しさを体験してみませんか?

日 程:2016年12月25日(日)~28日(水)
    3泊4日
場 所:高エネルギー加速器研究機構
    つくばキャンパス
対 象:高校生/高専生(1〜3学年)/中等教育学校生(後期生)
定 員:24名
応 募:参加申込み書類をダウンロードし必要事項記入の上、KEK広報室へ郵送して下さい
    ※ 応募者多数の場合は選考します
    募集要項も確認して下さい
参加費:無料
宿泊費:無料(現地集合・現地解散)
募 集:9月30日(金)~11月14日(月)
主 催:大学利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(KEK)
後 援:国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
問合せ:KEK広報室(KEKウィンター・サイエンスキャンプ事務局)
    TEL:029-879-6047/FAX:029-879-6049
    E-mail:adm-koho@ml.post.kek.jp

【10月16日開催】紫綬褒章 受章記念講演会「君たちに贈る僕たちの研究のはなし」

2016年9月16日

2016年度春の紫綬褒章を受賞した16人の中に、筑波研究学園都市に研究活動の拠点を置く研究者が二人、含まれていました。一人は筑波大学で学び、長らくアメリカで研究活動を送ったのちに、2010年に母校に戻り、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)機構長として今も精力的に睡眠・覚醒の謎を解明する研究に取り組む柳沢正史教授。もう一人は、自由学園に学び、長らく高エネルギー加速器研究機構(KEK)にて、超伝導技術開発を通して粒子加速器・素粒子物理分野の進展に大きく貢献し、国際的にも、欧州合同原子核研究機構(CERN)、米国・NASA等との協力を通して、エネルギーフロンティア粒子加速器・素粒子実験、宇宙観測実験で、要となる超伝導技術開発を先導してきた山本明名誉教授。本講演会では、筑波研究学園都市を起点に研究活動を始めた二人の研究者が、これまで究めてきた世界水準の科学研究の世界を、研究者としての歩みを軸にお話しします。また、高校生や大学生、大学院生も交え、研究における独創性について対談します。みなさまのご参加をお待ちしております。

【講演会概要】
日 時:10月16日(日)14:00 〜 16:30
    開場は13:30
会 場:つくば国際会議場/エポカルつくば
    2階/中ホール200
    つくば市竹園2-20-3/TEL:029-861-0001
講 師:柳沢正史(筑波大学教授/WPI-IIIS機構長)
    講演タイトル「つくばが生み、米国が育てた科学者」 
    山本 明(高エネルギー加速器研究機構名誉教授)
    講演タイトル「宇宙への憧れ、つくばで育てた夢...出来る事は、きっとある!」
参 加:参加費は無料ですが、事前申込みをお願いします
    申込フォームはこちら
定 員:200人(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
主 催:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)
    高エネルギー加速器研究機構(KEK)
共 催:筑波大学
協 力:筑波大学GFEST
問合せ:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)
    
    高エネルギー加速器研究機構(KEK)広報室
    

【プログラム】
14:00 筑波大学医学フィルハーモニー有志による弦楽合奏
14:10 挨拶:永田恭介(筑波大学学長)/山内正則(KEK機構長)
14:20 講演:「つくばが生み、米国が育てた科学者」(柳沢正史)
        「宇宙への憧れ、つくばで育てた夢...出来る事は、きっとある!」(山本明)
15:20 休憩
15:35 パネルディスカッション
16:25 閉会挨拶

【ゲストプロフィール】
柳沢正史〈やなぎさわ まさし〉1960年東京生まれ。筑波大学医学専門学群・大学院博士課程修了。米国科学アカデミー正会員。大学院在学中の1987年に血管制御因子エンドセリンを、1998年に睡眠・覚醒を制御するオレキシンを発見。1991 年に渡米し、テキサス大学サウスウェスタン医学センター教授兼ハワード・ヒューズ医学研究所研究員として20年以上にわたり活躍。2010年に最先端研究開発支援プログラム(FIRST)に採択されたことを受け、母校に研究室を開設。2012年には世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)に採択され、国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)を設立、機構長に就任した。睡眠・覚醒の謎を解明するべく世界を舞台に日々奮闘中。趣味はフルート演奏。筑波大学医学フィルハーモニーに所属し年に数回演奏会を行うほか、毎週日曜日には筑波バプテスト教会にて礼拝音楽を担当。

山本明〈やまもと あきら〉1949年生まれ。自由学園最高学部理科卒業。高エネルギー物理学研究所(現・高エネルギー加速器研究機構)技官として就職し、同助手に就任後に東京大学より論文博士号取得。同助教授を経て1996年に同教授。日本で超伝導技術応用が黎明期であった1970年代より、超伝導技術を応用した加速器ビームラインや物理実験装置開発への取り組みを始め、その後も一貫して超伝導先端技術開発を推進。欧州合同原子核研究機構(CERN)、米国・NASA等との国際的な協力の展開を通して、粒子加速器・物理実験、宇宙観測実験などで、要となる先端的な超伝導技術開発を先導する。2003年、KEK低温工学(現超伝導低温工学)センター長。2007年、超伝導技術を基盤とする国際リニアコライダー・国際共同設計チーム(ILC-GDE)にプロジェクトマネージャーとして参画。2012年、KEK・リニアコライダー計画推進室長。2013年、KEK名誉教授、特別教授。2016年、研究員。リニアコライダー・コラボレーション・アジア地域ディレクター及びCERN客員教授を兼務する。趣味は自然と向き合うこと、ものづくり。

写真左:山本明名誉教授/右:柳沢正史教授

【9月29日開催】第57回KEKコンサート「アイリッシュハープの文化と歴史~吟遊詩人ハープ、アイリッシュハープ、グランドハープと共に~」

2016年8月29日

高エネルギー加速器研究機構(KEK)では、年に数回、 内外で活躍されているプロの演奏家をお招きして音楽コンサートを開催しています。これは従来より職員や来訪研究者の文化福祉活動の一つとして行われてきたのをシリーズ化したもので、 平成15年度からは地域の方々との交流促進のため、KEKコンサートとして入場無料で公開しています。 バロックから現代までのクラシック音楽に加え、邦楽やラテン音楽など多様なジャンルにわたり、 レクチャー型コンサートを含んだ、知的で自由なスタイルのコンサートシリーズです。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

第57回KEKコンサート「アイリッシュハープの文化と歴史~吟遊詩人ハープ、アイリッシュハープ、グランドハープと共に~」のプログラムや出演者紹介はこちら



日 時 : 2016年9月29日(木)18:00(17:30受付開始)
会 場 : 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
参加費 : 無料
その他 : 予約不要(入場者多数の際は先着順となります)
主 催 : 高エネルギー加速器研究機構(KEK)
後 援 : アイルランド大使館

多摩六都科学館で人形紙芝居を上演します

2016年8月23日

9月24日(土)にかわいいパペットたちが登場する紙しばい「そりゅうし村のゆかいななかまたち」の上演と、かるたを使って宇宙のひみつについて楽しく考える催しを多摩六都科学館にて開催します。

日 時:2016年9月24日(土)【第1回】11:30〜12:30/【第2回】14:10〜15:10
会 場: 多摩六都科学館(東京都西東京市芝久保町5-10-64 )TEL:042-469-6100
対 象 : 4歳~大人 ※未就学児は保護者と参加
定 員 : 各回40名
参加費 : 入館料のみ
申 込 : 多摩六都科学館のお申し込みページより

イベントの詳細並びに、お申し込みはこちらから

【7月31日開催】J-PARC施設公開

2016年7月20日

J-PARC(KEK東海キャンパス)では7月31日(日) 、夏休みスペシャルイベントとして施設公開を行います。普段は見学できない加速器トンネルや巨大実験ホールなども見ることができます。この機会にぜひご来場ください。
プログラムの詳細はこちら

日 時 : 2016年7月31日(日)9:30〜16:30
会 場 : 日本原子力研究開発機構 J-PARCセンター
参加費 : 無料
その他 : 予約不要
主 催 : J-PARCセンター (JAEA/KEK)

【7月25日開催】第56回KEKコンサート「声楽アンサンブル~日本の名曲からオペラまで~」

2016年7月5日

高エネルギー加速器研究機構(KEK)では、年に数回、 内外で活躍されているプロの演奏家をお招きして音楽コンサートを開催しています。これは従来より職員や来訪研究者の文化福祉活動の一つとして行われてきたのをシリーズ化したもので、 平成15年度からは地域の方々との交流促進のため、KEKコンサートとして入場無料で公開しています。 バロックから現代までのクラシック音楽に加え、邦楽やラテン音楽など多様なジャンルにわたり、 レクチャー型コンサートを含んだ、知的で自由なスタイルのコンサートシリーズです。

多数の皆様のご参加をお待ちしております。
第56回KEKコンサート「声楽アンサンブル~日本の名曲からオペラまで~」のプログラムや出演者紹介はこちら

日 時 : 2016年7月25日(月)18:00(17:30受付開始)
会 場 : 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
参加費 : 無料
その他 : 予約不要(入場者多数の際は先着順となります)
主 催 : 高エネルギー加速器研究機構(KEK)

G7茨城・つくば科学技術大臣会合開催記念事業 第7回TIAシンポジウム-新たなる連携の「かけはし」-

2016年7月4日

つくばに拠点をおく産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、筑波大学、高エネルギー加速器研究機構が推進の中核となり、経団連の協力を得て、わが国のオープンイノベーションの推進と次世代の人材育成を推進して参りました「TIA-nano」は、本年4月に東京大学が5つめの中核機関として参加し、「TIA」として新たなスタートを切りました。今後「TIA」は、「つくば」の外へとイノベーションアリーナを拡大し、さらに知の創造と産業化の取り組みの対象を広げることを目指します。

既にナノバイオ、光・量子計測では新しい領域への取組みが具体化しており、また、5機関の研究者が連携してイノベーション創出につながる研究を推進する仕組みもスタートしました。こうした新生TIAについて、つくば内外の産学官の研究者の皆様にお知らせするとともに、相互の交流の場を提供するために、5月にG7科学技術大臣会合が開催されたことに呼応して、つくばにおける初めてのTIAシンポジウムを開催します。

本シンポジウムでは、新生TIAの概要についての基調講演をはじめとし、既に具体化している新たな取組みについて説明します。さらに、今年度から始まった中核機関相互が連携して研究テーマを探索する仕組みの一部についても紹介いたします。

多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 : 2016年7月22日(金)13:00~17:15(12:30受付開始)
会 場 : つくば国際会議場 3階 中ホール300(茨城県つくば市竹園 2-20-3)
参加費 : 無料
申込み : TIAのイベントページからお申込みください
主 催 : TIA

七夕講演会「夜空のムコウ−重力波ってなに?−」開催のお知らせ

2016年6月24日

今年も、7月2日(土)に七夕講演会を、つくばエキスポセンターにて開催します。 「夜空のムコウ−重力波ってなに?−」と題し、最近、その発見が話題となった「アインシュタインの残した宿題」とも呼ばれる重力波に関連して、2人の研究者が分かりやすくお話しします。

日 時:2016年7月2日(土)【第1回】13:15〜14:15/【第2回】15:00〜16:00
会 場:つくばエキスポセンター2階 創造の森 "ワンダーラボ"
対 象 : 主に小中学生(高校生以上の参加も可能)
定 員 : 30名程度
参加費 : 無料(つくばエキスポセンターの入館料は別途必要)
申 込 : つくばエキスポセンターのウェブページからお申し込みください。事前申し込みいただいた方にはKEKグッズをプレゼント!

申し込みはこちら→つくばエキスポセンター
詳細はこちら→KEK素粒子原子核研究所

高エネルギー加速器セミナー OHO'16 開催のお知らせ

2016年6月16日

高エネルギー加速器セミナーOHO'16を、下記日程で開催致します。本セミナーは、若手研究者の育成や企業の研究者の加速器科学への理解を深めることを目的として、1984年以来毎年開催されているものです。皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 2016年9月6日(火)~9日(金)
会 場 KEK3号館1階セミナーホールK03
テーマ 量子ビーム計測 ~基礎から最先端の応用まで~


参加方法、プログラムなど、詳しくはOHO'16のサイトをご覧ください。

高校生のための素粒子サイエンスキャンプ Belle Plus(ベル・プリュス)開催のお知らせ

2016年6月8日

8月1日(月)~4日(木)の4日間、素粒子サイエンスキャンプ「Belle Plus(ベルプリュス)」を開催します。 Belle PlusはBelle実験で行われている最先端の研究活動を高校生の皆さんに体験してもらうことを目的として実施しており、本年で10回目の開催となります。研究者と一緒に研究活動を体験しながら、研究する楽しさを分かち合いませんか?

平成27年度 素粒子サイエンスキャンプ Belle Plus(ベルプリュス)

日程: 8月1日(月)~4日木)
会場: 高エネルギー加速器研究機構つくばキャンパス)
対象: 高校生
定員: 20名程度応募多数の場合は選考)
参加費: 無料宿泊費及び交通費補助、食費は別途必要)
参加申込方法: Belle Plus HPの参加申込みページにある「開催の詳細について」を熟読の上「参加申込書」に必要事項を記入し郵送にて申込を行ってください。
※宛先の詳細は参加申込みページをご覧ください参加申込書の送付先が開催地と異なりますのでご注意ください)。
参加申込締切: 6月17日金) 必着 ※参加可否は7月上旬に通知します


詳しくはBelle Plus HPをご覧ください。

2016年度 総研大 大学院説明会のお知らせ

2016年6月2日

平成28(2016)年度総研大・高エネルギー加速器科学研究科 大学院説明会を東京およびつくばにて開催いたします。高エネルギー加速器科学研究科・研究科内3専攻の案内や各専攻で取り組まれている研究内容の紹介等を行います。 高エネルギー加速器科学研究科では、KEKで行われている研究活動を基礎として全専攻が緊密に協力し合い、幅広い分野の大学院教育を展開しています。興味がある方は、ぜひお気軽にお越しください。

【東京会場】

日 時:2016年6月18日(土)13:00〜16:30(受付開始 12:30)
会 場:日本教育会館9階 第五会議室(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)

【つくば会場】

日 時:2016年7月5日(火)10:00〜18:00(受付開始 9:30)
会 場:KEKつくばキャンパス(茨城県つくば市大穂1-1)
備 考:施設見学有/交通費支援有

詳細はこちら→総研大大学院説明会

一家に1枚「水素」を深読み!第7回(2016年6月) KEKサイエンス・カフェ

2016年5月31日

つくば総合インフォメーションセンター(BiViつくば2階)にて、KEKが主催する「KEKサイエンス・カフェ」を毎週開催しています。

このカフェでは研究活動の中心を担っている若手研究者に話題を提供してもらい、最先端の研究成果や研究の面白さ、また研究者自身に関することなど、参加者も含めて気軽に議論・雑談できる場を提供したいと思います。普段は科学に馴染みのない方も 各地のサイエンスカフェ常連の方も、都合の合う日にお気軽にお立ち寄りください。

6月のテーマは一家に1枚「水素」を深読み!です。2016年は英国の物理学者、ヘンリー・キャベンディッシュが水素を初めて発見して250年になります。水素って燃えやすい? 危ない? 皆さんはどんなイメージを持っていますか?水素という言葉を身近に見聞きするようになった今、水素に関する正しい知識を学び、その可能性を一緒に探してみましょう。ゲストは17日の大友季哉さん(物質構造科学研究所教授)、24日は宇佐美徳子さん(物質構造科学研究所講師)です。

日程: 6月10日(金、17日 〈3日と24日はお休みします〉
時間: 19:00-20:00 (18:30開場
場所: つくば総合インフォメーションセンターBiViつくば2階
定員: 約20名(予約不要)
備考:

・飲食物持ち込み可
・事前予約は不要
・立ち見での参加も可能

イベント情報

つくば総合インフォーメーションセンター

白熱!「本当に強い力」の話をしよう/第6回(2016年5月) KEKサイエンス・カフェ〜素粒子ナイト〜

2016年5月9日

つくば総合インフォメーションセンター(BiViつくば2階)にて、KEKが主催する「KEKサイエンス・カフェ」を毎週開催しています。

このカフェでは研究活動の中心を担っている若手研究者に話題を提供してもらい、最先端の研究成果や研究の面白さ、また研究者自身に関することなど、参加者も含めて気軽に議論・雑談できる場を提供したいと思います。普段は科学に馴染みのない方も 各地のサイエンスカフェ常連の方も、都合の合う日にお気軽にお立ち寄りください。

5月のテーマは「白熱!「本当に強い力」の話をしよう」です。

人間力、コミュ力、女子力、......最近の人間社会には様々な「◯◯力」が溢れています。 では、この様々な「力」の中で自然に存在するものは一体いくつあるのでしょうか? ......実はたったの4つです。さらに、その中でも、私たちの生活に大きく影響している、身の回りのものを動かす力は電磁気力と呼ばれる、電気や磁石の力であることが分かっています。 さらにさらに、身の回りのものを細かく砕いていった究極の粒子の世界では、強い力と呼ばれる別の力が支配していて、私たちの身の回りとは違う不可思議な現象が起こります。究極の粒子と強い力の織りなす世界の最先端を一緒に覗き見しませんか?

日程: 5月13日(金、20日、27日
時間: 19:00-20:00 (18:30開場
場所: つくば総合インフォメーションセンターBiViつくば2階
定員: 約20名(予約不要)
備考:

・飲食物持ち込み可
・事前予約は不要
・立ち見での参加も可能

イベント情報

素粒子ナイト | KEK素粒子原子核研究所
つくば総合インフォーメーションセンター

KEK公開講座開催のお知らせ

2016年4月26日

KEK公開講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について一般の方に広く紹介し、興味や関心を持っていただくことを目的に年2回実施しているものです。今年度第1回目のKEK公開講座を以下の通り開催いたします。

テーマ:「SuperKEKBで拓く新物理」

講座タイトル:
「SuperKEKB始動!」
増澤 美佳 (高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設 教授)
「Belle II実験で探索する素粒子物理の世界」
宇野 彰二 (高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 教授)

日 時: 2016年6月18日(土) 13:30~16:00
会 場: 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
対 象: 中学生以上
定 員: 170名(先着順)
参加費: 無料

お申込み方法: 公開講座のページよりお申込みください。
問合せ先: 社会連携部広報室 TEL:029-864-5113

公開講座 https://www2.kek.jp/openlecture/

第10回 サマーチャレンジ "この夏、研究者になろう" 開催のお知らせ

平成28年4月15日

サマーチャレンジは主に大学3年生を対象とした研究体験型のイベントで、今年で10回目を迎えます。最前線で活躍する研究者から直接指導を受けながら実験や解析を行い、最後には発表するという研究の一連の流れを体験できます。今年は、研究施設の見学や研究者による講義に加えて、ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章先生(東京大宇宙線研究所長)による特別講演も行われます。

研究者になろうかと考えている学生の参加をお待ちしています。

■日時:平成28年8月18日(木) - 26日(金)
■会場:高エネルギー加速器研究機構
■対象:主に大学3年生(20歳以上の学部学生や高専専攻科学生)
■定員: 80名程度(素粒子・原子核コース:50名、物質・生命コース:30名程度の予定)
■参加費:無料 (交通費、宿泊費は補助予定)
■申込み:サマーチャレンジHPよりお申し込みください。
     ※参加申込みに記入された課題への回答等をもとに選考を行います。
■締め切り:平成28年5月23(月)
      参加可否の決定は6月初旬に電子メールにてお知らせします。
■主催/共催:大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(KEK)/高エネルギー物理学者研究者会議/原子核談話会/PF-UA/日本中間子科学会
■後援:日本物理学会/日本加速器学会/日本放射光学会/日本中性子科学会/原子衝突学会
■大学スタッフ:東北大/筑波大/お茶の水女子大/東京工業大/首都大学東京/京都大/大阪大/慶応義塾大 など
サマーチャレンジ HP
■お問い合わせ:〒305-0801 茨城県つくば市大穂 1-1 
  高エネルギー加速器研究機構 サマーチャレンジ事務局
  電話:029-879-6076
  メール :

生命の海科学館で 『水素』を深読みサイエンスカフェ

2016年4月8日

水素って燃えやすい?危ない?皆さんはどんなイメージを持っていますか?

宇宙で最初にできた元素である水素は、全ての物質、エネルギー、生命の源にもなっています。水素発見から250年、そして水素社会へと変わろうとしている今、水素について一緒に考えましょう。

日時:2016年4月17日(日) 14:00-15:30
場所:蒲郡市生命の海科学館
講師:大友 季哉(KEK物質構造科学研究所・教授)
参加:無料。事前申し込み不要です。直接会場へお越しください。

詳しくはこちらをご覧ください。

第57回科学技術週間 KEK施設公開 開催のお知らせ

2016年3月22日

科学技術週間(平成28年4月18日(月)~4月24日(日))は、科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として開催されるもので、全国の各機関では、おもにこの期間に各種科学技術に関するイベントなどを実施しています。
KEKでは期間中、以下のとおりサイエンスカフェおよび施設公開を行います。

第57回科学技術週間 KEK施設公開(つくばキャンパス)

◆サイエンスカフェ 「水素を深読み!」
日時 : 4月23日(土)14:30~15:30
場所 : 職員会館1Fラウンジ
講師 : 物質構造科学研究所 教授 大友季哉
水素って燃えやすい?危ない?皆さんはどんなイメージを持っていますか?水素社会へと変わろうとする今、水素の性質と、その可能性を一緒に探してみましょう。

◆実験施設見学ツアー
日時 : 4月22日(金)および23日(土)
場所 : Bファクトリー実験施設・フォトンファクトリー
※各日4~5回実施

◆常設展示ホール
日時: 4月18日(月)~24日(日) 9:30~16:30
場所: KEK国際交流センター内(入口案内図)
・KEKコミュニケーションプラザ
・ギャラリー~KEK 過去から未来へ~
※常設展示ホールでは、23日(土)に超伝導コースターの実演展示を実施予定

昨年の様子

詳しくはこちらをご覧ください

KEKサイエンスカフェ 「水素を深読み!」開催のお知らせ

2016年3月17日

水素って燃えやすい?危ない?皆さんはどんなイメージを持っていますか?宇宙で最初に出来た元素である水素は、全ての物質、エネルギー、生命の源になりました。水素発見から250年、そして水素社会へと変わろうとしている今、水素について一緒に考えましょう。



日 時: 2016年4月3日(日)
(1)10:30~11:30 (2)13:00~15:00
会 場: 多摩六都科学館 科学学習室
講 師: 大友 季哉(KEK物質構造科学研究所 教授)
対 象: (1)小学5年生~中学生 (2)高校生~大人
定 員: 各回20名
参加費: 入館料のみ(このイベントに参加する高校生以下の方は入館無料)
共 催: 高エネルギー加速器研究機構(KEK)
申 込: 多摩六都科学館HPからお申し込みください ※応募締切3月21日(月)必着


※(1)と(2)ではそれぞれ対象に合わせてお話します。

多摩六都科学館 <KEKサイエンスカフェ>水素を深読み!

KEKサイエンス・カフェ 3月の開催案内

2016年3月3日

つくば総合インフォメーションセンター(BiViつくば2階)にて、KEKが主催する「KEKサイエンス・カフェ」を毎週開催しています。

このカフェでは研究活動の中心を担っている若手研究者に話題を提供してもらい、最先端の研究成果や研究の面白さ、また研究者自身に関することなど、参加者も含めて気軽に議論・雑談できる場を提供したいと思います。普段は科学に馴染みのない方も 各地のサイエンスカフェ常連の方も、都合の合う日にお気軽にお立ち寄りください。

3月のテーマは「とある粒子の加速器」です。

「加速器」って耳にしたことがありますか?
機動戦士ガンダムが使っているビームライフルは重金属粒子を光速の10%以上に加速して照射する加速器という設定、との説があります。また、すでに「ガンダム00」に搭載されているとされるGN粒子は、いまだ発見されていません。

現実のKEKの加速器では電子とその反粒子を光速のほぼ100%まで加速し、その二つを衝突させて未知の粒子ができないか探しています。また、ヨーロッパのCERN研究所では陽子を加速して衝突させ「神の粒子」と呼ばれるヒッグス粒子を発見しました。このようにして、加速器を使うことで「新しい粒子」を探すことができます。もしかしたら、東海村の加速器施設J-PARCで初めて加速される素粒子ミューオンでGN粒子のような未知の粒子が発見されることもあるかもしれません。

今回のサイエンスカフェでは、ファーストガンダムは見たことないけれども、ガンダム00は見たことがあるというKEKの研究者が加速装置について紹介します。

日程: 3月4日(金)、11日(金)、25日(金)(上記内容)、18日(金)は「素粒子物理エトセトラ」と題し別内容で開催予定。
時間: 19:00-20:00 (18:30開場)
場所: つくば総合インフォメーションセンター(BiViつくば2階)
定員: 約20名(予約不要)
備考:

・飲食物持ち込み可
・飲み物とお菓子を用意しています
・事前予約は不要
・立ち見での参加も可能

イベント情報

素粒子ナイト | KEK素粒子原子核研究所
つくば総合インフォーメーションセンター


(2016.3.4 更新)

「チョコレイト・サイエンス」開催のお知らせ(知の拠点あいちサイエンスフェスタ2016)

2016年2月19日

チョコと科学?無関係に見える身近なものにも、実は深い関係があるのです。

最近の研究で、チョコの「くちどけ」や「食感」の違いは、分子レベルの構造によって変わってくることが分かってきました。チョコレイト・サイエンスでは、「美味しさ」を物理的に検証し、構造の異なるチョコを作り分けます。簡単なクッキングを通して、チョコレートの科学について触れてみましょう。

科学のふしぎ体験講座「チョコレイト・サイエンス」
講師高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 餅田 円、瀬谷 智洋



日 時: 平成28年3月19日(土) 13:00~15:30
対 象 小学4年生から中学生までの親子
募集定員 10組(先着、事前申し込み)
参 加 費 無料
会 場 あいち産業科学技術総合センター
お申込み 知の拠点あいちサイエンスフェスタ2016
申込書PDFをFAXもしくはメールにて受付(申込期限3月15日(火)17時)


あいち産業科学技術総合センター
KEK物質構造科学研究所 チョコレイト・サイエンス

KEKサイエンス・カフェ 2月の開催案内

2016年2月12日

つくば総合インフォメーションセンター(BiViつくば2階)にて「KEKサイエンス・カフェ」を毎週開催しています。KEKの研究活動の中心を担っている若手研究者と共に、最先端の研究成果や研究の面白さ、また研究者自身に関することなど、お話してみませんか?普段は科学に馴染みのない方も、各地のサイエンスカフェ常連の方も、都合の合う日にお気軽にお立ち寄りください。

2月のテーマは「宇宙の謎に迫るBelle II(ベル・ツー)実験」です。

2008年の小林・益川両博士のノーベル賞から早7年。小林・益川理論を証明したあのBelle実験が生まれ変わって帰ってきます。つくばで行われる世界最先端の研究をのぞいてみませんか?



日程: 2月5日(金)、12日(金)、26日(金) ※毎回同じ内容です
時間: 19:00-20:00 (18:30開場)
場所: つくば総合インフォメーションセンター(BiViつくば2階)
定員: 約20名(予約不要)
備考: ・飲食物持ち込み可
・事前予約は不要
・立ち見での参加も可能

イベント情報

素粒子ナイト | KEK素粒子原子核研究所
つくば総合インフォーメーションセンター

第55回KEK コンサート「原麻里亜ヴァイオリンコンサート」開催のお知らせ

2016年2月4日

パリを拠点に国際的に活躍する若手ヴァイオリニストの原麻里亜さんと、モーツァルトの演奏を中心に活躍するピアニストの原佳大さん親子をKEKコンサートに迎えて、麻里亜さんがパリ国立高等音楽院で研究するルーマニアの作曲家ジョルジュ・エネスクの音楽をテーマに、ベートーヴェン、ラヴェル、エネスク、サラサーテなど、パリとウィーンの香り高い音楽をレクチャー形式で楽しんでいただきます。



日 時: 平成28年2月26日(金) 午後6時開演
会 場: 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料: 無料
ご注意:

・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・KEK コンサートは、機構外の一般の方々にも公開しています。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお越しください。

<お問い合わせ> 総務課総務係 tel. 029-864-5114
KEKコンサートHP

nano tech 2016にTIA-nanoブース出展

2016年1月22日

KEKをはじめ、産総研(AIST)、物材機構(NIMS)及び筑波大学が中核となっている世界的なナノテクノロジー研究拠点、つくばイノベーションアリーナ(TIA-nano)では、次のとおりnano tech 2016(第15回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)にブースを出展します。

今回は、『オープンプラットフォームTIA-nano ~新たなる連携へ~』をテーマとして、これまでの成果や研究プロジェクト、人材育成プログラム、共用研究施設などをご紹介します。TIA-nanoは、オープンプラットフォームとして、さらに多くの方々に参加していただきたいと考えています。

KEKからは、フォトンファクトリー(PF)等の実験装置の紹介をする予定です。皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

nano tech 2016 第15回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議

日 時: 2016年1月27日(水)~29日(金) 10時~17時
会 場: 東京ビッグサイト 東4〜6ホール&会議棟
TIA-nanoブースは東5ホールのメインシアター前
入場料: 3,000円(nano tech 2016ウェブサイトで事前登録された方は入場無料)

nano tech 2016
TIA-nano(つくばイノベーションアリーナナノテクノロジー研究拠点)

チョコレイト・サイエンス 開催のお知らせ(つくばエキスポセンター)

2016年1月13日

KEKと相互協力協定を締結しているつくばエキスポセンターにて、2月11日、チョコレイト・サイエンスをバレンタインバージョンとして開催します。

くちどけの良い、おいしいチョコレートを作る方法を教えます!
最近の研究で、チョコの「くちどけ」や「食感」の違いは、分子レベルの構造によって変わってくることが分かってきました。どうしたらおいしいチョコレートを作ることができるのでしょうか。
チョコレイト・サイエンスでは、研究者のお話を聞きながら「美味しさ」を物理的に検証し、構造の異なるチョコを作り分けます。簡単なクッキングを通して、チョコレートの科学について触れてみましょう。

「チョコレイト・サイエンス ~物理で美味しく~」
講師 : 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 阿部 仁 准教授

日 時: 平成28年2月11日(木・祝) 13:30~16:00
対 象: 小学4年生~大人
定 員: 36名(先着順)
参加費: 300円
会 場: つくばエキスポセンター 1階 第1休憩室
お申込み: つくばエキスポセンターHPからお申し込みください。


つくばエキスポセンター チョコレイト・サイエンス バレンタインバージョン
KEK物質構造科学研究所 チョコレイト・サイエンス

「理系女子キャンプ」申し込み締切間近

2016年1月12日

KEKでは、男女共同参画推進室と日仏事業Toshiko Yuasa Laboratory(TYL)の協力により、毎年理系分野を目指す女子高校生を対象に、「理系女子キャンプ」を開催しています。本キャンプは、理系女子という進路について考えるとともに、KEKの施設見学などを通じてビッグサイエンスの現場を体験し、そこで活躍する女性研究者・エンジニア等とも交流してもらおうという企画です。
日 程 :  2016年4月3日(日)~4日(月)
場 所 :  高エネルギー加速器研究機構(KEK)茨城県つくば市大穂1-1 ※現地集合・解散
対 象 :  応募の時点で、高等学校または高等専門学校の1~3学年に在学中の女子生徒・中等教育学校の4~6学年に在校中の女子生徒
定 員 :  30名
参加費 :  無料(食事・宿泊施設を用意、交通費の補助あり) ※実施要項をよくお読みください。
お申込み:  理系女子キャンプのウェブサイトをご覧ください。
応募締切:  2016年1月15日(金)必着


TYL
スクール 理系女子キャンプ

※Toshiko Yuasa Laboratory(TYL):KEK、フランス原子核素粒子研究所(IN2P3/CNRS)、フランス宇宙基礎科学研究所(IRFU/CEA)の3機関が共同で設立した仮想ラボ(Virtual Laboratory)。

チョコレイト・サイエンス 開催のお知らせ(蒲郡市生命の海科学館)

2016年1月5日

1月31日、蒲郡市生命の海科学館(愛知県)にて「チョコレイト・サイエンス ~物理で美味しく~」を開催します。

美味しいチョコとマズいチョコの違いってナニ?「美味しさ」を物理的に検証し、構造の異なるチョコを作り分けます。分子レベルで作り分けるクッキング、あなたも参加してみませんか?

「チョコレイト・サイエンス ~物理で美味しく~」
講師 : 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 山田 悟史 助教、宇佐美 徳子 講師



日 時: 平成28年1月31日(日)  14:00~16:30
対 象: 中学生以上
定 員: 30名(先着順)
参加費: 200円
会 場: 蒲郡市生命の海科学館 1F 実験工作室
お申込み: 蒲郡市生命の海科学館HPからお申し込みください。
主 催: 蒲郡市生命の海科学館
協 力: 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所、東京フード株式会社


蒲郡市生命の海科学館 チョコレイト・サイエンス~物理で美味しく~

KEK物質構造科学研究所 チョコレイト・サイエンス

チョコレイト・サイエンス 開催のお知らせ(多摩六都科学館)

2016年1月4日

KEKと相互協力協定を締結している多摩六都科学館にて、「チョコレイト・サイエンス ~物理で美味しく~」を開催します。

美味しいチョコとマズいチョコの違いってナニ?「美味しさ」を物理的に検証し、構造の異なるチョコを作り分けます。分子レベルで作り分けるクッキング、あなたも参加してみませんか?

「チョコレイト・サイエンス ~物理で美味しく~」
講師 : 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 山田 悟史 助教、宇佐美 徳子 講師

日 時 平成28年2月6日(土) 10:00~12:30、14:00~16:30
対 象 小学4年生~大人
定 員 24名(応募多数の場合は抽選)
参加費 300円
会 場 多摩六都科学館 科学学習室
お申込み 多摩六都科学館HPからお申し込みください。応募締切1月23日(土)。
主 催 多摩六都科学館、高エネルギー加速器研究機構
協 力 東京フード株式会社


多摩六都科学館 チョコレイト・サイエンス~物理で美味しく~
KEK物質構造科学研究所 チョコレイト・サイエンス

KEKサイエンス・カフェ開催のお知らせ

2015年11月27日

つくば総合インフォメーションセンター(BiViつくば2階)にて、KEKが主催する「KEKサイエンス・カフェ」を開催します。

本イベントでは、研究活動の中心を担っている若手研究者による最先端の研究成果や研究の面白さ、また研究者自身に関する短いお話の後、参加者も含めて気軽に議論・雑談できる場をご提供します。

KEKサイエンス・カフェでは、毎月1つの話題について毎週開催する予定です。最初の1ヶ月は、2015年ノーベル物理学賞に選ばれた「ニュートリノ」の研究のお話です。忘年会で使えるニュートリノうんちくも手に入るかも!?予約不要ですので、都合の合う日にお気軽にご参加ください。



日程: 11月27日(金)、12月4日(金) ※両日とも同じ内容
時間: 19:00-20:00 (18:30開場)
場所: つくば総合インフォメーションセンター(BiViつくば2階)
定員: 約20名
事前予約: 不要
イベント情報: KEK 素粒子原子核研究所
つくば総合インフォメーションセンター
備考: ・飲食物持ち込み可
・事前予約は不要
・立ち見での参加も可能

第54回KEKコンサート「古館由佳子ジプシー音楽コンサート」開催のお知らせ

2015年11月10日

KEKでは、職員や来訪研究者への文化福祉活動の一つとして、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きしてKEKコンサートを開催し、平成15年度からは地域の方々との交流促進のためこれを入場無料で公開しております。

今回は、ハンガリーや日本を中心に国際的に活躍するジプシーヴァイオリニストの古館由佳子氏、ジプシーチェリストのコヴァーチ・カーロイ氏とジャズピアニストのバログ・デジュー氏を迎えて、西アジアやヨーロッパなどで移動型の生活を送っていたロマ民族(ジプシー)を中心に発達してきたジプシー音楽の演奏をお楽しみいただきます。

日 時 : 平成27年11月19日(木) 18時開演(17時30分開場)
場 所 : 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料 : 無料
席 数 : 約240席(入場多数の際は先着順となります)

本コンサートは、職員以外の方もご参加いただけます。事前のお申し込みは不要です。機構外からご参加の方は、正門入口左のインフォメーションセンターにて入構受付の上、直接会場までお越しください。

<お問い合わせ>
総務課総務係 tel. 029-864-5114
KEKコンサートHP

大学共同利用機関シンポジウム2015「研究者に会いに行こう!」 開催のお知らせ

2015年10月29日

大学共同利用機関協議会は、KEKを含む、全国の大学共同利用機関が日々行っている最先端の研究をより多くの皆様に知って頂き、ご理解とご支援をいただくための取り組みの一環として、大学共同利用機関シンポジウム2015「研究者に会いに行こう!」を開催致します。

今回のシンポジウムは、出展する21機関の研究者によるミニ講演や研究内容を体験できるブース展示を行います。ぜひご来場ください。

大学共同利用機関シンポジウム2015「研究者に会いに行こう!」

日時: 2015年11月29日(日) 11:30~17:30
場所: アキバ・スクエア(秋葉原UDX 2F)
入場料: 無料(予約不要)


大学共同利用機関シンポジウム2015
大学共同利用機関とは

KEK公開講座 開催のお知らせ

2015年10月7日

KEK公開講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について一般の方に広く紹介し、興味や関心を持っていただくことを目的に年2回実施しているものです。今年度第2回目のKEK公開講座を以下の通り開催いたします。

テーマ:
「アインシュタインの一般相対性理論提唱から100年目の理論と実験」

講座タイトル:
「ブラックホールと高エネルギー宇宙」
  井岡 邦仁 (高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 准教授)
「宇宙のはじまり、現在、未来」
  郡 和範  (高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 准教授)
「一般相対性理論の実験的検証と重力波」 
  都丸 隆行 (高エネルギー加速器研究機構 共通基盤研究施設超伝導低温工学センター 准教授)

日時 : 2015年11月21日(土) 13:30~16:00
会場 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
対象 中学生以上
定員 170名(先着順)
参加費 無料
お申し込み 公開講座のページよりお申込みください。
問合せ先 総務部企画課企画係 TEL:029-864-5113

公開講座 https://www2.kek.jp/openlecture/

【参加者募集】KEKウィンター・サイエンスキャンプ 開催のお知らせ

2015年10月1日

高校生を対象としたプログラム「KEKウィンター・サイエンスキャンプ」を下記の日程で開催致します。

本プログラムでは素粒子を探究し、物質の構造を明らかにする研究現場を訪れ、さらに研究者との交流を通じて研究の進め方や楽しさを体験します。実習では、KEKの実際の加速器利用実験に関係する基礎的な実験を通して、測定機器の製作・調整、データ取得・整理、成果発表など、研究の進め方について学びます。

ご参加頂くには事前申込みが必要です。詳細はKEKウィンター・サイエンスキャンプのページをご覧ください。

日  程 : 2015年12月21日(月)~24日(木)
開催場所 : 高エネルギー加速器研究機構(KEK)つくばキャンパス (茨城県つくば市大穂1-1)
対  象 : 高等学校、中等教育学校(4~6学年)または高等専門学校(1~3学年)等に在籍する生徒
定  員 : 24名(各コース6名、応募多数の場合は選考)
参 加 費 : 2,000円(交流会費用等に充当)
主  催 : 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
後  援 : 国立研究開発法人 科学技術振興機構


関連サイト

KEKウィンター・サイエンスキャンプ

レクチャー&コンサート「科学と音楽の響宴2015」開催のお知らせ

2015年9月30日

研究者による講演とコンサートを組み合わせたイベント「レクチャー&コンサート 科学と音楽の響宴2015」を開催いたします。

第1部の講演では「宇宙のビッグバンとそれ以前」と題して、ビッグバン以前の宇宙の始まりについて素粒子実験・宇宙論の検証が専門の羽澄昌史KEK素核研教授が解説します。

第2部のコンサートでは、日本を代表するチェンバロ奏者である大塚直哉氏によるお話と演奏で「チェンバロで聴くバッハの音楽宇宙」をお楽しみください。

科学と音楽の響宴2015

日 時 : 2015年11月15日(日) 13:30開場/14:00開演
会 場 : つくばノバホール(つくば市吾妻1丁目)
対 象 : 小学生以上(未就学児の入場はご遠慮ください)

※入場には事前のお申込みが必要です(先着順とさせていただきます)。詳細は下記WEBサイトにてご確認ください。

レクチャー&コンサート 科学と音楽の響宴

グローバルフォトウォーク開催のお知らせ

2015年8月26日

KEKを含む世界の8つの加速器研究所で、フォトウォークを同時開催します。広大な研究所の敷地内で実験装置を撮影しながら、KEKの推進する最先端の科学に触れてみませんか。

撮影いただいた作品は、世界の素粒子物理の広報担当者のネットワークである「InterActions collaboration」のウェブサイト上でのフォトコンテストにノミネートされ、全世界からの一般投票によって「グランプリ」を決定します。また、KEKの審査員による「KEK賞」も決定します。グランプリ作品と各研究所の大賞作品は、世界の8つの研究所で展覧会を同時開催する予定です。

詳細はグローバルフォトウォークのページをご覧ください。

日 時 : 2015年9月26日(土) 10:30〜16:00
会 場 : 高エネルギー加速器研究機構 つくばキャンパス
定 員: 20名
参加費 : 無料
参加申込み: グローバルフォトウォークのページからお申込みください
(お申込み締め切り:9月9日(水))
主 催 : KEKInterActions collaboration
同時開催: 欧州原子核研究機構(CERN/スイス)
ドイツ電子シンクロトロン研究所(DESY/ドイツ)
米国立フェルミ加速器研究所(Fermilab/アメリカ)
国立核物理研究所(INFN/イタリア)
スラック国立加速器研究所(SLAC/アメリカ)
SUPL(オーストラリア)
TRIUMF研究所(TRIUMF/ カナダ バンクーバー)

第6回 TIA-nanoシンポジウム -資源好循環を促すオープンプラットフォームTIA-nano-

2015年8月11日

つくばイノベーションアリーナナノテクノロジー拠点(TIA-nano)は、産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、筑波大学、高エネルギー加速器研究機構の4機関が推進の中核となり、日本経済団体連合会の協力を得て運営される、世界有数のナノテクノロジー研究・教育拠点です。

2015年からの第2期中期計画期間のスタートに際して、TIA-nanoが目指す「継続的イノベーションのための資源連動の仕組み」の具体化に向けた、産学官の研究開発、企画、行政関係者等の広汎な意見の交流・交換の場として「TIA-nanoシンポジウム」を開催いたします。また、同時に開催するポスターセッションでは、TIA-nanoを活用する研究プロジェクトの成果を紹介します。

皆様と協働して、これからのTIA-nanoのあるべき姿について具体化したいと願っておりますので、多数のご参加をお待ちしております。

日 時 : 2015年9月17日(木)13:30~19:30
会 場 : イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町)
参加費 : 無料
参加申込み: Tia-nanoのイベントページからお申込みください
主 催 : つくばイノベーションアリーナナノテクノロジー拠点(TIA-nano)

光・量子が繋ぐTIA-nano計測連携 ~新しい科学と産業の創成をめざして~

2015年8月4日

「光・量子計測」は、世界的な先端ナノテクノロジー研究拠点である、つくばイノベーションアリーナ4機関(KEK、AIST、NIMS、筑波大学)の高度な光・量子計測技術の力を結集し、新しい科学と産業の創成を目指し、高性能な光・量子発生技術開発、光・量子検出器と先端的計測技術法開発、および光・量子ビーム利用による基礎物性研究を推進します。
「光・量子計測」が推進している研究・開発の現状と成果を広く知っていただくため、「第1回 光・量子計測シンポジウム」を下記の通り開催いたします。

会 期 : 2015年9月9日(水)9時40分~17時
会 場 つくば国際会議場 2F中会議室 エポカルつくば
入場料: 無料
定 員 150名
詳 細: 研究支援戦略推進部のイベントページをご覧ください
主 催: 高エネルギー加速器研究機構、TIA-nano光・量子計測MG

高エネルギー加速器セミナー OHO'15 開催のお知らせ

2015年7月31日

高エネルギー加速器セミナーOHO'15を、下記日程で開催致します。本セミナーは、若手研究者の育成や企業の研究者の加速器科学への理解を深めることを目的として、1984年以来毎年開催されているものです。皆様のご参加をお待ちしております。

高エネルギー加速器セミナーOHO'15

日 時 2015年9月1日(火)~4日(金)
会 場 KEK3号館1階セミナーホールK03
テーマ 「エネルギー回収型リニアックの加速器基盤技術と応用」


参加方法、プログラムなど、詳しくはOHO'15のサイトをご覧ください。

KEK一般公開2015 開催のお知らせ

2015年7月24日

KEKでは下記の日程でつくばキャンパスの一般公開を開催します。

普段は公開していない実験装置・施設の見学や、研究者による講演や最新の研究紹介、カードゲームやクイズ大会など、楽しい企画をご用意しています。

日 時:平成27年9月6日(日)9:00~16:30
場 所:高エネルギー加速器研究機構 つくばキャンパス
入場料:無料

詳細はKEK一般公開2015のページをご覧ください。

KEKサイエンスアート展「宇宙と物質と生命の不思議を観る」開催のお知らせ

2015年7月24日

東京 赤坂のショールーム+PLUSにおいて、KEKサイエンスアート展「宇宙と物質と生命の不思議を観る」を開催します。

宇宙に存在するすべての物質をつくる、けれども人間の目には見えない素粒子。素粒子を観察する実験装置には、独特の機能美があります。データとして得られた素粒子の軌跡は、まるで現代アート。そして、素粒子から成る分子がたくさん集まってできた物質のひとつ、タンパク質の結晶の画像には、宝石のような輝きが感じられます。サイエンスに潜むアーティスティックな美を、皆さんにご覧いただければ幸いです。

会 期 : 2015年7月27日(月)~8月28日(金)10:00~17:00 ※土日祝休館
会 場 プラス株式会社ショールーム「+PLUS」
(東京都千代田区永田町 2-13-5 赤坂エイトワンビル1F)
入場料: 無料
詳 細 プラスショールームのfacebookページをご覧ください

七夕講演会「織姫星と彦星が生まれるまで」 開催のお知らせ

2015年7月1日

夜空に輝く星々、それらはどのように生まれたのでしょうか?また、星ができる前、宇宙はどんな姿をしていたのでしょうか?二人の先生が分かりやすくお話しします。

講演概要:
お話その1 「宇宙のはじまりに、星はどうやって作られるの?」
講師:郡 和範(こおり かずのり)
高エネルギー加速器研究機構・総合研究大学院大学(兼任)准教授

お話その2 「宇宙のはじまりを、どうやって見るの?」
講師:瀬川 優子(せがわ ゆうこ)
総合研究大学院大学 博士課程2年

日程: 7月5日(日)
①13:00~13:50 ②15:00〜15:50 の2回(各回は同じ内容)
会場: つくばエキスポセンター 創造の森"ワンダーラボ"(2階展示場)
対象: 主に小中学生(※高校生や大人の方もご参加いただけます)
定員: 30名
※事前申込みの定員は30名ですが、30名以上でも当日参加が可能です。
※事前申込みいただいた方には、KEKグッズをプレゼント。
※参加者多数の場合は立ち見いただく場合がございます。
参加費: 無料 (エキスポセンターへの入館料は別途かかります)
申込み方法: つくばエキスポセンターのHPよりお申込み下さい
申込み締切: 申込み締切: 7月4日(土)※ただし、定員になり次第事前申込みを閉め切ります

詳しくは下記HPをご覧ください

つくばエキスポセンター詳細ページ
全国同時七夕講演会

KEKサイエンスカフェ 「ショータくんと『宇宙を支配する4つのちからの謎』」

2015年6月25日

KEKと相互協力協定を結んでいる多摩六都科学館にて、KEKサイエンスカフェ 「ショータくんと『宇宙を支配する4つのちからの謎』」 を開催します。

宇宙を調べるためには、どのような力が作用しているのかを考えることが重要です。磁場を観察できる「3D磁場観察シャーレ」の工作を交えながら、4つの力の謎をお話します。これから進んでいくビッグサイエンスや、素粒子、宇宙がどのようなものか知りたい方に向けた内容です。

日時 : 2015年9月27日(日) 13:30~15:30
会場 多摩六都科学館 科学学習室(東京都西東京市芝久保町5-10-64)
登壇者 KEK素粒子原子核研究所 広報コーディネータ 髙橋 将太
対象 小学5年生以上(対象者以外の参加不可)
定員 36名
材料費 300円(別途入館料:大人500円、高校生以下は無料)
お申し込み 参加をご希望の方は、多摩六都科学館イベントページからお申し込みください

KEK工作教室 「科学者と霧箱を作ろう~素粒子反応を見るために~」

2015年6月25日

KEKと相互協力協定を結んでいる多摩六都科学館にて、KEK工作教室 「科学者と霧箱を作ろう~素粒子反応を見るために~」を開催します。

霧箱は1897年に発明され、陽電子の発見に用いられるなど、初期の素粒子研究には欠かせない観測装置でした。KEKの科学者、大谷先生と霧箱を作って、自分の目で素粒子のふるまいを観察しましょう。また、15:30からの「素粒子相談コーナー」は、どなたでも参加できます。宇宙や素粒子、加速器などについての疑問や、科学者になるには?など、KEKの科学者がお答えします。

日時 : 2015年8月1日(土)
(1)11:00~12:15 (2)14:00~15:15
※素粒子相談コーナー 15:45~16:30
会場 多摩六都科学館 しくみの部屋 (東京都西東京市芝久保町5-10-64)
講師 : KEK素粒子原子核研究所 博士研究員 大谷 将士
対象 小学4年生~高校生(対象者以外の参加・同伴不可)
定員 各回10名
材料費 300円
お申し込み 当日開館時よりインフォメーションで参加券を配布します
詳細: 多摩六都科学館のイベントページをご覧ください

2015年度 総研大 大学院説明会のお知らせ

2015年6月12日

平成27(2015)年度総研大・高エネルギー加速器科学研究科 大学院説明会を東京およびつくばにて開催いたします。高エネルギー加速器科学研究科・研究科内3専攻の案内や各専攻で取り組まれている研究内容の紹介等を行います。 高エネルギー加速器科学研究科では、KEKで行われている研究活動を基礎として全専攻が緊密に協力し合い、幅広い分野の大学院教育を展開しています。興味がある方は、ぜひお気軽にお越しください。

日時 2015年6月20日(土) 13:00-16:30 (受付開始 12:30)
会場 学術総合センター(一橋大学一橋講堂) 特別会議室101、102 (東京都千代田区一ツ橋2-1-2)

日時 2015年7月7日(火) 10:00-18:00 (受付開始 9:30)
会場 KEKつくばキャンパス(茨城県つくば市大穂1-1)
備考 施設見学有/交通費支援有

総研大 大学院説明会

第53回KEKコンサート「デーヴィド・ローブ 横笛 - 二千年の歴史 -」開催のお知らせ

2015年5月25日

KEKでは、職員や来訪研究者への文化福祉活動の一つとして、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きしてKEKコンサートを開催し、平成15年度からは地域の方々との交流促進のためこれを入場無料で公開しております。

今回は、アメリカと日本を拠点に国際的に活躍する、現代音楽作曲家であり横笛奏者のデーヴィド・ローブ氏をKEKコンサートに迎えて、横笛の歴史のお話とともに、日本や中国の古曲をはじめ、日本・東洋の様々な分野から着想を得て作曲した楽曲などの演奏を楽しんでいただきます。

日 時 : 平成27年7月17日(金) 18時開演(17時30分開場)
会 場 : 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料 : 無料
席 数約240席(入場多数の際は先着順となります)
お申し込み:
本コンサートは、職員以外の方もご参加いただけます。事前のお申し込みは不要です。機構外からご参加の方は、正門入口左のインフォメーションセンターにて入構受付の上、直接コンサート会場までお越しください。

<お問い合わせ>
総務課総務係 tel. 029-864-5114
KEKコンサートHP

講演会「宇宙と素粒子の謎を解き明かす 最先端の3次元半導体検出器」開催のお知らせ

2015年5月8日

宇宙にはいまだ解かれていない謎があります。たとえば宇宙の始まり・進化、最初のブラックホールの形成、銀河のエネルギー源、そしてヒッグス粒子。これらの謎を解くにはブラックホールからのX線、銀河からの遠赤外線、ヒッグス粒子からの素粒子を精度よく測定しなくてはなりません。

この講演会ではX線・赤外線・素粒子などの放射線を精密に測定できる最先端3次元放射線検出器(SOI検出器)の説明と、それを用いてブラックホールや宇宙の進化をどのように解明するか、また国際リニアコライダー(ILC)でどのようにヒッグス粒子の正体に迫るかを楽しくわかりやすくご紹介します。
※この講演会は国際研究会SOIPIX2015と連動して行われます。

一般講演会
「宇宙と素粒子の謎を解き明かす 最先端の3次元半導体検出器」

「SOI検出器を使ってILCでヒッグス粒子の正体に迫る」
    山本均 教授(東北大学)

「3次元半導体検出器で切り拓く放射線イメージング」
    新井康夫 教授(高エネルギー加速器研究機構)

「ブラックホールと宇宙の進化をSOI検出器で探る」
    鶴剛 教授(京都大学)

日時 : 2015年6月6日(土) 13:30~16:00 (開場 12:30)
会場 エルパーク仙台6階(仙台三越定禅寺通り館)
〒980-8555 仙台市青葉区一番町4丁目11番1号141ビル
ギャラリーホール
定員 230名
参加費 無料
お申し込み 講演会のページをご確認の上、FAXまたは電子メールでお申込みください。
参加お申込みをされた方を優先致します
(当日空席があれば、申し込みなしでご参加頂けます)
問合せ先 東北大学大学院理学研究科物理学専攻 素粒子実験グループ
石川 明正 TEL : 022-795-5730
主催 : 東北大学大学院理学研究科物理学専攻 素粒子実験グループ
高エネルギー加速器研究機構 測定器開発室

講演会のページ:http://epx.phys.tohoku.ac.jp/soipix2015/

高校生のための素粒子サイエンスキャンプ Belle Plus(ベル・プリュス)開催のお知らせ

2015年5月8日

8月3日(月)~6日(木)の4日間、素粒子サイエンスキャンプ「Belle Plus(ベルプリュス)」を開催します。 Belle PlusはBelle実験で行われている最先端の研究活動を高校生の皆さんに体験してもらうことを目的として実施しており、本年で9回目の開催となります。研究者と一緒に研究活動を体験しながら、研究する楽しさを分かち合いませんか?

平成27年度 素粒子サイエンスキャンプ Belle Plus(ベルプリュス)

日程: 8月3日(月)~6日(木)
会場: 高エネルギー加速器研究機構(つくばキャンパス)
対象: 高校生
定員: 20名程度(応募多数の場合は選考)
参加費: 無料(宿泊費及び交通費補助、食費は別途必要)
参加申込方法: Belle Plus HPの参加申込みページにある「開催の詳細について」を熟読の上「参加申込書」に必要事項を記入し郵送にて申込を行ってください。
※宛先の詳細は参加申込みページをご覧ください(参加申込書の送付先が開催地と異なりますのでご注意ください)
参加申込締切: 6月19日(金) 必着 ※参加可否は7月上旬に通知します


詳しくはBelle Plus HPをご覧ください。

KEK公開講座 開催のお知らせ

2015年4月27日

KEK公開講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について一般の方に広く紹介し、興味や関心を持っていただくことを目的に年2回実施しているものです。今年度のKEK公開講座を以下の通り開催いたします。

テーマ:
「スパコンで解き明かす素粒子・宇宙・物質」

講座タイトル:
「スパコンと素粒子・宇宙」
  橋本 省二 (高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 教授)
「スパコンで解き明かす物質の不思議」
  岩野 薫 (高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 研究機関講師)

日時 : 2015年6月13日(土) 13:30~16:00
会場 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
対象 中学生以上
定員 170名(先着順)
参加費 無料
お申し込み 公開講座のページよりお申込みください。
問合せ先 総務部企画課企画係 TEL:029-864-5113

公開講座 https://www2.kek.jp/openlecture/

宇宙線で探る世界 ~科学の芽を育んだ田無~

2015年4月23日

KEKと相互協力協定を結んでいる多摩六都科学館にて、講演会「宇宙線で探る世界 ~科学の芽を育んだ田無~」を開催します。

以前田無に立地していた東京大学宇宙線研究所(ICRR)はどのような研究を行っているのでしょうか?梶田 隆章 所長のお話を聞いてみましょう。KEKからは山内 正則 機構長と小林 隆 素粒子原子核研究所副所長が登壇。ICRRとKEKが協力して実施しているT2K実験についても紹介します。



日時 : 2015年5月16日(土) 17:10~18:50
会場 多摩六都科学館(東京都西東京市芝久保町5-10-64)サイエンスエッグ
登壇者 梶田 隆章(ICRR 所長)
小林 隆(KEK 素粒子原子核研究所副所長)
山内 正則(KEK 機構長)
高柳 雄一(多摩六都科学館 館長)※座談会進行
対象 中学生~大人
定員 180名
参加費 入館料500円(このイベントに参加する高校生以下の方は入館無料)
お申し込み 参加をご希望の方は、多摩六都科学館イベントページからお申し込みください

第9回 サマーチャレンジ "この夏、研究者になろう" 開催のお知らせ

2015年4月18日

サマーチャレンジは主に大学3年生を対象とした研究体験型のイベントで、今年で9回目を迎えます。最前線で活躍する研究者から直接指導を受けながら実験や解析を行い、最後には発表するという研究の一連の流れを体験できます。今年は、研究施設の見学や研究者による講義に加えて、天野浩教授(名古屋大学、ノーベル物理学賞受賞)による特別講演も行われます。

研究者になろうかと考えている学生の参加をお待ちしています。



日 時 : 平成27年8月18日(火)‐26日(水)
会 場 : 高エネルギー加速器研究機構
対 象 : 主に大学3年生(20歳以上の学部学生や高専専攻科学生)
定 員 : 80名程度(素粒子・原子核コース:50名、物質・生命コース:30名の予定)
参加費 : 無料(交通費、宿泊費は補助予定)
申込み : サマーチャレンジHPよりお申し込みください。
※参加申込みに記入された課題への回答等をもとに選考を行います。
締め切り : 平成27年5月14日(木)
参加可否の決定は5月下旬に電子メールにてお知らせします。
主催/共催 : 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(KEK)/高エネルギー物理学者研究者会議/
原子核談話会/PF-UA/日本中間子科学会
後 援 : 日本物理学会/日本加速器学会/日本放射光学会/日本中性子科学会/原子衝突学会
大学スタッフ : 東北大/筑波大/お茶の水女子大/東京工業大/首都大学東京/京都大/大阪大/慶応義塾大 など


サマーチャレンジ HP : http://www2.kek.jp/ksc/

お問い合わせ:
〒305-0801 茨城県つくば市大穂 1-1 
高エネルギー加速器研究機構 サマーチャレンジ事務局
E-mail:
 電話:029-879-6076

第56回科学技術週間 KEK施設公開 開催のお知らせ

2015年3月27日

科学技術週間(平成27年4月13日(月)~4月19日(日)は、科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として開催されるもので、全国の各機関では、おもにこの期間に各種科学技術に関するイベントなどを実施しています。
KEKでは「『宇宙・物質・生命』の謎に迫る」と題し、以下のとおり施設公開を行います。

第56回科学技術週間 KEK施設公開

◆サイエンス・トーク
KEKの研究者が加速器や研究についてお話しします。
日時 : 平成27年4月18日(土) 12:20~13:20
場所 : 職員会館1階 ラウンジ
話者 : 素粒子原子核研究所 准教授 多田 将

◆実験施設見学ツアー
日時 : 平成26年4月17日(金)および18日(土)
場所 : Bファクトリー実験施設・フォトンファクトリー

◆常設展示ホール
日時 : 平成26年4月13日(月)~19日(日) 9:30~16:30
場所 : KEK国際交流センター内(入口案内図)」
「KEKコミュニケーションプラザ」「ギャラリー~KEK 過去から未来へ~」

◆交通アクセス
KEKまでの交通案内(駐車場:無料)
17日及び18日の施設公開日はTXつくば駅から無料循環バスをご利用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

サイエンスカフェ「科学者とお花見で御座る」開催のお知らせ

2015年3月10日

KEKと相互協力協定を結んでいる多摩六都科学館にて、サイエンスカフェ「科学者とお花見で御座る」を開催します。

KEKの科学者と輪になって、お花見気分で宇宙や素粒子の話をしてみませんか。前もって先生に聞きたいテーマや質問を募集します(参加お申し込みの際にご記入ください)。

サイエンスカフェ「科学者とお花見で御座る」
講師 : 
長谷川 雅也 (KEK素粒子原子核研究所 助教) 
大谷 将士 (同研究所 博士研究員)
髙橋 将太 (同研究所 広報コーディネーター)
多田 将 (同研究所 准教授) 

日時 :  2015年4月11日(土)
(1)10:30~12:40 (2)14:30~16:40
会場 :  多摩六都科学館(東京都西東京市芝久保町5-10-64)レクチャールーム
対象 :  小学5年生以上
定員 :  各回20名
参加費 :  入館券のみ(大人500円、小人200円)
共催 :  高エネルギー加速器研究機構(KEK)
お申し込み :  参加をご希望の方は、多摩六都科学館イベントページからお申し込みください

「巨大な装置 写真展 2015」開催のお知らせ

2015年3月10日

KEKは、2008年に小林・益川両博士にノーベル物理学賞をもたらした、周長3kmに及ぶ加速器と8m四方の測定器を始め、つくばと東海のふたつのキャンパスに複数の巨大な加速器科学実験施設を持ち、宇宙の起源、物質や生命の成り立ちを探求しています。

今回の展示会では、装置の実寸大の写真を含め、私たちの研究施設と研究活動の魅力をお伝えする写真の数々をご覧いただきます。

巨大な装置 写真展 2015
- 高エネルギー加速器研究機構のユニークな装置たち -

開催日時  2015年3月24日(火)~29日(日)
 9:00~17:00 ※初日は13:00から開始、最終日16:00まで
会場  つくば市民ギャラリー(中央公園レストハウス内)
イベント  ギャラリーツアー
 研究者や広報スタッフが展示の内容や研究についてお話します。
 実施日は3月25日(水)、28日(土)、29日(日)、各日 14:00~15:00
お問い合わせ  高エネルギー加速器研究機構 広報室
 TEL:029-879-6047

第1回 Nanotech CUPALシンポジウム「ナノテク分野のキャリアアップ国際シンポジウム」 開催のお知らせ

2015年2月10日

KEKをはじめ、産総研(AIST)、物材機構(NIMS)及び筑波大学が中核となっている世界的なナノテクノロジー研究拠点、つくばイノベーションアリーナ(TIA-nano)では、11の大学と連携し、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」として「ナノテクキャリアアップアライアンス(CUPAL)」を進めています。

CUPALではこのたび「ナノテク分野のキャリアアップ国際シンポジウム」を開催することになりました。若手研究者やこれから研究者を目指す大学生・大学院生を対象に、国内外の研究者による講演と、TIA-nano中核機関への見学バスツアーを実施します。

第1回 Nanotech CUPALシンポジウム「ナノテク分野のキャリアアップ国際シンポジウム」

開催日時:  2015年3月9日(月) 10:00~
会 場:  つくば国際会議場
〒305-0032 茨城県つくば市竹園2丁目20番3号
参加費:  無料(事前申込制)
参加申込:  CUPALシンポジウムのページからお申込ください
※申込締切は2015年2月27日(金)
主 催:  ナノテクキャリアアップアライアンス(Nanotech CUPAL)


つくばイノベーションアリーナ(TIA)推進室

総研大 大学院説明会のお知らせ

2015年2月5日

総合研究大学院大学・高エネルギー加速器科学研究科では、平成27年10月・平成28年4月入学希望者向けの大学院説明会を東京にて開催いたします。

当日は、高エネルギー加速器科学研究科内3専攻の教員6名による各専攻の案内や研究内容の紹介等を行います。 高エネルギー加速器科学研究科では、KEKで行われている研究活動を基礎として全専攻が緊密に協力し合い、幅広い分野の大学院教育を展開しています。興味がある方は、ぜひお気軽にお越しください。

日時 2015年3月7日(土) 13:00-16:30(12:30受付開始)
会場 日本教育会館9F 第五会議室(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)

総研大 大学院説明会

nano tech 2015にTIA-nanoブース出展

2015年1月22日

KEKをはじめ、産総研(AIST)、物材機構(NIMS)及び筑波大学が中核となっている世界的なナノテクノロジー研究拠点、つくばイノベーションアリーナ(TIA-nano)では、次のとおりnano tech 2015にTIA-nanoブースを出展します。

今回は、『「つくば」から未来の産業へ ~ つくばイノベーションアリーナナノテクノロジー研究拠点TIA-nano 日本のイノベーションシステムを変革』をテーマとして、様々な民間企業との連携の仕組みと豊富な人材育成プログラムの紹介、中核4機関が有する最先端の共用装置群から利用目的や対象物質などで、対象装置を簡単に検索できるデータベースの体験コーナー、並びに、共用装置を利用したユーザーの成果などをご紹介します。

KEKからは、フォトンファクトリー(PF)等の実験装置の紹介、ミニ講演を開催する予定です。皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

nano tech 2015 第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
TIA-nanoブース

日 時: 2015年1月28日(水)~30日(金) 10時~17時
会 場: 東京ビッグサイト 東5ホール(5R-07)
入場料: 3,000円(nano tech 2015ウェブサイトで事前登録された方は入場無料)
ミニ講演: 「フォトンファクトリーの産業利用」
古室 昌憲(KEK物質構造科学研究所 研究員)
1月29日(木) 13:45~、15:45~(2回講演)


nano tech 2015

TIA-nano(つくばイノベーションアリーナナノテクノロジー研究拠点)

「理系女子キャンプ」申し込み締切間近

2015年1月9日

KEKでは、男女共同参画推進室と日仏事業Toshiko Yuasa Laboratory(TYL)の協力により、毎年理系分野を目指す女子高校生を対象に、「理系女子キャンプ」を開催しています。本キャンプは、理系女子という進路について考えるとともに、KEKの施設見学などを通じてビッグサイエンスの現場を体験し、そこで活躍する女性研究者・エンジニア等とも交流してもらおうという企画です。
日 程 :  平成27年4月2日(木)~3日(金)
場 所 :  高エネルギー加速器研究機構(KEK)茨城県つくば市大穂1-1 ※現地集合・解散
対 象 :  応募の時点で、高等学校または高等専門学校の1~3学年に在学中の女子生徒・中等教育学校の4~6学年に在校中の女子生徒
定 員 :  30名程度
参加費 :  無料(食事・宿泊施設を用意、交通費の補助あり) ※実施要項をよくお読みください。
お申込み:  理系女子キャンプのウェブサイトをご覧ください。
応募締切:  平成27年1月15日


TYL
スクール 理系女子キャンプ

※Toshiko Yuasa Laboratory(TYL):KEK、フランス原子核素粒子研究所(IN2P3/CNRS)、フランス宇宙基礎科学研究所(IRFU/CEA)の3機関が共同で設立した仮想ラボ(Virtual Laboratory)。

「チョコレイト・サイエンス」開催のお知らせ

2015年1月6日

KEKと相互協力協定を締結している多摩六都科学館にて、「チョコレイト・サイエンス ~物理で美味しく~」を開催します。

美味しいチョコとマズいチョコの違いってナニ?「美味しさ」を物理的に検証し、構造の異なるチョコを作り分けます。分子レベルで作り分けるクッキング、あなたも参加してみませんか?

「チョコレイト・サイエンス ~物理で美味しく~」
講 師 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 宇佐美 徳子 講師

日 時  平成27年2月11日(水・祝)13:00~15:30
募集定員  24名(応募多数の場合は抽選)
参 加 費  300円
会 場  多摩六都科学館 科学学習室
お申込み  多摩六都科学館HPからお申し込みください。応募締切1月29日(木)。
主 催  多摩六都科学館、高エネルギー加速器研究機構
協 力  東京フード株式会社


多摩六都科学館 チョコレイト・サイエンス ~物理で美味しく~
チョコレイト・サイエンス

「チョコレイト・サイエンス バレンタインバージョン」開催のお知らせ

2015年1月5日

KEKと相互協力協定を締結しているつくばエキスポセンターにて、チョコレイト・サイエンスをバレンタインバージョンとして開催します。

くちどけの良い、おいしいチョコレートを作る方法を教えます!最近の研究で、チョコの「くちどけ」や「食感」の違いは、分子レベルの構造によって変わってくることが分かってきました。どうしたらおいしいチョコレートを作ることができるのでしょうか。チョコレイト・サイエンスでは、研究者のお話を聞きながら「美味しさ」を物理的に検証し、構造の異なるチョコを作り分けます。簡単なクッキングを通して、チョコレートの科学について触れてみましょう。

第28回 ミーツ・ザ・サイエンス 「チョコレイト・サイエンス バレンタインバージョン」
講 師 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所  山田 悟史 助教

日 時  平成27年2月7日(土)13:30~16:00
募集定員  36名(先着順)小学5年生以上
参加費  300円
会 場  つくばエキスポセンター1F 第一休憩室
お申込み  1月7日よりつくばエキスポセンターHPからお申し込みください。
主 催  つくばエキスポセンター、高エネルギー加速器研究機構
協 力  東京フード株式会社


つくばエキスポセンター チョコレイト・サイエンス バレンタインバージョン
チョコレイト・サイエンス

SCIENTIA チョコレイト・サイエンス ~分子構造の美味しさを~ 開催

2014年12月18日

~scientia~ (スキエンティア)とは、ラテン語で"science"の語源となった言葉です。つくばサイエンスツアーオフィスが行っている~scientia~(スキエンティア)というサイエンスカフェの第2回目は、KEKと共催で行う「チョコレイト・サイエンス」です。

普段食べているチョコレイト。カカオ原料を見たことも、ローストしたカカオ豆を食べたことも少ないはず。最近の研究では、なんと"分子構造"レベルで「美味しさの違い」があることもわかってきました。今回は皆様に、同じ材料から分子の結晶構造の違いが作り出す触感の違いなど、チョコレイトの不思議を徹底的にご紹介します!研究者と楽しくお話ながら、チョコレイトの魅力に浸かってみませんか?

<span class="caps">SCIENTIA  チョコレイト・サイエンス~分子構造のおいしさを~
講 師 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所  山田 悟史 助教

【日  時】平成27年1月18日(日)15:00~17:00
【募集定員】40名(先着順)中学生以上
【参 加 費】600円(お茶とケーキが出ます)
【会 場】つくば国際会議場1F レストランエスポワール
【お申込み】メールまたはFAXにて
①氏名(参加者全員分)、②連絡先、 ③会議場への交通手段、 
④このイベントをお知りになったきっかけは?⑤アレルギー(乳・大豆)の有無。
 上記をご記入の上、メール、またはFAXにてご連絡ください。

【お申込先】一般財団法人 茨城県科学技術振興財団
  <span class="caps">FAX 029-861-1209 E-mail kagaku@i-step.org

主 催 茨城県科学技術振興財団
共 催 高エネルギー加速器研究機構
協 力 東京フード株式会社
今回は、ちょっぴりお土産付き、ご自宅でも是非、試してみてください!

つくばサイエンスカフェ チョコレイト・サイエンス
チョコレイト・サイエンス


サイエンスカフェ「マンガのようにものの大きさを変えられるの?」開催のお知らせ

2014年10月24日

KEKと相互協力協定を結んでいる多摩六都科学館にて、サイエンスカフェ「マンガのようにものの大きさを変えられるの?」を開催します。

アニメや漫画の中では、キャラクターが簡単に姿を変えたり、何もないところから物を取り出したりします。物理の基本的な法則であるエネルギーや質量の保存は...?今の科学で実現できるのでしょうか?

ショータくんとサイエンスカフェ
「マンガのようにものの大きさを変えられるの?」
講師 : 高橋 将太(KEK素粒子原子核研究所)

日時 :  2014年11月29日(土)14:00~16:00
会場 :  多摩六都科学館(東京都西東京市芝久保町5-10-64)イベントホール
対象 :  小学5年生~大人
定員 :  80名
参加費 :  入館券のみ(大人500円、小人200円)
共催 :  高エネルギー加速器研究機構(KEK)
お申し込み :  参加をご希望の方は、多摩六都科学館イベントページからお申し込みください

KEK公開講座開催のお知らせ

2014年10月14日

KEK公開講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について一般の方に広く紹介し、興味や関心を持っていただくことを目的に年2回実施しているものです。今年度のKEK公開講座を以下の通り開催いたします。

テーマ:
「謎の素粒子ミュオン-その意外な素顔-」

講座タイトル:
「ミュオンが拓く物質科学」
  門野 良典 (高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 教授)
「素粒子ミュオンに刻まれた宇宙の歴史」
  齊藤 直人 (高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 教授)



日 時 2014年11月29日(土) 13:30~16:00
会 場 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
対 象 : 中学生以上
定 員 170名(申込み多数の場合は抽選)
参加費 : 無料
お申込み方法 : 公開講座のページよりお申込みください。
問合せ先 : 総務部企画課企画係 <span class="caps">TEL:029-864-5113

公開講座 http://www2.kek.jp/openlecture/

大学共同利用機関シンポジウム「研究者博覧会」開催のお知らせ

2014年10月8日

大学共同利用機関協議会は、KEKを含む、全国の大学共同利用機関が日々行っている最先端の研究をより多くの皆様に知って頂き、ご理解とご支援をいただくための取り組みの一環として、『大学共同利用機関シンポジウム2014「研究者博覧会」』を開催致します。

KEKからは「分子と生物:大型放射光で読み解く生命活動のしくみ」と題して物質構造科学研究所の千田 俊哉教授が講演(司会:宇佐美 徳子 講師)。また、展示ブースでは実験装置の一部展示やポスター、映像を用いて研究内容をご紹介します。

大学共同利用機関シンポジウム2014「研究者博覧会」

日時: 2014年11月22日(土) 12:00~17:00
場所: 東京国際フォーラム ホールB7
入場料: 無料(予約不要)


大学共同利用機関シンポジウム2014
大学共同利用機関とは

レクチャー&コンサート「科学と音楽の響宴2014」開催のお知らせ

2014年9月26日

研究者による講演とコンサートを組み合わせたイベント「レクチャー&コンサート 科学と音楽の響宴2014」を開催いたします。

第1部の講演では、「新しい粒子線治療」と題して、加速器技術を応用したホウ素中性子捕捉療法(BNCT)や陽子線療法などの新しい粒子線治療法について、その開発段階から研究を主導してきている筑波大学附属病院長で脳神経外科が専門の松村明教授が解説します。

第2部のコンサートでは、世界的なヴィオラ奏者である今井信子氏、マイア・カベザ氏(ヴァイオリン)とガブリエル・カベザス氏(チェロ)による弦楽三重奏版のゴルトベルク変奏曲(J.S.バッハ作曲、ドミトリー・シトコヴェツキー編曲)をお楽しみください。

科学と音楽の響宴2014

日 時 : 2014年11月22日(土) 13:30開場/14:00開演
会 場 : つくばノバホール(つくば市吾妻1丁目)
対 象 : 小学生以上(未就学児の入場はご遠慮ください)

※入場には事前のお申込みが必要です(先着順とさせていただきます)。詳細は下記WEBサイトにてご確認ください。

レクチャー&コンサート 科学と音楽の響宴

KEK・多摩六都科学館共同イベント ロクトサイエンスレクチャー 「陽子加速器で宇宙の謎に迫る」開催のお知らせ

2014年8月20日

KEKと相互協力協定を結んでいる多摩六都科学館で、サイエンスカフェを開催します。

宇宙の始まりを調べるために、科学者は加速器を使います。素粒子を加速し衝突させると、何がおきて、どのようなことがわかるのでしょうか。カフェで語らうように飲み物を片手にして、最新の科学に触れてみませんか。

サイエンスカフェ「陽子加速器で宇宙の謎に迫る」
講 師 : 多田 将(KEK素粒子原子核研究所 助教)

日 時 : 2014年9月20日(土) 15:30~17:00
会 場 : 多摩六都科学館(東京都西東京市芝久保町5-10-64)イベントホール
対 象 : 中学生~大人
定 員 : 80名
参加費 : 無料(※別途入館料¥500が必要。ただし、このイベントに参加する中学生・高校生は入館料も無料)
参加申込 : 多摩六都科学館のイベントページからお申込みください。

第52回KEKコンサート「蔵野蘭子 ソプラノリサイタル」開催のお知らせ

2014年8月11日

KEKでは、職員や来訪研究者への文化福祉活動の一つとして、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きしてKEKコンサートを開催し、平成15年度からは地域の方々との交流促進のためこれを入場無料で公開しております。

52回目となる今回は、蔵野蘭子さん(ソプラノ)、内山亜希さん(ピアノ)による「蔵野蘭子 ソプラノリサイタル」と題したコンサートで、F. プーランク「マックス・ジャコブの5つの詩、 闘牛士(スペイン-イタリア風シャンソン)、愛の小路 -ワルツ」、G. ビゼー「カルメンよりハバネラ、セギディリャ」、吉田 進「花鳥諷詠 高浜虚子の俳句による」、R. ワーグナー「ゲーテ『ファウスト』のための7つの作曲より第6曲:糸を紡ぐグレートヒェン、第7曲:グレートヒェンのメロドラマ、樅の木、さまよえるオランダ人よりゼンタのバラード」、他をお楽しみいただきます。

日 時 : 2014年9月4日(木) 18:00 開演 (17:30 開場)
会 場 : 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料 : 無料

※注意事項
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお越しください。

<お問い合わせ>
総務課総務係 tel. 029-864-5114
KEKコンサートHP

KEK一般公開2014 開催のお知らせ

2014年7月18日

KEKでは下記の日程でつくばキャンパスの一般公開を開催します。

普段は公開していない実験装置・施設の見学や、著名な研究者による講演、カードゲームやクイズ大会など、楽しい企画をご用意しています。

日時:平成26年9月13日(土)9:00~16:30
場所:高エネルギー加速器研究機構 つくばキャンパス
入場料:無料

詳細はKEK一般公開2014のページをご覧ください。

七夕講演会「夜空のムコウ ー天の川ができる前の宇宙にせまるー」 開催のお知らせ

2014年6月16日

むかしむかし、宇宙はどのように始まったのでしょう?星がまだ生まれていない頃の宇宙は、どのような姿だったのでしょうか。二人の物理学者が、宇宙の誕生や観測方法についてお話します。

講演概要:
おはなし1 「天の川は、どうやってつくられたの?」
講師: 郡 和範 (こおり かずのり)
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 総合研究大学院大学(兼任) 准教授

おはなし2 「天の川がつくられる前の宇宙を、どうやってみるの?」
講師:田島 治 (たじま おさむ)
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 総合研究大学院大学(兼任) 准教授

日程: 7月6日(日) 13:30~15:30
会場: つくばエキスポセンター 創造の森"ワンダーラボ"(2階展示場)
対象: 主に小中学生(※高校生や大人の方もご参加いただけます)
定員: 30名
※事前申込みの定員は30名ですが、30名以上でも当日参加が可能です。
※事前申込みいただいた方には、KEKグッズをプレゼント。
※参加者多数の場合は立ち見いただく場合がございます。
参加費: 無料 (エキスポセンターへの入館料は別途かかります)
申込み方法: つくばエキスポセンターのHPよりお申込み下さい
申込み締切: 7月5日(金)※ただし、定員になり次第事前申込みを閉め切ります


詳しくは下記HPをご覧ください

つくばエキスポセンター詳細ページ
全国同時七夕講演会HP

J-PARC市民講座「宇宙の不思議を科学する」開催のお知らせ

2014年6月5日

世界最高クラスの強さの陽子ビームを使ってさまざまな素粒子を作り、宇宙、物質、生命の謎の解明を目指す、大強度陽子加速器施設J-PARC。今回の市民講座では、私たちの身体をふくめて全ての物質の基本粒子のひとつ、中性子の研究で博士号を取り、その後転身してドイツの宇宙飛行士第1号になられたウルリッヒ・ウォルター博士をお招きし、宇宙空間の不思議についてお話いただくとともに、J-PARCでニュートリノという素粒子の研究に携わっている多田将博士が、J-PARCの進めている科学研究の魅力について語ります。

ゲストトーク
「アインシュタインと宇宙を旅する ~宇宙飛行士は宇宙で年を取らない~」
ミュンヘン工科大学教授(元ドイツ人宇宙飛行士) ウルリッヒ・ウォルター博士

J-PARC研究者によるトーク
「陽子を加速して宇宙の謎に迫れ!」
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 助教 多田将



日 時: 2014年7月12日(土) 14:00~16:00
会 場: つくば国際会議場 中ホール300 (3階)
定 員: 250名(先着)
参加お申込み: J-PARCシンポジウムのページをご覧ください
主 催: J-PARCセンター


※J-PARCセンターは、高エネルギー加速器研究機構と日本原子力研究開発機構が共同で運営する組織です。

第50回KEKコンサート「夜空のコンサート -ジャズのまち新潟から-」開催のお知らせ

2014年5月23日

KEKでは、職員や来訪研究者への文化福祉活動の一つとして、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きしてKEKコンサートを開催し、平成15年度からは地域の方々との交流促進のためこれを入場無料で公開しております。

50回目となる今回は、仁多見悦子さん(ボーカル)、経麻朗さん(ギター)、細木久美さん(ピアノ)による「夜空のコンサート -ジャズのまち新潟から-」と題したコンサートで、B.ハワード「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」、O.ハマースタイン2世、R.ロジャース「私の好きなもの」、M.パリッシュ、H.カーマイケル「スターダスト」、J.プレヴェール、J.コズマ「枯葉」、B.ストレイホーン「A列車で行こう」などの演奏を楽しんでいただきます。

日 時 : 2014年6月4日(水) 18:00 開演(17:30 開場)
会 場 : 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料 : 無料

※注意事項
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお越しください。

<お問い合わせ>
総務課総務係 tel. 029-864-5114
KEKコンサートHP

総研大 大学院説明会開催

2014年5月19

平成26(2014)年度総研大・高エネルギー加速器科学研究科 大学院説明会を東京およびつくばにて開催いたします。高エネルギー加速器科学研究科・研究科内3専攻の案内や各専攻で取り組まれている研究内容の紹介等を行います。 高エネルギー加速器科学研究科では、KEKで行われている研究活動を基礎として全専攻が緊密に協力し合い、幅広い分野の大学院教育を展開しています。興味がある方は、ぜひお気軽にお越しください。

日時 2014年6月21 日(土) 13:00-16:30
会場 日本教育会館9階第五会議室(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)

日時 2014年7月8 日(火) 10:00-17:00
会場 KEKつくばキャンパス(茨城県つくば市大穂1-1)
備考 施設見学有/旅費支援有

総研大 大学院説明会

高校生のための素粒子サイエンスキャンプ Belle Plus(ベル・プリュス)開催のお知らせ

2014年5月15日

8月6日(水)~9日(土)の4日間、素粒子サイエンスキャンプ「Belle Plus(ベルプリュス)」を開催します。 Belle PlusはBelle実験で行われている最先端の研究活動を高校生の皆さんに体験してもらうことを目的として実施しており、本年で8回目の開催となります。研究者と一緒に研究活動を体験しながら、研究する楽しさを分かち合いませんか?

平成26年度 素粒子サイエンスキャンプ Belle Plus(ベルプリュス)

日程: 8月6日(水)~9日(土)
会場: 高エネルギー加速器研究機構(つくばキャンパス)
対象: 高校生
定員: 20名程度(応募多数の場合は選考)
参加費: 無料(宿泊費及び交通費補助、食費は別途必要)
参加申込方法: Belle Plus HPの参加申込みページにある「開催の詳細について」を熟読の上「参加申込書」に必要事項を記入し郵送にて申込を行ってください。
※宛先の詳細は参加申込みページをご覧ください(参加申込書の送付先が開催地と異なりますのでご注意ください)
参加申込締切: 6月16日(月) 必着 ※参加可否は7月上旬に通知します


詳しくはBelle Plus HPをご覧ください。

KEK・多摩六都科学館 協力協定調印記念イベント開催のお知らせ

- 宇宙の謎に挑む素粒子物理学 宇宙を見つめる人間、その科学の目 -

2014年4月24日

KEKと多摩六都科学館(東京都西東京市)の協力協定が調印されたことを記念して、トークイベントを開催いたします。皆さまのご参加をお待ちしております。

第1部 ロクトサイエンスレクチャー
「宇宙にはルールブックが存在する! ~実験と観察でどこまで宇宙の始まりに迫れるか?~」
講師:
羽澄 昌史氏(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 教授)

第2部 スペシャル対談
「宇宙を見つめる人間、その科学の目」
対談:
鈴木 厚人氏
(高エネルギー加速器研究機構 機構長)
髙柳 雄一氏(多摩六都科学館 館長)

開催日: 2014年6月8日(日)16:00~17:40
会 場 多摩六都科学館(東京都西東京市芝久保町5-10-64)サイエンスエッグ(プラネタリウム)
対 象 小学5年生以上
定 員 200名
参加費 無料(別途入館料500円必要。高校生以下は入館料も無料)
参加お申込み 下記イベントHPよりお申し込みください(5/26(月)締切)
イベントHP https://www.tamarokuto.or.jp/event/index.html?c=event&info=442&day=2014-06-08

KEK公開講座開催のお知らせ

2014年4月18日

KEK公開講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について一般の方に広く紹介し、興味や関心を持っていただくことを目的に年2回実施しているものです。今年度のKEK公開講座を以下の通り開催いたします。

テーマ:
「陽電子科学の最前線」

講座タイトル:
「反物質で迫る素粒子の世界」
  浅井 祥仁 (東京大学 大学院理学系研究科 教授)
「陽電子-身近で役に立つ反粒子 ~がんの診断から物質最表面の原子配置決定まで~」
  兵頭 俊夫 (高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 特定教授)



日 時 : 2014年6月7日(土) 13:30~16:00
会 場 : 高エネルギー加速器研究機構(KEK)研究本館 小林ホール
対 象 : 中学生以上
定 員 : 170名(申込み多数の場合は抽選)
参加費 : 無料
お申込み方法 : 公開講座のページよりお申込みください。
問合せ先 : 総務部企画課企画係 TEL:029-864-5113


公開講座HP

第8回 サマーチャレンジ開催のお知らせ

2014年4月11日

高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、「第8回 大学生のための素粒子・原子核、物質・生命スクール サマーチャレンジ」を開催します。サマーチャレンジは主に大学3年生を対象として実施する研究体験型のイベントで、今年で8回目を迎えます。研究最前線で活躍する研究者から直接指導を受けながら実験や解析を行い、最終日には全員が研究成果発表をするという研究の一連の流れを体験することができます。期間中、小林誠KEK特別栄誉教授による特別講演をはじめとする各分野の専門家達による充実した講義も行われます。



日時 : 素粒子・原子核コース  8月19日(火)-27日(水)
物質・生命コース    8月21日(木)-27日(水)
会場 : 高エネルギー加速器研究機構(つくばキャンパス)
対象 : 主に大学3年生
定員 : 75名程度(素粒子・原子核コース:50名、物質・生命コース:25名の予定)
※参加申込みに記入された課題への回答等をもとに選考を行います。
参加費 : 無料 (旅費、宿泊費などは支給予定)
申込み方法 : サマーチャレンジHPの参加申込要領を熟読の上、参加申込みページから申込みを行ってください。
申込み締め切り : 5月14日(水)


詳しくは
サマーチャレンジHPをご覧ください

第55回科学技術週間 KEK施設公開 開催のお知らせ

2014年4月9日

科学技術週間(平成26年4月14日(月)~4月20日(日)は、科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として開催されるもので、全国の各機関では、おもにこの期間に各種科学技術に関するイベントなどを実施しています。
KEKでは「『宇宙・物質・生命』の謎に迫る」と題し、以下のとおり施設公開を行います。

第55回科学技術週間 KEK施設公開

◆実験施設見学ツアー
日時:平成26年4月18日(金)および20日(日)
場所:Bファクトリー実験施設・フォトンファクトリー

◆常設展示ホール
日時:平成26年4月14日(月)~20日(日)9:30~16:30
場所:KEK国際交流センター内(入口案内図)」
「KEKコミュニケーションプラザ」「ギャラリー~KEK 過去から未来へ~」

◆交通アクセス
>KEKまでの交通案内(駐車場:無料)
18日及び20日の施設公開日はTXつくば駅から無料循環バスをご利用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

講演「女性の理系進学 -家庭・学校・社会のあり方-」開催のお知らせ

2014年3月7日

本講演会では、学生、教員および、広く理系教育関係者や、理系進学の希望をもつお子様をもつ保護者の方を対象として、東京大学理学系研究科教授で、理学系研究科男女共同参画委員長の佐藤薫先生に主に大学入学以降の女性の教育とキャリア形成上の課題についてお話いただきます。
また、米国スタンフォード大学のHelen Quinn名誉教授に、米国科学アカデミーによってまとめられた、 高校までの科学教育の改革の試みについてうかがいます。

女性の理系進学 ‐ 家庭・学校・社会のあり方 ‐ ~ 日本の大学の今とアメリカの科学教育から考える ~



日時:  2014年4月8日(火)15:00~17:00
場所:  小柴ホール 東京大学本郷キャンパス 理学部一号館2階
 東京都文京区本郷7-3-1 
対象:  研究者・大学生・大学院生・女子中高生の保護者をはじめとする一般の皆様
 (どなた様の来聴も歓迎します)
定員:  150名(先着順:定員に達した時点で申込を締め切ります)
参加費:  無料
受付期間:  4月4日12:00まで申込専用メールフォームから受付
主催:  高エネルギー加速器研究機構 男女共同参画推進室


講演会ホームページ

第49回KEKコンサート「谷辺昌央 ギターリサイタル」開催のお知らせ

2014年1月9日

KEKでは、職員や来訪研究者への文化福祉活動の一つとして、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きしてKEKコンサートを開催し、平成15年度からは地域の方々との交流促進のためこれを入場無料で公開しております。

49回目となる今回は、谷辺昌央さん(ギター)による「谷辺昌央 ギターリサイタル」と題したコンサートで、F. ミニョーネ「街角のワルツ第8番(谷辺 昌央編)」、A. バリオス・マンゴレ「フリア・フロリダ / ワルツOp.8第4番」、F.ヴェルトミュラー「ソナタ A-dur Op.17より第1楽章」、A. ピアソラ「5つの小品」、G. モンターニャ「コロンビア組曲第2番」、A. ユパンキ「別れの調べ 、南十字星、他」などの演奏を楽しんでいただきます。

日 時:2014年1月21日(火) 18:00 開演 (17:30 開場)
会 場:高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料:無料

※注意事項
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお越しください。

<お問い合わせ>
総務課総務係 tel. 029-864-5114
KEKコンサートHP

「物理で美味しく チョコレイト・サイエンス」開催のお知らせ

2014年1月7

美味しいチョコとマズいチョコの違いってナニ?最近の研究で、チョコの口どけや食感の違いが分子レベルの構造によって変わることが分かってきました。チョコレイト・サイエンスでは、「美味しさ」を物理的に検証し、構造の異なるチョコを作り分けます。分子レベルで作り分けるクッキング、あなたも参加してみませんか?

※定員に達しましたので申込みを締め切りました。

日時: 2014年1月25日(土) 14:30~17:00
場所 カフェ・ベルガ 茨城県つくば市竹園1-10-1
定員 20名(先着順)
対象 中学生以上
参加費 無料
イベントHP http://www2.kek.jp/imss/news/2014/topics/chocosci/

「SATつくばテクノロジー・ショーケース2014」開催のお知らせ

2014年1月6日

SATテクノロジー・ショーケースは、つくばの研究者・企業・行政の横断的個別交流を促進し、研究者同士の新たな出会いとひらめきの場を提供することを目的とした大会で、KEKも開催に協力しています。
今年の特別講演では、鈴木厚人KEK機構長が「加速器が拓いた宇宙・物質像」をテーマに、加速器を用いて推進される素粒子分野の最近の研究動向と将来についての解説を行います。続くミニシンポジウムでは、横谷馨KEK名誉教授による「ILC加速器開発とその波及効果」と題する講演を実施します。

SATテクノロジー・ショーケース2014
「世界トップ」発信&交流による知の触発inつくば~

日 時 : 2014年1月24日(金)
会 場 : つくば国際会議場
参加費 : 入場料無料、懇親会(一般)2,000円
主 催 : つくばサイエンス・アカデミー((財)茨城県科学技術振興財団)
実行委員会協力機関 : 高エネルギー加速器研究機構

詳細は、SATつくばテクノロジー・ショーケース2014のウェブサイトをご覧ください。


また、前日の1月23日(木)には、SATサイエンスウィークとして、関連シンポジウムが開催されます。

先端加速器科学技術推進シンポジウム
『先端加速器から始まるイノベーションとノーベル賞』

日 時 : 2014年1月23日(木) 13:30-16:00(13:00開場)
場 所 : つくば国際会議場(エポカル)3階中ホール300
主 催 : 高エネルギー加速器研究機構、先端加速器科学技術推進協議会(AAA)
入 場 : 無料/定員200名(事前の申込みが必要です。定員になり次第締切ります。)
参加申込 : ウェブサイトよりお申し込みください。

詳細は、先端加速器科学技術推進協議会のウェブサイトをご覧ください。

理系女子キャンプ 開催のお知らせ

2013年12月2日

KEKでは、男女共同参画推進室と日仏事業Toshiko Yuasa Laboratory(TYL)の協力により、毎年理系分野を目指す女子高校生を対象に、「理系女子キャンプ」を開催しています。本キャンプは、理系女子という進路について考えるとともに、KEKの施設見学などを通じてビッグサイエンスの現場を体験し、そこで活躍する女性研究者・エンジニア等とも交流してもらおうという企画です。

日 程 : 平成26年4月3日(木)~4日(金)
場 所 : 高エネルギー加速器研究機構(KEK)茨城県つくば市大穂1-1 ※現地集合・解散
対 象 : 高等学校または高等専門学校の1~3学年に在学中の女子生徒
定 員 : 30名程度
参加費 : 無料(食事・宿泊施設を用意、交通費の補助あり) ※実施要項をよくお読みください。
お申込み: 理系女子キャンプのウェブサイトをご覧ください。

※募集期限を過ぎたため、応募を締め切らせていただきました。
多数のご応募ありがとうございました。1月15日受付分を持ちまして、応募を締め切らせていただきましたのでご了承ください。(1月16日更新)

TYLスクール 理系女子キャンプ

※Toshiko Yuasa Laboratory(TYL):KEK、フランス原子核素粒子研究所(IN2P3/CNRS)、フランス宇宙基礎科学研究所(IRFU/CEA)の3機関が共同で設立した仮想ラボ(Virtual Laboratory)。

うるの氏トークショーとクォーク・カード・ディーラー開催のご案内

2013年11月15日

計算基礎科学連携拠点(JICFuS・ジクファス)は12月1日に日本科学技術振興財団・科学技術館(千代田区北の丸公園2-1)にて、量子色力学カードゲーム『クォーク・カード・ディーラー(QCD)』と、うるの拓也氏トークショーを開催します。

JICFuSは素粒子・原子核・宇宙の謎をスーパーコンピュータによる大型シミレーションで研究する全国的な拠点で、KEKは構成機関の一つです。JICFuSが開発したクォーク・カード・ディーラーで目に見えない素粒子クォークの性質を遊びながら学びましょう。イベントにはKEKの研究者も参加します。研究者と一緒にクォークから粒子を作り出そう!

うるの拓也氏はKEKが監修するカソクキッズの作者であり、『クォーク・カード・ディーラー(QCD)』のキャラクターデザインも手がけています。大人でもむずかしい...と言いたくなる素粒子をマンガやゲームで伝える努力や、そもそも始めるきっかけは?といった製作秘話などをうかがいます。

クォークカードゲーム体験会 ―遊んで集めてレアカードを持って帰ろう―

日時: 2013年12月1日(日)午前の部10:00~12:00 午後の部14:30~16:00
上記時間内であればいつでも参加いただけます。
場所: 科学技術館 4階D室イベントホール
対象: 小学校1年生以上(大人のみも可)
参加費: 無料(別途科学技術館への入館料が必要となります)

うるの拓也氏トークショー「ムズカシイ素粒子をマンガ、ゲームで楽しく伝えるには?」

日時: 2013年12月1日(日)13:00~14:30
場所: 科学技術館 4階D室イベントホール
対象: 小学校1年生以上
参加費: 無料(別途科学技術館への入館料が必要となります)

主催:公益財団法人 日本科学技術振興財団・科学技術館
共催:計算基礎科学連携拠点

KEK公開講座開催のお知らせ

2013年11月15日

KEK公開講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について一般の方に広く紹介し、興味や関心を持っていただくことを目的に年2回実施しているものです。今年度のKEK公開講座を以下の通り開催いたします。

テーマ:
「ニュートリノ~素粒子で宇宙誕生の謎解き」

講座タイトル:
「ニュートリノと宇宙の謎」
  北野 龍一郎 (高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 教授)
「大強度陽子加速器を用いた実験で発見された新しいニュートリノ振動」
  中平 武 (高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 准教授)



日時: 2013年12月21日(土) 13:30~16:00
会場: 高エネルギー加速器研究機構(KEK)研究本館 小林ホール
対象: 中学生以上
定員: 170名(申込み多数の場合は抽選)
参加費: 無料
お申込み方法: 公開講座のページ内申込用フォームよりお申込みください。
問合せ先: 総務部企画課企画係 TEL:029-864-5113


公開講座

第48回KEKコンサート「Bouquet di Musica -音楽の花束-」開催のお知らせ

2013年11月15日

KEKでは、職員や来訪研究者への文化福祉活動の一つとして、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きしてKEKコンサートを開催し、平成15年度からは地域の方々との交流促進のためこれを入場無料で公開しております。

48回目となる今回は、浜田久実さん(ハープ)と段田尚子さん(フルート)による「Bouquet di Musica - 音楽の花束 -」と題したコンサートで、J.S.バッハ「フルートとチェンバロのためのソナタ ト短調 BWV1020」、チャイコフスキー「くるみ割り人形より花のワルツ、ほか」、スパーク「清らかなひかり」、ヴェルディ/ジュナン編「オペラ-椿姫-による幻想曲」、クリスマス音楽などの演奏を楽しんでいただきます。

日 時: 2013年12月11日(水) 18:00 開演(17:30 開場)
会 場: 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料: 無料


※注意事項
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお越しください。

<お問い合わせ>
総務課総務係 tel. 029-864-5114
KEKコンサートHP

「大学共同利用機関シンポジウム2013」開催のお知らせ

2013年11月6日

大学共同利用機関協議会は、KEKを含む、全国の大学共同利用機関が日々行っている最先端の研究をより多くの皆様に知って頂き、ご理解とご支援をいただくための取り組みの一環として、「大学共同利用機関シンポジウム2013」を開催致します。

KEKからは「ニュートリノ振動実験-この世で最も小さな粒子を探る、この世で最も大きな実験-」と題して素粒子原子核研究所 多田 将助教が講演。また、展示ブースでは実験装置の一部展示やポスター、映像を用いて研究内容をご紹介します。

大学共同利用機関シンポジウム2013
「万物は流転する -因果と時間-」

日時: 2013年11月16日(土) 12:00~17:00
場所: 東京国際フォーラム ホールB7
入場料: 無料(予約不要)


大学共同利用機関シンポジウム2013
大学共同利用機関とは

小林・益川両博士、ノーベル賞受賞5周年記念イベント開催のお知らせ

2013年10月23日

2013 年は、小林・益川両博士が「小林・益川理論」を提唱してから40年、2008年ノーベル賞受賞から5周年という節目の年です。これらを記念し、平成26年 3月に開館20周年を迎える多摩六都科学館にて、素粒子物理学の過去、現在、未来について講演やディスカッションを行う記念イベントを開催いたします。この記念イベントでは、2008年にノーベル物理学賞を受賞した小林誠博士と益川敏英博士が3年ぶりに顔を揃え、素粒子物理学のこれまで、最新の研究課題を、科学の未来を担う次世代に向けて語ります。

小林・益川両博士、ノーベル賞受賞5周年記念イベント
「宇宙の謎に挑む素粒子物理学 ~どうして現在の宇宙は生まれたか ~」

主なプログラム:
●小林誠博士による特別講演
「CP対称性の破れ―6クォーク模型の提唱とその実験的検証―」
●講演
「BelleⅡ実験~パワーアップした加速器"SuperKEKB"で新しい物理法則の発見にチャレンジ!~」
  中山 浩幸(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 助教)
「ニュートリノ振動実験T2K~ニュートリノで宇宙誕生の謎に迫る~」
  坂下 健(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 助教)
●パネル討論
「1973年から2013年まで、そしてこれから」
益川敏英博士が講師陣に加わりパネル討論を行います。

日 時: 2013年11月30日(土) 14:00~17:00
会 場: 多摩六都科学館 サイエンスエッグ(東京都西東京市芝久保5-10-64)
対 象: 小学4年生以上
定 員: 事前申込み280名(うち100名は同時中継会場へのご案内となります。)
※応募者多数の場合抽選。当日申込はありません。
参加費: 無料
※ただし、別途入館料が必要となります。(大人500円、高校生までは200円)
申込方法: 多摩六都科学館のホームページからWEB申込、又は、はがき、多摩六都科学館内申込書にて。
問合せ先: 多摩六都科学館 TEL:042-469-6100
高エネルギー加速器研究機構  

第47回KEKコンサート「西川浩平 和笛コンサート」開催のお知らせ

2013年10月10日

KEKでは、職員や来訪研究者への文化福祉活動の一つとして、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きしてKEKコンサートを開催し、平成15年度からは地域の方々との交流促進のためこれを入場無料で公開しております。

47回目となる今回は、「西川浩平 和笛コンサート-東洋からの風・西洋からの波-」と題して、横笛奏者の西川浩平さんと、ピアニストの奈良英子さんをお招きして開催するもので、「祭りだ・わっしょい」、日本歌曲「五木の子守唄、浜辺の歌」、シューベルト「即興曲」、シューマン「蝶々」、林光「ソナタ」、他の演奏を西川さんの説明も交えながら楽しんでいただきます。

日 時: 2013年10月21日(月) 18:00 開演(17:30 開場)
会 場: 高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料: 無料


※注意事項
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお越しください。

<お問い合わせ>
総務課総務係
TEL:029-864-5114

KEKコンサートHP

「サイエンスの美」展 開催のお知らせ

2013年10月10日

加速器の写真や研究データをアクリルパネルに加工して展示した「サイエンスの美」展を、10月7日より開催しています。レイアウトされた画像にじっくり向き合うと、サイエンスの美しさを改めて発見できます。また、10月18日には特別イベントとしてKEK素粒子原子核研究所 助教の多田将氏によるサイエンスカフェも開催。皆さまのお越しをお待ちしております。

「サイエンスの美」展

日時 2013年10月7日(月)~10月18日(金)11:00~18:00(日曜・祝日休み)
場所: ギャラリーカフェ ART FOR THOUGHT
(東京都中央区銀座8-10-4和考銀座8丁目ビル1階)
特別イベント: サイエンスカフェ
日時: 10月18日(金) 19:00~20:00(開場18:30)
スピーカー: KEK素粒子原子核研究所 助教 多田将

レクチャー&コンサート「科学と音楽の響宴2013」開催

2013年9月25日

研究者による講演と、プロの音楽家によるコンサートを組み合わせたイベント「レクチャー&コンサート 科学と音楽の響宴2013」を開催いたします。

第1部の講演では、宇宙に大量にあるとされる「暗黒物質」とは何かについて、最先端の素粒子理論物理学者のひとりである高エネルギー加速器研究機構の野尻美保子教授がお話します。
第2部のコンサートでは、日本を代表する音楽家であるチェリスト岩崎洸、ピアニスト岩崎淑両氏による絶妙のデュオ演奏をお楽しみ下さい。(カサド、ベートーヴェン、ブルッフ、フォーレ、ドビュッシー、ショパン)

日時: 2013年11月10日(日) 13:30開場/14:00開演
会場: つくばノバホール(つくば市吾妻1丁目)
対象: 小学生以上(未就学児の入場はご遠慮ください)

※入場には事前のお申し込みが必要です(先着順とさせていただきます)。詳細は下記WEBサイトにてご確認ください。

レクチャー&コンサート 科学と音楽の響宴

ILC計画 国際シンポジウム「宇宙の謎に迫れるか!」開催

2013年9月24日

10月15日(火)、東京大学伊藤国際学術研究センター(文京区本郷)で、ILC国際シンポジウム「宇宙の謎に迫れるか!」を開催致します。
コーディネーターにジャーナリストの池上彰さん、基調講演に村山 斉さん(東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 機構長)、大宮 英明さん(日本経済団体連合会 副会長、三菱重工業株式会社 取締役会長)をお迎えするなど、様々な視点から国際リニアコライダー計画に迫ります。参加費は無料。事前のお申込が必要です(参加者多数の場合には抽選になります)。

日時: 平成25年10月15日(火) 午後3時30分〜(午後3時開場)
会場: 東京大学 伊藤国際学術研究センター 地下2階
(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 アクセス)
主催: リニアコライダー・コラボレーション(LCC)
東京大学素粒子物理国際研究センター(ICEPP)
先端加速器科学技術推進協議会(AAA)
後援: 高エネルギー加速器研究機構(KEK)
定員: 300名(申込多数の場合は抽選)
参加費: 無料
お申込み方法: 申込みフォームからお申込み下さい
お申込み締切: 平成25年9月30日(月) 12:00必着


詳しくはAAAのページをご覧ください。

第46回KEKコンサート「ヴァイオリンとピアノのデュオコンサート」開催のお知らせ

2013年9月3日

KEKでは、職員や来訪研究者への文化福祉活動の一つとして、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きしてKEKコンサートを開催し、平成15年度からは地域の方々との交流促進のためこれを入場無料で公開しております。

46 回目となる今回は、藤代優意さん(ヴァイオリン)と三浦有香さん(ピアノ)によるデュオコンサートで、ベートーヴェンやフランクのヴァイオリンとピアノの 為のソナタをはじめとして、ショパン、ルトスワフスキ、チャイコフスキー、サラサーテ、他の演奏を楽しんでいただきます。

日 時:2013年9月12日(木)18:00 開演(17:30開場)
場 所:高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料:無料

※注意事項
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお越しください。

<お問い合わせ>
総務課総務係 tel. 029-864-5114
KEKコンサートHP

KEK一般公開2013 開催のお知らせ

2013年8月2日

KEKでは下記の日程でつくばキャンパスの一般公開を開催します。

普段は公開されていない実験装置・施設の見学や、著名な研究者による講演、おもしろ物理教室など、楽しい企画をご用意しています。加速器科学の最先端の様子をぜひご覧ください。

日時:平成25年9月8日(日)9:00~16:30
場所:高エネルギー加速器研究機構 つくばキャンパス
入場料:無料

詳細はKEK一般公開2013のページをご覧ください。

七夕講演会「昔むかしの宇宙のお話」 開催のお知らせ

2013年7月1日

宇宙のはじまりを知りたい!そんな気持ちを持って研究をしている二人の研究者が宇宙についてお話します。

講演概要:
「とっても小さかった!生まれたての宇宙」
郡 和範(こおり かずのり)
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所
研究機関講師・総合研究大学院大学 講師(兼任)

「宇宙のはじまりを見るにはどうするの??」
松村 知岳(まつむら ともたけ)
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 助教

司会/進行:
小森 真里奈(こもり まりな)
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 広報コーディネーター

日程: 7月7日(日) 13:30~15:30
会場: つくばエキスポセンター 創造の森"ワンダーラボ"(2階展示場)
対象: 主に小中学生(※高校生や大人の方もご参加いただけます)
定員: 30名
※事前申込みの定員は30名ですが、30名以上でも当日参加が可能です。
※事前申込みいただいた方にはカソクキッズ第1巻、KEKグッズなどプレゼント。
※参加者多数の場合は立ち見いただく場合がございます。
参加費: 無料 (エキスポセンターへの入館料は別途かかります)
申込み方法: つくばエキスポセンターのHPよりお申込み下さい
申込み締切: 7月6日(土)※ただし、定員になり次第事前申込みを閉め切ります


詳しくは下記HPをご覧ください

つくばエキスポセンター詳細ページ
全国七夕講演会HP

高校生のための素粒子サイエンスキャンプ Belle Plus(ベル・プリュス)開催のお知らせ

2013年5月8日

8月11日(日)~14日(水)の4日間、素粒子サイエンスキャンプ「Belle Plus(ベルプリュス)」を開催します。 Belle PlusはBelle実験で行われている最先端の研究活動を高校生の皆さんに体験してもらうことを目的として実施しており、本年で7回目の開催となります。研究者と一緒に研究活動を体験しながら、研究する楽しさを分かち合いませんか?

平成25年度 素粒子サイエンスキャンプ Belle Plus(ベルプリュス)

日程:  8月11日(日)~14日(水)
会場:  高エネルギー加速器研究機構(つくばキャンパス)
対象:  高校生
定員:  20名程度(応募多数の場合は選考)
参加費:  無料(宿泊費及び交通費補助、食費は別途必要)
参加申込方法:  Belle Plus HPの参加申込みページにある
 「開催の詳細について」を熟読の上
 「参加申込書」に必要事項を記入し
 郵送にて申込を行ってください。
 ※宛先の詳細は参加申込みページをご覧ください
 (参加申込書の送付先が開催地と異なりますのでご注意ください)
参加申込締切:  6月3日(月) 必着
 ※参加可否は6月中旬に通知します


詳しくはBelle Plus HPをご覧ください。

第7回 サマーチャレンジ開催のお知らせ

2013年4月12日

高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、8月16日から24日までの8泊9日の日程で「第7回 大学生のための素粒子・原子核、物質・生命スクール サマーチャレンジ」を開催します。サマーチャレンジは主に大学3年生を対象として実施する研究体験型のイベントで、今年で7回目を迎えます。研究最前線で活躍する研究者から直接指導を受けながら実験や解析を9日間にわたって行い、最終日には全員が研究成果発表をするという研究の一連の流れを体験することができます。期間中、小林誠KEK特別栄誉教授による特別講演をはじめとする各分野の専門家達による充実した講義も行われます。



日時 :8月16日(金)~24日(土) 
会場 :高エネルギー加速器研究機構(つくばキャンパス)
対象 :主に大学3年生
定員 :90名程度(素粒子・原子核コース:60名、物質・生命コース:30名の予定)
 ※参加申込みに記入された課題への回答等をもとに選考を行います。
参加費 :無料 (旅費、宿泊費、食費等は支給予定)
申込み方法 サマーチャレンジHPの参加申込要領を熟読の上、参加申込みページに進み
 ウェブ入力にて参加申込みを行ってください。
申込み締め切り :5月16日(木)


詳しくはサマーチャレンジHPをご覧ください

第45回KEKコンサート「ピタゴラスに始まるピアノ発達の歴史とピアノ調律の魔法」開催のお知らせ

2013年4月11日

KEKでは、職員や来訪研究者への文化福祉活動の一つとして、内外で活躍されているプロの演奏家をお招きしてKEKコンサートを開催し、平成15年度からは地域の方々との交流促進のためこれを入場無料で公開しております。

45回目となる今回は、ピアノ2台を使って平均律調律と古典調律の違い・調律の技術や歴史などについて戸塚亮一さん・加藤正人さんに話していただき、末永匡さんによるスカルラッティ―・ベートーヴェン・ドビュッシー他の演奏で違いを実感していただきます。

日 時:2013年5月10日(金) 18:00開演(17:30開場)
場 所:高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール
入場料:無料

※注意事項
・座席には限りがありますので、入場者多数の際の座席確保は先着順となります。
・機構外から参加の方は、必ず正門入口左のインフォメーションセンターにて外来者受付の上、コンサート会場までお越しください。

<お問い合わせ>
総務課総務係 tel. 029-864-5114
KEKコンサートHP

アジアサイエンスキャンプ2013 参加者募集のお知らせ

2013年4月8日

アジアサイエンスキャンプノーベル賞学者や世界のトップレベルの研究者による講演、講演者がリードするディスカッションセッションなどにより、アジアからの参加生徒が直接科学の面白さを体験し、また参加者同士の交流を深める場です。

第7回となる2013年のアジアサイエンスキャンプ(ASC 2013)は、独立行政法人科学技術振興機構(JST)と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)の共催で、今年8月に日本(茨城県つくば市)で開催されます。アジアの20の国・地域から200人の高校生・大学生が参加する予定です。

開催期間  :2013年8月25日(日)~30日(金)
開催地  :つくば国際会議場ほか(茨城県つくば市)
募集期間  :2013年4月1日(月)~5月15日(水)必着
対象  :高校2年生~大学2年生
定員  :30名程度
参加費  :無料(参加者の旅費、滞在費は主催者が負担します)
使用言語  :英語

アジアサイエンスキャンプ参加者募集ページ
ポスター(pdf)

KEK橋本省二氏によるヒッグス粒子に関する講演会開催のお知らせ

2013年3月11日

素粒子物理学最大の謎、質量の起源を探るカギとなる「ヒッグス粒子」と見られる新たな粒子が、昨年夏に発見されました。ヒッグス粒子とは何か、そして質量とは何か。KEKの橋本省二氏が、ゆるーく解説します。
本イベントは、事情により中止となった2012年11月11日(日)サイエンスアゴラ2012開催予定の講演会を再設定したものです。

日時:2013年3月23日(土)18:30~20:00
場所:埼玉県男女共同参画推進センター 視聴覚セミナー室(さいたま市中央区新都心2-2)
講師:橋本省二(KEK素粒子原子核研究所教授)
定員:70名
参加:無料/事前申込み不要
主催:計算基礎科学連携拠点 代表機関 筑波大学計算科学研究センター
共催:高エネルギー加速器研究機構

講演会詳細
講演会チラシ

第14回 高エネ研 メカ・ワークショップ 開催のお知らせ

2013年3月6日

加速器装置開発に関連する機械工学を中心としたワークショップを開催します。KEK内外の9名の講師によるの口頭発表とポスターセッションの他、機械工学センターの教職員が取組んでいるプロジェクトもご紹介します。設計・解析、加工、計測等、関係する幅広い分野の研究者・技術者にご参集いただき、交流と最新技術情報の交換の場を提供したいと考えております。皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 : 平成25年4月12日(金) 午前9:30~午後4:30
会 場 : KEKつくばキャンパス 3号館1階 セミナーホール
オーガナイズド・セッション 「計測・測定」
基調講演 : 「多点法による誤差分離手法と不確かさ推定」
講 師 : 高増 潔 氏(東京大学)
主 催 : 高エネルギー加速器研究機構 機械工学センター
※事前申込みは不要です。参加ご希望の方は、当日会場にお越しください。

お問い合わせ : 機械工学センター事務室(担当:須藤)
TEL:029-864-5767  FAX:029-864-5590  E-mail:mec_info@ml.post.kek.jp

機構工学センター HP

EDIT2013 開催のお知らせ

講演のストリーミング配信も実施

2013年3月1日

KEKでは2013年3月12日(火)~3月22日(金)、EDIT2013(International School Excellence in Detectors and Instrumentation Technologies 2013)を開催いたします。

EDITは大学院生やポスドク研究員など将来の高エネルギー物理学を担う国内外の若手研究者を対象に、実験遂行上必要となる検出器開発の基本理解及び技術の取得を目指し行われる国際的スクールです。2011年には欧州原子核研究機構(CERN)、2012年にはフェルミ国立加速器研究所(FNAL)と、世界各地の高エネルギー物理学拠点で開催されており、3回目にあたる今年は、アジア地区の拠点としてKEKで開催されることとなりました。

期間中は国内外の研究者によるレクチャー(リンク先黄緑色の項目)が実施されます。レクチャー内容はUstream配信いたしますので是非ご覧下さい。(17日を除く)

Ustream配信 URL
http://www.ustream.tv/channel/edit2013

EDIT 2013 HP

第54回科学技術週間 KEK施設公開 開催のお知らせ

2013年2月22日

「科学技術週間」(平成25年4月15日(月)~4月21日(日))は、科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として開催されるもので、全国の各機関では、おもにこの期間に各種科学技術に関するイベントなどを実施しています。
KEKでは「『宇宙・物質・生命』の謎に迫る」と題し、以下のとおり施設公開を行います。

第54回科学技術週間 KEK施設公開

◆実験施設見学ツアー
日時:平成25年4月19日(金)及び21日(日)
場所:Bファクトリー実験施設・フォトンファクトリー

◆常設展示ホール
日時:平成25年4月15日(月)~21日(日) 9:30~16:30
場所:KEK国際交流センター内(入口案内図)」
「KEKコミュニケーションプラザ」「ギャラリー~KEK 過去から未来へ~」

詳しくはこちらをご覧ください。

第2回 西川シンポジウム開催のお知らせ

2013年2月14日

旧高エネルギー物理学研究所を創設し、加速器科学の振興に尽力された元所長、西川哲治氏を記念して、未来を担う大学生・大学院生の方を対象に、加速器を基盤にした科学研究の最先端を紹介するための講演会を行います。
今回は、特に参加される学生の皆さんと世代の近い若手研究者に、自らの体験を交えて物質科学への夢を語って頂きます。

日時 : 2013年3月13日(水) 13:00~
会場 : つくば国際会議場(エポカルつくば)
対象 : 大学理系学部学生、大学院修士程度
参加お申込み : 西川シンポジウムHPのお申込みフォームよりお手続きください

西川シンポジウム

つくば先端機器共用施設連携ワークショップ2013 開催のお知らせ

2013年2月14日

KEKをはじめ、つくば市の研究所・大学が中核となっている世界的なナノテクノロジー研究拠点、つくばイノベーションアリーナ(TIA-nano)では、このたび連携ワークショップを開催いたします。『「つくば」の先端機器を使ってみませんか?~オープンイノベーション拠点における共用施設の役割~』をテーマに、幅広い分野の皆様と意見交換を行います。

日 時 : 2013年3月22日(金)13:30~19:30(連携ワークショップ/意見交換会)
会 場 : 東京ステーションコンファレンス5階
  東京都千代田区丸の内一丁目7番12号 サピアタワー内
参加費 : 連携ワークショップ:無料/意見交換会:4,000円
参加登録 : 事前登録が必要です。TIA-nanoのHPよりお申し込みください。(受付締切日:2013年3月19日正午)
お問い合わせ : つくば先端機器共用施設連携ワークショップ運営事務局
  TEL:029-862-6123 / E-mail:open-facility@tia-nano.jp

漫遊いばらきスタンプラリー2013 開催のお知らせ

2013年2月13日

茨城の観光スポットをめぐる「漫遊いばらきスタンプラリー」が今年も開催されます。
スタンプラリー完走者に抽選でプレゼントが当たったり、スタンプラリー冊子に各施設のクーポン券が付いていたりと特典がいっぱい。
KEKも対象施設となっておりますので、この機会にぜひ見学にお越しください。

漫遊いばらきスタンプラリー2013

期間:平成25年2月16日(土)~11月30日(日)
対象施設:KEKコミュニケーションプラザ

参考:漫遊いばらき2012