KEK公開講座「宇宙のはじまりを観測するすごい実験」開催のお知らせ

2017年11月02日 お知らせ

今年2回目のKEK公開講座「宇宙のはじまりを観測するすごい実験」を12月9日(土)、KEKつくばキャンパスで開催します。 この講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について一般の方に広く紹介し、興味や関心を持っていただくことを目的に年2回実施しているものです。

講義1「宇宙のはじまりを見る」

講師 長谷川 雅也 研究機関講師(KEK素粒子原子核研究所) 
「宇宙がどの様に誕生し進化したのか」という謎は有史以来人類に課せられた最大の謎と言えます。この謎を解き明かす最良の方法が、宇宙誕生直後に発生した光(宇宙マイクロ波背景放射)の偏光状態を観測して、宇宙で最初の時空の震え(原始の重力波)をとらえる事であると考えられています。講義では、これまで明らかにされてきた初期宇宙の姿と、今後の展望についてわかりやすく説明します。

講義2「ビッグバン残光を測る技術と応用」

講師 田島 治 准教授(京都大学大学院 理学研究科)
宇宙のはじまりの観測は、ビッグバンの残光「宇宙背景放射」を精密に計測・分析する実験です。 この光は「ミリ波」と呼ばれる電磁波に分類され、その精密計測を行うには「波的な計測」と「粒子的な計測」という従来技術の狭間を追求する必要があります。半導体デバイスの高速化と超伝導技術の進展により、その狭間に橋をかける計測技術が日々進歩しています。その計測技術と展望、そして宇宙だけでなく我々が暮らす社会にも役立つ応用例についても紹介します。

  • 日 時 2017年12月9日(土) 13:30~16:00 (開場13:00)
  • 会 場 KEKつくばキャンパス 研究本館 小林ホール (〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1)
  • 対 象 中学生以上
  • 定 員 170名(先着順)
  • 参加費 無料ですが、事前申込みをお願いします。
  • お申込み方法 ハガキ、Faxまたは こちらのページから ※定員を超過したため、締め切りました。
  • 問合せ先 広報室 TEL:029-879-6047 FAX:029-879-6049 メール:kouza@kek.jp
  • 主 催 高エネルギー加速器研究機構(KEK)
  • 後 援 茨城県教育委員会、つくば市教育委員会