スロベニア代表団がKEKつくばキャンパスを視察

2017年10月30日 トピックス

日本政府との科学技術協力会議へ出席するため来日中のスロベニア教育・科学・スポーツ省国際協力部長、ティト・ノイバウアー(Mr. Tit Neubauer)氏ら4人が、10月23日、KEKつくばキャンパスを訪問し、山内正則機構長らと懇談しました。

スロベニア訪問団とKEKとの記念撮影/ KEK IPNS

訪れたのは、Neubauer国際協力部長のほか、スロベニア研究所副長官のリディヤ・ティチャル・パダル(Dr. Lidija Tičar Padar)氏、教育・科学・スポーツ省科学部門部長のメタ・ドブニカル(Dr. Meta Dobnikar)氏、同省国際協力部職員のタチアナ・ユルコビッチ(Ms. Tatjana Jurkovic)氏の4人で、KEKから山内正則機構長、素粒子原子核研究所の幅淳二副所長、堺井義秀教授及び後田裕教授、並びにスロベニアからBelleⅡ実験に参加するMarko Bracko准教授(ヨージェフ・ステファン研究所及びマリボル大学)が出迎えました。

KEKの山内機構長らと懇談するスロベニア訪問団
山内機構長は「スロベニアとはBelle、BelleⅡの重要な協力者として長い歴史を共有しています。BelleⅡ実験にはルブリャナ大学などから12人の研究者が参加しており、重要な役割を担ってくれています」とあいさつ。Neubauer国際協力部長も「スロベニアと日本は外交関係樹立25周年を迎え、KEKとの研究者の協力関係もこれより少し短いだけですが、この重要な協力関係を、8つの政策方針から見直し、さらによくするための議論ができることを、大変うれしく思います」と語りました。

一行は、KEK事業概要について説明を受けたあと、SuperKEKB加速器とBelleⅡ測定器が目指す研究の中身や、スロベニアからの大学院生・研究者の参加などについて質問。また、BelleⅡ検出器のある筑波実験棟の視察では、熱心に質問する4人を後田教授、堺井教授、Bracko准教授らが案内し、地下2階のスロベニア国旗の前で記念撮影しました。さらに、スロベニア研究者が参加するARICH検出器に使われるエアロゲルのサンプルを観察するため、KEKB展示室にも立ち寄りました。

筑波実験棟のスロベニア国旗前で記念撮影する訪問団

関連ページ

2016年10月4日 KEK スロベニア共和国首相がKEKを訪問
2017年10月3日 KEK スロベニア共和国のボフ副大臣がKEKつくばキャンパスを視察
2017年9月1日 IPNS【特集】高ルミノシティ加速器/測定器で新しい物理法則を探す〜Belle、BelleⅡグループの取り組み