第2回 KEKサイエンスカフェ@青山「 京の染師×構造生物学者 ~複雑さに魅せられた男たち~」

2017年10月13日 お知らせ

京都の御所近く、町屋の二階で昔ながらの手法を守り洋服を染め上げる職人、青木正明。 根っからの理系のこの男、古代の色に魅せられて、古文書をひも解いては再現を試みる。 天然材料の複雑さのなかで、色に対する美しいという感覚だけを頼りに模索が続く。 大切にしているはずの伝統を知らず知らずに壊してしまうのが、実は自分ではないか というのが目下の悩み。

もう一人の男、つくば在住の構造生物学者 千田俊哉。フォトンファクトリーなる巨大な X線発生装置を使い、生物の中の小さな小さな分子の構造を調べてきた。 ピロリ菌が出すタンパク質のかたちを明らかにして、なぜ東アジアに胃がんが多いかを 突き止めたり、DNAの収納構造を調べたり。 分子が集まって、どうして生き物になるのか、それが彼の研究の永遠のテーマだ。

この二人に共通しているのは、研究対象が有機物だということ。 複雑さという濃い霧の中に一筋の光を求めて、試行錯誤を繰り返し、 美しいもの正しいものを見つけ出す。 対象と手法はまるで違っていても、思考回路としては極めて近いと思いませんか?

この二人が、藍染めの原理から、最新の分子レベルの解析で明らかになりつつある遺伝学、 気になる生活習慣病の話題まで、取り混ぜて語り合います。 発言や質問も大歓迎です。どうぞ遠慮なく手を挙げてください。

イベント詳細

  • 日時 11月7日(火)18:30〜19:45(受付18:00〜)
  • 場所 オラクル青山センター22F Digital Cafeteria Waterfall
  • 定員 100名
  • 事前予約 こちらのフォームまたは、メール(proffice@kek.jp)より参加申込をしてください。先着順です。
         (入館登録が必要となりますので、メールにはフルネームと所属をご記載ください)
  • 参加費 1000円(飲み物と軽食付きです。実費のみご負担をお願いします)

ゲスト

主催

  • 日本オラクル株式会社
  • 高エネルギー加速器研究機構(KEK)