細胞内骨格の賢い「解体屋」 〜微小管を解体する分子モーターが効率良く働く仕組みを解明〜

2017年09月13日 プレスリリース

東京大学大学院 医学系研究科の廣川信隆特任教授と小川覚之助教らの研究グループは、高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所の西條慎也特任助教(研究当時)と清水伸隆准教授との共同研究によって、細胞内の骨格である微小管の「解体屋」が効率良く働く仕組みを明らかにしました。

発表のポイント

  1. 細胞骨格である微小管を脱重合する分子モーターKIF2が効率良く働く仕組みを明らかにした
  2. ATP を加水分解するエネルギー効率良く使い、微小管と大きな複合体形成過程経 て微小管を脱重合すること示した
  3. 微小管の脱重合は神経伸び縮みや細胞分裂など生命現象要とる反応であり、その仕組みを明らかにしたことは神経変性疾患や癌の病態解・創薬ターゲット重要な基盤となる

詳しくはプレスリリース(PDF)をご参照ください