新入生ガイダンスを開催しました

2017年04月18日

2017年4月18日

ガイダンスの様子

4月から新たにKEKで受け入る大学院生等を対象とした新入生ガイダンスを4月7日、KEKつくばキャンパスの研究本館で開催しました。総合研究大学院大学(総研大)新入生、連携大学院学生、特別共同利用研究員、日本学術振興会特別研究員PDら計17名が参加し、KEKでの研究活動に必要な事項の説明を受けました。

ガイダンスでは、まず総研大生向けと全新入生向けに分かれ事務手続きについて説明。「高エネルギー加速器科学セミナー」「加速器概論」など総研大の特徴的なカリキュラムについて説明したのち、安全管理についてのビデオ放映、講師を招いてのメンタルヘルスおよび情報セキュリティについての講演を行いました。

ガイダンス後半は在学生も対象としており、研究倫理に関する講演、KEKで学ぶ全ての大学院生が研究成果発表・交流を行う「KEKスチューデントデイ」(10月24日(火)開催予定)のアナウンスがありました。

夕方からは歓迎会が行われ、開会の挨拶では徳宿素粒子原子核研究所長より、これから最先端の研究現場に身を置くこととなる学生に対してエールが贈られました。歓迎会には大学院生や研究員だけでなく教員らも多数集まり、学生生活や研究内容について議論に花を咲かせました。また、新入生の自己紹介コーナーも設けられ、各自がプロフィールや今後の抱負などを語り、KEKの学生としての第一歩を踏み出しました。

関連ページ

総合研究大学院大学