Belle II測定器ロールイン作業をニコニコ生放送で実況生中継しました

2017年04月12日

2017年4月12日

KEKは4月11日、Belle II国際共同実験のマイルストーンである「ロールイン作業」の全工程を、株式会社ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」にて生放送しました。「《Belle II測定器ロールイン》世界最強加速器と合体 KEK×niconico実況生中継」と題した今回の放送は、放送終了時点までに36,033人の方に視聴していただき、13,470件のコメントを頂きました。ありがとうございました。

Belle II測定器は、宇宙の成り立ちの謎に迫ろうとする最先端の実験装置で、SuperKEKB加速器で人工的に作り出した素粒子反応を精密に観測するものです。ロールイン作業とは、最新技術による各種検出器を組み込んだ1400トンの巨大なBelle II測定器を土台ごと、建設エリアから13メートルゆっくりと移動させてSuperKEKB加速器と合体させる作業で、実験開始に向けた重要な作業です。

放送では、各界で活躍されている豪華ゲストを招き、研究者による解説も交えながら現場の作業を8時間かけて生中継しました。また、ユーザーからのコメントや質問に答えながら双方向形式で番組を進めていきました。

司会進行を努めたKEK素粒子原子核研究所広報コーディネータの高橋将太さんは「基礎科学の研究をどう広報すべきか模索しています。今回はニコニコ生放送で、普段はあまり目にする機会がない研究現場の、 約10年に1度の大きな作業の工程をオープンにしてみました。まちづくりやクラウドファンディングなどの話題にも触れ、これからKEKの研究、ひいては日本の基礎科学をどう支援・発展させていけばよいのか、みなさんと議論できるきっかけになればよいと思います」と話しています。同じく司会進行を務めたKEK素粒子原子核研究所Belleグループ助教の中山浩幸さんは「予想を遥かに上回る視聴者数で、多くの方が私たちの研究に興味を持ってくれていると実感できました」と振り返り、「今後の実験開始に向けて、改めて身の引き締まる思いです。着実に準備を進めていきます」と意欲をみせていました。

生中継は終了しましたが、放送した番組は、終了後もしばらくは無料視聴ができます。

視聴URLはこちら http://live.nicovideo.jp/watch/lv294399745#-2:53

DSC_6803.jpgのサムネイル画像

DSC_6765.jpgのサムネイル画像

DSC_7086.jpgのサムネイル画像

DSC_7265.jpgのサムネイル画像

DSC_7332.jpgのサムネイル画像

関連ページ

KEK×niconico特設サイト