在日オーストリア大使館がKEKを視察

2017年1月17日

岡田理事(右)と握手するローシュミット商務参事官(左)
1月13日(金)、在日オーストリア大使館一行が、茨城県の案内でKEKつくばキャンパスを訪れました。

インゴ・ローシュミット(Ingomar Lochschmidt)商務参事官ら一行は、岡田安弘理事と会談され、KEKで行われている研究について意見交換を行いました。KEKではオーストリアの大学・研究機関と各種の共同研究を行っています。特にSuperKEKB加速器を使った素粒子物理実験であるBelle II実験には、オーストリア科学アカデミー高エネルギー物理学研究所(HEPHY)から研究者、エンジニア、大学院生が合計で14名参加しており、シリコンバーテックス検出器(SVD)の研究開発等に携わっています。

会談の後、一行は建設中のBelle II測定器と先端加速器試験施設(ATF)を見学されました。ローシュミット参事官は先端加速器試験施設(ATF)では最先端のリニアコライダー加速器技術開発に関心を持たれていました。