韓国・基礎科学研究院 (IBS)にてKEK-IBS Meetingを開催

2017年01月13日

2017年1月13日

KIM Doochul 基礎科学研究院長(左)と山内機構長(右)
12月27日、山内正則機構長、岡田安弘理事らが出席し、韓国・大田市に所在する、韓国国内の基礎科学研究の拠点(ハブ)機関である基礎科学研究院(Institute for Basic Science, IBS)にて、KEK-IBS Meetingを開催しました。

会合では、まず、KIM Doochul 基礎科学研究院長と山内機構長が一時間にわたり会談を行いました。その後、IBS以外からも、韓国国内の5大学・研究所から研究者が参加し、研究活動等の発表が行われました。

今回の会合において、KEK及びIBS間の活発な研究協力活動が再確認されるとともに、今後の両国間の高エネルギー物理及び原子核物理分野での更なる協力の拡大が期待されます。

会議に出席した韓国及びKEK関係者