つくばキャンパスでKEK一般公開2016を開催

2016年9月28日

9月4日、KEKつくばキャンパスの一般公開が開催され、約3,800名の方々にご来場いただきました。公開した施設は、筑波実験棟(Belle II測定器)やSuperKEKB加速器、電子陽電子入射器、放射光科学研究施設フォトンファクトリー(PF)など13か所で、多くの見学者に最先端の実験装置を間近にご覧いただきました。

また、「第5回小林誠杯 理論クイズ王決定戦」「おもしろ物理教室」「ラジオを作ってみよう」「サイエンスカフェ」など、大人からお子様まで楽しめる体験型企画のコーナーは、多くの家族連れの皆さんに楽しんでいただきました。今回はKEKが所在するつくば市のイメージキャラクター「フックン船長」も来場し、記念撮影に応じるなどつくば市をPRしていました。

さらに、水素や重力波、タンパク質、超伝導加速空洞についての講演会も行われ、それぞれの分野の研究の最前線を紹介しました。

今年の一般公開では晴天に恵まれ、残暑のなか多くの方々にご見学いただき、機構が進めている研究や開発をご覧いただくことができました。ご来場ありがとうございました。

*来年の一般公開も、2017年9月頃の開催を予定しています。日程が決定しましたら、当ホームページにてご案内します。

関連サイト
KEK一般公開2016

筑波実験棟(Belle II測定器)

フォトンファクトリー(PF)

先端加速器試験棟(ATF)

小林誠杯理論クイズ王決定戦

おもしろ物理教室(分光器制作)

霧箱教室

サイエンスカフェで話題提供した山内正則機構長

フックン船長(左)とヒッグスくん(右)

重力波の講演をした都丸隆行准教授(低温工学センター)

超伝導加速空洞について講演をした山中将教授(機械工学センター長)