寄附金事業更新のご案内

2016年07月28日

2016年7月28日

KEKでは寄附金事業を推進しており、このほど、寄附金のサイトを開設しました。そして今回、古本での寄附や、亡くなられた方の遺産での寄附など、様々な寄附手段をご案内するとともに、お名前を銘板に記し、研究施設に設置する特典も用意しました。

新しい特典としては、小学生以上の方であればどなたでも、1000円のご寄附で、2008年のノーベル物理学賞受賞「小林・益川理論」の検証に重要な貢献を果たした「Bファクトリー」などにお名前を刻める「学生特典」など、様々な種類をご用意しました。保護者のみなさまのご希望で、世界最先端の実験施設にお子さまやお孫さまのご入学やご卒業の記念の印を残すこともできます。

一般寄附金は、研究、教育や社会貢献活動を中心に、機構が行う世界に向けた幅広い活動への支援をお願いするものです。KEKは設立以来、粒子加速器の研究開発とこれを用いた基礎科学研究において世界的な拠点の一つとして成長してきました。国内では、大学共同利用機関として大学の研究者や大学院生に最先端の研究の場を提供し、わが国の学術レベルの向上に大きく貢献しています。また国外からは毎年のべ2万人を越える研究者が来訪し、共同で研究を行うと同時に、世界中の若者が切磋琢磨する場ともなっています。皆様から頂いた寄附金で、これらの研究活動を支援します。

寄附の具体的な方法、税制上の優遇措置、特典の詳細など、詳しい情報は下記のサイトでご確認ください。

KEK寄附金