LHC アトラス日本グループ メディア懇談会開催のご案内

2015年05月11日 報道関係者向け

報道関係者 各位

  • 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
  • 国立大学法人 東京大学
  • アトラス日本グループ


高エネルギー加速器研究機構(以下KEK)、東京大学、およびアトラス日本グループは、今月4月5日(現地時間)、約2年の調整と整備を経てスイス・ジュネーブの欧州合同原子核研究機関(CERN)にて再稼働した「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」に関するメディア懇談会を開催いたします。


今回の懇談会では、6月に予定されている陽子・陽子の衝突実験開始を前に、過去2年間になされてきた加速器および検出器の整備状況、今後の予定、期待される物理成果などについて、アトラス日本グループ新代表となりましたKEKの花垣和則教授、東京大学の浅井祥仁教授の両氏により解説をさせていただく予定です。ぜひご参加ください。


参加ご希望の方は、会場準備の都合上、お手数ですが別添の 返信用紙 に必要事項を明記のうえ、KEK広報室まで 1. Eメール() または 2. FAX(029-879-6049)にて、5月15日(金)17時までにお送りくださいますようお願い申し上げます。

開催概要

  • 日時 平成27年5月19日(火)16時00分~18時00分(受付開始15時30分より)
  • 場所 スタンダード会議室 虎ノ門ヒルズFRONT 6階B会議室
  • 所在地 東京都港区虎ノ門1-22-14 ミツヤ虎ノ門ビル6階

内容

    1. LHC実験の再稼働とATLAS実験への日本グループの貢献について(30分)
      花垣 和則(はながき・かずのり)高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 教授
    1. 期待される物理成果(30分)
      浅井 祥仁(あさい・しょうじ) 東京大学大学院 理学系研究科 教授
    1. 質疑応答

なお、終了後は会場近辺にて会費制の懇親会を開催させていただく予定です(会費3,500円程度)