レクチャー&コンサート「科学と音楽の響宴2014」開催のお知らせ

2014年09月26日

2014年9月26日

研究者による講演とコンサートを組み合わせたイベント「レクチャー&コンサート 科学と音楽の響宴2014」を開催いたします。

第1部の講演では、「新しい粒子線治療」と題して、加速器技術を応用したホウ素中性子捕捉療法(BNCT)や陽子線療法などの新しい粒子線治療法について、その開発段階から研究を主導してきている筑波大学附属病院長で脳神経外科が専門の松村明教授が解説します。

第2部のコンサートでは、世界的なヴィオラ奏者である今井信子氏、マイア・カベザ氏(ヴァイオリン)とガブリエル・カベザス氏(チェロ)による弦楽三重奏版のゴルトベルク変奏曲(J.S.バッハ作曲、ドミトリー・シトコヴェツキー編曲)をお楽しみください。

科学と音楽の響宴2014

日 時 : 2014年11月22日(土) 13:30開場/14:00開演
会 場 : つくばノバホール(つくば市吾妻1丁目)
対 象 : 小学生以上(未就学児の入場はご遠慮ください)

※入場には事前のお申込みが必要です(先着順とさせていただきます)。詳細は下記WEBサイトにてご確認ください。

レクチャー&コンサート 科学と音楽の響宴