七夕講演会「夜空のムコウ-天の川ができる前の宇宙にせまる-」開催

2014年07月09日

2014年7月9日

7月6日(日)につくばエキスポセンターにて、七夕講演会が開催されました。七夕講演会は日本天文学会主催の「全国同時七夕講演会」の企画の一環として、高エネルギー加速器研究機構(KEK)とつくば科学万博記念財団の共同主催で実施され、会場には小学生を中心として約40名の方が参加されました。

七夕講演会では、KEK素粒子原子核研究所の郡 和範准教授と田島 治准教授の二人が講演を行いました。

郡准教授は、「天の川は、どうやってつくられたの?」というタイトルで、七夕伝説の話題をきっかけに宇宙のはじまりに起こったインフレーションなどについて説明し、天の川銀河をつくる「タネ」がインフレーション時に作られるゆらぎであることを解説しました。

田島准教授は、「天の川がつくられる前の宇宙をどうやってみるの?」というタイトルで、宇宙のはじまりを探る鍵となる宇宙マイクロ波背景放射(CMB)について解説があり、チリのアタカマ高地で行われている実験やCMBを捉える望遠鏡について説明しました。

会場からは、多くの質問が寄せられ、参加者の宇宙への関心の高さが表れていました。

郡氏の講演の様子

田島氏の講演の様子

関連記事

2013.7.23 トピックス
七夕講演会「昔むかしの宇宙のお話」開催される
2012. 7.18 トピックス
七夕講演会「私は誰の子?宇宙の子-宇宙のはじまりと未来のひみつ」開催される
2011. 7.20 トピックス
「七夕サイエンスカフェ~宇宙のはじまりに想いを馳せてみませんか?~」開催

関連サイト

<span class="caps">KEK 理論センター 宇宙物理学グループ
宇宙マイクロ波背景放射(Cosmic Microwave Background: <span class="caps">CMB)
<span class="caps">KEK CMBグループ
全国七夕講演会2014 HP
つくばエキスポセンター