高エネルギー加速器研究機構・多摩六都科学館 相互協力協定締結記念イベント(取材案内)

2014年05月22日 プレスリリース

「宇宙の謎に挑む素粒子物理学 ~宇宙を見つめる人間、その科学の目~」

平成26年5月22日

報道機関 関係者各位

大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
多摩六都科学館

大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)と多摩六都科学館は、この度、相互協力に関する協定を締結することとなりました。それを記念し、下記の通り特別イベントを行いますので皆様にお知らせいたします。KEKで最先端の素粒子研究をしている科学者のお話、KEK機構長と科学館館長の対談を通して、宇宙を見つめる人間の視点に触れる内容です。

1. 日 時    2014年6月8日(日) 16:00~17:40

2. 会 場    多摩六都科学館(〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64)

3. 主 催    多摩六都科学館、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)

4. プログラム

◇調印式および記者会見

◇記念イベント
第1部 ロクトサイエンスレクチャー
「宇宙にはルールブックが存在する!~実験と観察でどこまで宇宙の始まりに迫れるか?~」
講師:羽澄 昌史(KEK 素粒子原子核研究所 教授)

第2部 スペシャル対談
「宇宙を見つめる人間、その科学の目」
鈴木 厚人(KEK機構長)× 髙柳 雄一(多摩六都科学館 館長)

5. お申込み方法
取材をご希望の方は、こちらの返信用紙に必要事項をご記入のうえ、6月5日(木)17時までに下記申込先までお申し込みください。


 申込先

 多摩六都科学館 経営管理グループ
 E-Mail:
 FAX番号:042-469-4152

高エネルギー加速器研究機構(KEK)
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、文部科学省所管の研究機関で、加速器を使って電子や陽子などの粒子を光の速度近くまで加速し、高いエネルギー状態を作り出して、物質、宇宙、生命の謎に迫る研究を行っています。茨城県つくば市と、茨城県東海村の2か所にキャンパスがあり、様々な加速器を作って、電子、陽子、中性子、ミュー粒子、ニュートリノなどの粒子や、放射光を使った研究を展開しています。

多摩六都科学館
多摩六都科学館は、小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の5市が運営母体の体験型ミュージアムです。
「DO!サイエンス!」をテーマに、展示室内に設けられたラボでは、観察・実験・工作を中心としたプログラムを常に実施しています。また、プラネタリウム投映機CHIRONⅡは「最も先進的なプラネタリウム」として世界一に認定されており、毎日、スタッフの生解説でその日の星空や、話題の天文情報をお届けします。

KEKと多摩六都科学館の結び付きについて
多摩六都科学館が立地している西東京市の田無には、15年ほど前まで、東京大学原子核研究所や高エネルギー加速器研究機構の田無分室がありました。日本の素粒子研究の発展と田無の地には深い結び付きがあります。


 本件に関する問い合わせ先

 高エネルギー加速器研究機構 広報室
 〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1
 TEL:029-879-6046
 FAX:029-879-6049
 E-Mail:

 多摩六都科学館 経営管理グループ
 〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64
 TEL:042-469-6981
 FAX:042-469-4152
 E-mail:

関連記事

2014.04.24 イベント
KEK・多摩六都科学館 協力協定調印記念イベント開催のお知らせ