KEKコンピューターシステムに対する不正アクセスについて(続報)

2013年12月10日 お知らせ

2013年12月10日

去る11月14日にお知らせしたように、11月1日、高エネルギー加速器研究機構が運用するスーパーコンピューターシステムログインサーバに対して外部から不正アクセスがあり、スーパーコンピューターのサービスを停止しておりましたが(KEKコンピューターシステムに対する不正アクセスについて)、その後の調査の結果、システムおよびユーザー領域における改ざん、ならびに個人情報の漏えい等の被害が無いことを確認しました。

そのうえで、再発防止策としてシステムのセキュリティ設定強化とユーザーによる認証情報管理強化等を実施し、本日、スーパーコンピューターのサービスを再開しました。

なお、不正ログインは、何らかの方法で盗まれたログイン認証情報を用いたなりすましによって行われたものとみなされます。

スーパーコンピューターシステムのサービス停止により、利用者ならびに関係機関の皆様にはご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。

高エネルギー加速器研究機構